[戻る]
1501: 灯油ストーブ復活 HATA 2月24日(土) 23:55
 
1970年代に製造された灯油ストーブ
40年ほど前、たまさんがまだ若かりし頃山で活躍してたそうですがその後長い間冬眠。

プリムスbQ10
プリムスはこれらの製造権をオプティマスに譲渡したためおいらの持っているオプティマスbO0とは全くの双子

メンテナンス開始前の姿

HATA 2月25日(日) 00:00
真鍮磨きで40年の汚れを落としてやります。
パッキン類は硬化してしまっているので全て取り換え。
40年も前に製造されたのにいまだに補修部品が手に入るって凄いことと思いませんか。
最近の家電製品なんかは5年も過ぎると部品が無くて修理できませんと言われちゃうのに。

復活の雄姿
まだまだ現役で活躍できます。

HATA 2月25日(日) 00:04
燃料を入れ点火!

ヴヴヴヴという独特の燃焼音を出しながらフルパワー

何処も異常なし。

これで後40年は大丈夫。
たまさん長生きしてね。

tama 2月25日(日) 12:44
あと10年ぐらいは、燃えよタマGOんです。
整備ありがとうございます。

プレイボーイも過去のおもいでかも?

kazu 2月25日(日) 18:30
1970年とは、kazu生誕ですわw
すごいものもってますな^^
おまけにOH!
いいものは、残るものなのね〜


HATA 2月25日(日) 19:55
大イワナとプレーボーイ なんというミスマッチ!

なんで山にプレーボーイなんか持って行ってるの?
不良青年?(笑)

kazu君、良いものは何時までもいいねぇ!
リミプロかスペシャルもう一本如何?


tama 2月26日(月) 01:22
たき火の焚きつけようです。
自家発電用では、ありませんよ。

このときの関連画像
利根川源流です。

HATA 2月26日(月) 09:11
ええなぁ!!!
流木を拾い集めてたき火をし釣ったイワナを焼いて食べる。
貧乏暇なしの若いころ山岳誌の記事を読んでどんだけ憧れたことやら。
源流釣行に行ってみたかった。
時間だけは持て余すぐらいある今では体力が全くなくなり夢の世界になっちゃいました。
Name:
Email:
Homepage:
Message:
Icon: view
Image: 5MB
Color:
Password:
 数字を入力してください→  cookie