[戻る]
梅雨入り前の れれちゃん 6月 6日(水) 22:29
☆さん、先日はお世話になりましたぁ<(_ _)>

私の愚作は割愛して、
☆さんの写真だけでイイかな〜って^^;

そんなわけで、ピコッと、☆さん登場!
偶然にも似たような写真を〜(笑)
まさか、写真撮られてるとは思わなかったです^^;

全身の配色が、思いっきり、かぶってたんで
当日の朝、☆さんの格好見たら、吹き出しそうになりました〜^^;

れれちゃん 6月 6日(水) 22:33
ベニバナを見たので、
白は遅いかな〜って思ってたけど、
何とか…ギリギリセーフで見れました(#^.^#)

6/3撮影

れれちゃん 6月 6日(水) 22:38

←これ、初めて見ました(#^.^#)

オオバノトンボソウ。

まだ蕾硬く、開花は2週間後ぐらいでしょ〜かね?

れれちゃん 6月 6日(水) 22:45
早くも、コバノカモメヅルが咲いてました^^

れれちゃん 6月 6日(水) 22:58
低地の6月はパッとしないけど、
安近短なとこだけが魅力です〜(#^.^#)

そういや、横尾山でも
←こんなのや、あんなの色々と見たけど。
低地はそろそろ終盤でございます…。

今年もよく食べました〜〜(笑)
山行ってないのにねぇ^^;
ある所にはちゃ〜んと自生している。
自然って素晴らしいなぁって(^◇^)

れれちゃん 6月 6日(水) 23:25
えっと、お話に出た…三ツ峠の花について。

三ツ峠に咲くのは、コイワザクラじゃなく、
全部、クモイコザクラ。

三ツ峠レポ(平成27年5月17日)
http://rere-green.jugem.jp/?eid=206

花と葉っぱの写真は、一番最後にあります。
クリックすると拡大するので、見て下さいませ

一般道だと、例年GW頃なんですが、
この日見たのはバリ・ルート上の花。
一般道より標高高めなので、開花は5月中旬です。
ご一緒する機会あったら、花の案内しますよん。
…だけど、クモイは見てるもんね、☆さん。

最後は、ノビルの花で〆ます(^.^)/~~~またね♪

SAKURA 6月 7日(木) 21:31
れれちゃん、こんばんわ〜♪
ピカリ☆さん、お先に失礼致します。 m(_ _)m

お二人での野草散策を羨ましく拝見して来ました。
一面のベニバナイチヤクソウは見たいと思ってますが、ちと奥でなかなか見られません。イイネ!

2012年6月10日にれれちゃんとセッコクツリーとワニグチさんを探しに行った時の事を思い出して歩いてました。
セッコクツリー見逃して往復したし、地味なワニギチさんも結構探せて面白かったよね。
また、ご一緒できるといいね〜♪
近頃は、山を歩いて無かったんだね。

今年のワニグチさんはすでにお花は終了ですが、グリーンの屋根は残ってました。

SAKURA 6月 7日(木) 22:01
一見、二人は仲良しペアルックだったんだね。 (* ̄▽ ̄)ニヤリ
我が家の方ではオオバノトンボソウはたくさんある所があります。
待ってると、なかなか開花しないお花です。
イチヤクソウは以前は見掛けましたが、残念ながら何年か見てないです。
コバノカモメヅルは見た事が無いけど、れれちゃんの近くにあるのなら我が家の方にもありそうですね。
美形のお方に、テリトリー内で会えるかなぁ…

ウリノキのお花がいっぱい咲いてました。
高尾で気がついたのはお初です。
綺麗に巻いたクリクリと長〜いシベが面白いお花です。
木本の葉が大きい木なのに1mくらいの高さのものでも開花していてビックリ!
葉の大きさからだと、大きな木にならないと咲かないと思ってました。
たくさんの発見があった楽しい1日でした。(=⌒ー⌒=)

ピカリ☆ 6月 8日(金) 16:37
れれちゃん、SAKURAさん、こんにちわ〜♪
ウハ!トップの写真(笑)言われてみれば偶然にも似た配色だったんだと、今見て気づかされ〜(^^ゞ
この日は青空じゃなかったのが写真的にチト惜しかったけど、登り詰めたここのカヤトを吹き渡る風がすごく心地好かったですね〜♪
わっあれから早くも2週間程経つんだね〜!その後もれれちゃん上手に時間作ってプチ散策してるご様子が同族としてニンマリ〜(^v^.)
今年クモイさんもコイワさんも見に行く機会逸しましたが、いずれまた何処か自分にとって新たなスポットで出合えたらいいなと思ってます(^.^)/~~~

こうしてお二人から、それぞれ出向かれたフィールドにてこの時季咲いてた自生花を見せてもらって、自分の時の記憶呼び起こし(そういえば今頃が開花期だっけな〜なんて)一人ニマニマ頷き和んでおります〜(^^♪
イチヤクソウは、我が家周辺の里山内でも毎年5月下旬〜6月初旬に開花してますが、それが高所高原ゾーンのベニバナイチヤクソウより圧倒的に早く咲くわけでもないのがなんか不思議というか…なので両者は花色の違い以上に性質に違いのある全くの別種ぶりを実感するものです。
出た!オオバノトンボソウ、この手のツレサギソウ属の見極めは未だに苦手だなぁ^^; まず自信もってはミズチドリくらいで〜(笑)

ワニグチさんの花、こんな終了間際姿は図鑑にはないんで、ナルホド〜と伝わる経過リアル感がいいですね!(^_-)
そんでやっぱり、似たお仲間のなかでもこの丁寧なお屋根付きには感心しきりです〜☆
ウリノキのクルリン花も高尾にあるんですね、蕾の時はまるっきり棒状で〜(笑) 山梨の林道をアチコチ走ってると割とよく出合いますが1mくらいで花咲かせてるケースは無かったような〜気づかなかったのかも〜(^。^;)

← コバノカモメヅルといえば…以前こんなふうにアズマさんとコンビで居る自生シーンもありました〜(^^♪

ピカリ☆ 6月 8日(金) 16:40
ノビルは見てよし食べてよしで、とくに間近で観るとなかなかキレイで端正な花なので、出合えば今でも思わずマクロで写したくなりま〜す !(^.^)!

← そんな意味合いからこのイズアサツキの花…ついまた地元びいきで推奨☆でっす〜(^。^.)
Name:
Homepage:
Message:
Image: 5MB
Color:
Password:
 cookie