2009 06月 01日

サワフタギ(ハイノキ科ハイノキ属)


 沢蓋木。名前は沢をふさぐほど枝を茂らせるという意味だそうですが、そんな風にも思われません。花はちょうどこの写真くらいの状態のときが一番きれいです。満開になってしまうとオシベが目立ってぼやけた印象になってしまいます。今の時期はウツギ、ケナシヤブデマリ、ゴマキ、カンボクなど、どちらを向いても白い花をつけた木がいっぱいです。撮影は5月30日。
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除