2017年9月20日 (Wed)

旅した梨



はるばる広島から旅をしてきた

旅人さん家の畑で収穫された幸水梨

メッセージカードに

「台風が近づいてきたので早々に収穫しました」と綴ってくださいました

収穫前の台風に慌てて皆さん総がかりでどんなに大変だったのか

まだ一度も訪れたことのない広島の地

旅人さん家の ミカン畑 梨畑 

木々の間を流れる風を想像しながらなんだか懐かしい気持ちになりました 

丹精込めて作られた贈り物 本当にありがとうございました


本日は東京巣鴨 ヨシノリ アサミ の新作みかんジャムを発売前にお味見を

明日は新潟から新米の到着予定

日高はマロンの里 妹が作ってくれた栗の渋皮煮で

この時期にしか焼けない栗のカンパーニュ仕込み

今週も美味しいもので我が家の食卓は賑やかです
2017-09-20 20:04 in | Comments (4) #

2017年9月18日 (Mon)

佇まいの美しいもの



(画像はかもしか道具店からお借りしました)



かもしか道具店のご飯用土鍋 想像以上のミニサイズ

左から 三合炊き 二合炊き 一合炊き

コロンとした姿かたちと佇まいの美しさに一目惚れして一合炊きを購入
(一合炊きの大きさはどんぶりほど)

目止めをしてさっそくお米を炊いてみる

お米を洗って20分浸水 

中火にかけて蓋がカタカタ鳴ったらごく弱火で五分

火を止めて20分蒸らす

工程はたったこれだけ

美味しいはずと思ったけれど予想を超えた美味しさにはびっくり

ずっとご飯用土鍋を探していてやっと見つけた逸品

二合炊きの購入も検討中です


我が家の煮炊きは電磁調理器なので土鍋は卓上ガスボンベコンロを使用

美味しい物をより美味しくするための手間暇は惜しまないように

手のひらサイズの小さな幸せ逃がさないように

ゆっくりゆっくりの家仕事です
2017-09-18 00:53 in | Comments (8) #

2017年9月13日 (Wed)

ランチの仕込み



5リットルり寸胴鍋で煮込むラタトゥイユ

一体何人分なのか作るほうもよくわからないまま

夏野菜たっぷり入れてコトコト

仕上げにバルサミコ酢を少々加えて出来上がり

ぱん教室で6人でいただくランチの仕込み

インゲン豆のポタージュにデザートはコーヒー白玉のフルーツ添え

焼きたてのフランスパンとともにいただきます

皆さんが思い思いに作られるレッスンぱん

そのぱんに合うような季節のお料理をお出しするのも楽しみで

毎回どこででも手に入れられる食材を使って簡単メニューの考案

皆さんの美味しいが嬉しい大切な仕事

ときどき脱線もありのキッチン工房 粉粉のレッスンに

ランチだけ飛び入り生徒さんもあったり

賑やかなレッスンに笑いありドジあり

本日もごちそうさまでした
2017-09-13 19:45 in | Comments (5) #

2017年9月10日 (Sun)

居心地のいい場所



自分で見つける居心地のいい場所

毎日の楽しいを自分で見つけるためにあちらこちらに移動しながら

いつも落ち着ける場所はキッチンに一番近いテーブルの隅っこの位置

デスクワークもお教室の皆さんとランチを共にするのもこのテーブル

部屋の真ん中で大きな顔して鎮座

30年共に暮らした古いテーブル

今夜も隅っこで一日の終わりを過ごしてます


元気ですか 美味しい紅茶送ります 秋の夜長 香りを楽しんでね

季節がふっと変わる頃 友人から日本紅茶の贈り物

ケトルでポコポコお湯を沸かして

ゆっくりゆっくりいただこうと思います
2017-09-10 20:04 in | Comments (4) #

2017年9月6日 (Wed)

祈りの日



今日は親友の命日

最後に笑って別れてから7度目の秋

「お互い病気になってもお見舞いは無しね 
元気な顔だけを思い出して欲しいものね」

工房でお茶を飲みながらたわいのない話をして別れたきり帰らぬ人に

入退院を繰り返し、退院するとまっすぐにキッチン工房 粉粉に来てくれた

おしゃれで明るくてあんぱん大好きなお茶目さん

二人で交わした約束通り

お見舞いにもいかず お葬式にも出ず お仏壇参りもいまだにしていない

だからわたしの心には笑顔で元気な親友の顔のまま

毎年命日には誕生日プレゼントの替わりに

東京世田谷の花屋 花子さんのブリザーブドフラワーを贈って

ひっそり一人でお祝いをする

親友だから敢えて枕辺に駆け付けない友情関係

遠くに離れていていつかひょっこり

久しぶり 。。。。。 と再会できるような気がする

わたし頑張っているから

またあんぱん食べに来てね

2017-09-06 09:30 in | Comments (2) #

2017年9月4日 (Mon)

美味しい時間



ぱん屋時代のお客様から秋の味覚の贈り物

「何処ででも手に入るでしょうが新潟の事を思い出して召し上がってくださいね」

添えられていたお手紙に近況を綴ってくださいました

最後に 粉粉さんのぱんが懐かしいですと結んでくださった事

物作り人にとって何より有難いお気持ちに涙腺が緩みました

子供の頃から好きなことは夢中になり回りが見えなくて

苦手なことは全くと言っていいほど無関心

いつも母にお説教ばかり

そのお説教もちっとも意に介さず心は別なところにありました

それを見かねた祖母がいつも助け船

「努力しても出来ない事とやれば出来る事をしないとは違うのだよ」

と諭されたのに

そのまま大人になって苦手なことがもっともっと沢山になって

見かねた友人たちに助けらればかり

そんなわたしでもいつか何処かで何かの役に立ちたいと

自分にできる何かをずっとずっと探してきた気がします

そしてやっと気が付いた事

沢山の何かが出来なくても

心と身体に優しいぱん作り人になりたい

いま思えばそんな無謀な旅立ちを応援してくださった沢山の方々

その方々と一個のぱんが紡いでくれたご縁

いつか幸せぱんの作り手になりたい

そんなささやかな夢の欠片を持ち続けられたこと

夢を諦めないで良かった

生きているぱんに出会えて本当に良かった

まだまだ夢は旅の途中

ゆっくりゆっくりがんばれわたしです
2017-09-04 00:01 in | Comments (4) #

2017年8月30日 (Wed)

長津さんちの畑



今年も新潟 三根山園農場の新米収穫の季節が近づいて

心待ちにしていた新米のご案内が届き

例年にない雨続きで心配していた稲の生育もほぼ平年並みとのこと

長津さんとのお付き合いもかれこれ20年近く

畑のこと ハーブの事 土の事

教えていただいたことは本当に沢山

年に一回の小さなイベントにもいつも一緒

豪農の館で天然酵母ぱんとお結びのコラボ

笑いあり失敗ありも盛り沢山

懐かしい新潟時間にタイムスリップです


いつも宅急便で届けられる長津さんちの玄米と白米のコシヒカリ

丁寧に作られたお米を二つの鍋で丁寧に炊く

凹んだ時も楽しい時もどれだけこの美味しいご飯に助けられたか数知れず

今年ももうすぐ 。。。。。 楽しみに待ちたいと思います
2017-08-30 20:59 in | Comments (2) #

2017年8月27日 (Sun)

美味しいテーブル



胡桃とカレンズのカンパーニュとフランスパンのレッスン

本日のランチメニュー

蕪とキーウィーのヨーグルトサラダ
キュウリと豆乳の冷製スープ
コーヒーゼリー
焼きたてのあつあつフランスパンにオリーブオイル添え
アイスコーヒー


五人で囲む美味しいテーブル

お土産のパウンドケーキをいただきながら

いろんなところに話が飛んだり戻ったり情報交換時間

ごちそうさまの頃には心もお腹も満たされて

沢山の笑顔と元気をいただけた時間が終わりました
2017-08-27 17:16 in | Comments (2) #

2017年8月23日 (Wed)

持ち物点検日


朝から久しぶりの青空 

本日は階段下の物置とキッチンの点検日

エレクターに待機のお鍋&保存容器&ぱん袋etcの配置替え

狭い物置は油断をすると雑多になってしまうので
-
気持ちの切り替え時が点検日

ワンアクションで手が届くように個数を絞ってお片付け

長年の定番鍋

ホームセンターで購入しした1000円ほどのミニフライパン

深さがあまりないタイプの14cmと16cm

14cmは目玉焼き用(ほとんど専用)

16cmは少量の炒め物や一人分のオムレツ用

テフロンなのでお手入れ簡単 ほとんど毎日活躍してくれる優れもの

ぱんに使う胡桃のローストもこのフライパン

高価で重いものを使うより

軽くて手軽で安価なものをホームセンターで見つけて愛用中

ゆっくりゆっくり暮らしの減量楽しんでます
2017-08-23 09:24 in | Comments (4) #

2017年8月20日 (Sun)

暮らしに寄り添うもの



佇まいの美しさに惹かれて購入したコーヒードリッパー

姿形は申し分なくキッチンに置いてみるその斬新さに驚く

お気に入りのコーヒーグラインダーで豆を挽き

タカヒロコーヒーポットで雫のようにお湯を落としてコーヒーを入れる

本来はコーヒー濾紙不用品ながらポットの底に沈殿する溜まりが苦手で

コーノ式ドリップ濾紙を使っての抽出

お味は 。。。。。心なしかよそよそしい

キッチンに仲間入りした新参者ゆえの拒否反応かと一週間のお試し期間

結果は 。。。。。 なんだか家のコーヒーの味じゃない

お湯の温度 香り  抽出時間  豆の膨らみ  濃さ

なぜか味に膨らみが足りない


これは今まで使用していたシンプルなポットとドリッパー

その日その日のお湯の落とし具合で飲みたい濃さが決まるので長年愛用の器具

見た目は美しいけれど使い勝手がどうしても手になじまないもの

どこのホームセンターでも売っているごくごく普通の器具でも

なんとなくほっこり優しい気持ちにしてくれるもの

それは値段の高い安いとはまた違う物の価値感からくるものとの違いなのか

慣れ親しんだものは暮らしにそっと寄り添ってくれる

新しい風はしばし目の前にとどまって心を少しだけ揺り動かして

そっと箱に収まってしまいました
2017-08-20 14:23 in | Comments (2) #

Page 1/73: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »