[戻る]
2日目の語報告で〜す。 SAKURA 8月 9日(金) 15:14
ピカリさん、こんにちわ〜♪
猛暑に台風がいっぱいですね。
今年は早めに夏山に行けて良かったと思っている所です。
今年もモロモロでしたが、去年も夏山用ザック背負って、家の周りを歩いたら軽いキックリ腰で、出発が旧盆後になった事を思い出しました。
予定に出かけられたら針ノ木雪渓も、白馬と同じくらいの残雪だったのにと思いながら登っていました。
1時間少し登った6時頃の雪渓です。
青空が見えましたが山頂付近はガスってそうです。

SAKURA 8月 9日(金) 15:25
話は前後ですが…
以前白馬〜唐松まで縦走した時に、稜線から見えたのはアリの行列のような雪渓渋滞でした。
あまり大勢の雪渓は危険&嫌だし、下の小屋の泊まれば早く雪渓は終了になるからと、30日の朝出て雪渓の下の小屋に泊まりました。
ソロの女性は居なかったのか、運がよかったのか、1人部屋で同じ料金では申し訳なかったです。
この小屋は毎年秋には壊して、春にまた組み立てるそうでビックリ!
ますます、同じ料金じゃ申し訳なく思うのでした。

雪渓の最後のトラバスの所です。
見えてるのは白馬三山の杓子岳の一部です。

SAKURA 8月 9日(金) 15:37
傾斜が急で上を向くとザックで引っ張られて、バランスが…軽アイゼンとダブルストックで何とか大丈夫でしたが、縦走予定が無ければ6〜8本の方が安心感あり…早朝登ったためもあるかなぁ…?

ミヤマキンポウゲ、シナノキンバイ、キンバイソウ黄色いお花がいっぱいでしたが、この一枚を…

SAKURA 8月 9日(金) 15:39
雪渓上部ではお花畑になっていて綺麗でした。

SAKURA 8月 9日(金) 15:41
少し下の方にはクルマユリがいっぱい咲いていて見事でしたが枚数がねぇ…

SAKURA 8月 9日(金) 15:44
シロウマアサツキはお初でしたが、開花ちょっと前で残念でした。
草丈が50cm以上あるくらいの逞しい大きさでした。

SAKURA 8月 9日(金) 15:46
イワオウギに混じってシロウマオウギらしきがありややこしい…葉とお花の一部が違うようです。
こちらもお初の確認のご様子でした。

SAKURA 8月 9日(金) 15:47
ミヤマハンショウヅルは2回目です。
1株のみの出会いでした。

SAKURA 8月 9日(金) 15:48
ミヤマオダマキもたくさん遠かったけど咲いてました。

SAKURA 8月 9日(金) 15:55
9枚目…
シコタンソウが岩にいっぱい付いてましたが、ちと終盤でした。
UPで撮ってみたら、赤い斑点が無くて黄色のみ…
稜線で以前撮ったのは赤かったのに…
UPはまたの時に…
バックは杓子岳と白馬鑓です。
杓子岳はピーク踏まなくてはと、巻かないで歩いたなぁ…登った山は愛おしい…(* ̄▽ ̄)

ピカリ☆ 8月 9日(金) 23:03
SAKURAさん、2日目のお写真ありがとうございます!
じっくり拝見してお返事は明日以降させて頂きますね〜♪

ピカリ☆ 8月11日(日) 23:55
さてと、、この週末泊まってた孫たちが帰ってヤレヤレでして〜(´-`*)

↑ 一連のお写真は、やっぱり今の日常猛暑の下界じゃ考えられない夢の別天地〜☆☆☆
まずは一日目に今年は運良くその下の山小屋でたまたま悠々1人部屋だったとは!超ラッキーでしたね〜(゚∀゚)
翌朝、このドドッと迫る大雪渓の登りはしんどいながらも^^; いよいよ色んなお花が出てくるのでテンション⤴ 上がったことでしょう(^v^)

種類的に大概の花はお馴染みさんだったと思われますが、シロウマアサツキとシロウマオウギらしきが初☆だったりで思わず注目されたようですね〜(^_-)
それにしてもこうして高山種がお花畑になってるゾーンに到達して稜線を見上げた時の夏山シーンって、きっと何度経験してても心わくわく♪♪で〜(^◇^)

ミヤマハンショウヅルだと標高1500m位でも見かけますが、この白馬の個体はいっそう環境が合うのかすごくイキイキ育ってる感じがしますね〜☆ 独特な艶消しの紫が粋で〜す(^.^)/
急峻な岩場にてミヤマオダマキやシコタンソウがちょうど見頃☆だったりチト終盤だったり〜そんなSAKURAさんのリアル一喜一憂も画像によく表れていて見応えありで一枚一枚楽しませて頂きました〜 m(_ _)m

← 画像は、シロウマアサツキからフト思い出した日光白根のシブツアサツキです。撮影時こんな草紅葉期にまだ花姿だったのが印象的で〜('◇')ゞ
Name:
Homepage:
Message:
Image: レスの画像は10枚までです
Color:
Password:
 cookie