[戻る]
宿命 〜病気やけがからのメッセージ〜 みなみ 2月 6日(火) 05:02
DSC-WX170 1/50sec F3.3 ISO100 ±0EV 

2月6日(火)


肉体の操縦士であるたましいの問題を解決しないと、いくら肉体をケアしたり薬を飲んだりしても、それは対症療法にすぎません。



別の形で、別の部分に症状が現れるでしょう。




ただし、病気やケガが致命傷になる場合はたましいからのメッセージというより「宿命」です。人にはあらかじめ決められた命の長さがあります。



宿命ではなく、自分でコントロールできる事柄に対して「気をつけなさいよ」と注意を促されるとき、病気や疲れ、不調となって現れるのです。




本当の幸せに出会う
「スピリチュアル処方箋」江原啓之より



江原啓介さんに学ぶ 〜身体からのメッセージ〜  みなみ 2月 6日(火) 05:12



ケガは基本的に不注意が原因ですが、どこをケガするかたによってメッセージがわかる場合があります。目上の人や同僚とトラブルがあった場合、上半身をケガすることがあります。

手をケガするのは、「手を出してはいけないよ」「仕事を広げすぎているよ」といった警告でもあります。反対に目下の人に対して優しくしていないとき、足を捻挫したり、腰を痛めたりするなど下半身にトラブルが生じることがあります。

足のケガの場合は「今、それをしてはいけない」という足止めのメッセージともとらえられます。


みなみ 2月 6日(火) 05:20



↑スラマットパギ☆ねこの目のようにくるくる激しく変わるこの時期のお天気。+,゜,☆ ゜,・,゜+。。 ,+・。☆ 。, 。+,゜,☆ ゜,・,゜+。。 ,+・。☆。。+,゜,☆ ゜,・,゜こんなふうに欄干に座って外をじ〜とパトロールするが大好きなビンタン(星)愛猫

おかげさまで1月注射大事件からすっかり元気にしています♡


みなみ 2月 6日(火) 05:28

寒いというだけで、病気やけがをする季節ですね。

←江原啓介さんの本が好きでよく読んでいた時期がありました


なかなか・・・非科学的?と思いながらも・・・ナースみなみ納得したり
(。◠‿◠。)体調不良場所によってメッセージあり〜〜〜参考にどうぞ
https://matome.naver.jp/odai/2138439636552972401


つぶやき  みなみ 2月 6日(火) 05:44

友人の・・・突然の・・・足のけが・・・びっくり@@・・・必然と書いて・・・気になっていたんだ・・・その意味合いを・・・よい方角へ変換・・・祈りたい!!

私も・・・よく肩こり・・・「肩肘を張る」とも言う=人から見られることを意識して、頑張りすぎていたり、人からの評価を気にしすぎていたりする場合肩にきます。

ふむ・・・

極寒の日本・・・身体に・・・特にムリ・・・させない・・・季節に・・・ご自愛ください・・・今日も・・・愛をこめて・・・バリより
Name:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Image: 5MB
Color:
Password:
 cookie