2009年11月9日 (Mon)

三川が合流する犀川 


 久々の『川の雑学』です。ここ何年も行って見ようと思いつつ行ってなかった安曇野市明科の長峰山に10月30日に行って来ました。
 ここ長峰山は犀川、穂高川、高瀬川が合流する地点として有名?な場所を望むことが出来ます。信州の民謡「安曇節」で唄われる ♪槍で別れた梓と高瀬 めぐり逢うのが押野崎♪ の押野崎が合流地点です。槍ヶ岳山頂から南に流れるのが梓川、北に流れるのが高瀬川です。
 写真の下を横に(右方向が下流)流れているのが犀川で、この地点の少し上流で梓川と奈良井川が合流して犀川になります。真中が穂高川、右が高瀬川です。
 書き出すとどんどん長くなってしまいますが、水系としては信濃川水系で、長野市内で千曲川に合流します。そして新潟県に入ると信濃川と呼ばれます。
 なおほぼ正面にある山は安曇富士と呼ばれる有明山、左寄りの一番高い山は常念岳です。
2009-11-09 23:07 in 川の雑学 | Comments (2) #
コメント

へぇ

そして、お向かいの息子は川の合流地点で水がどうやって流れて、どんな渦が出来て...、などと研究している訳です。

by shin 2009/11/10 (Tue) 10:05:05

へぇ~
そんな研究をしているのですか・・。
私も川は大好きです。
この明科の押野崎は水の流れを書き出すと血管のようです。
合流地点の川の色はそれぞれ違うようですよ。
今度上からじゃなくて、直ぐそばから川を見ようと思っています。
白鳥の飛来地もこの犀川の左の方だしね。

by アルプ 2009/11/10 (Tue) 12:52:24











数字を入力してください→  


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/41492/blog/blog.cgi/c6/a200911092307.trackback