2007年6月3日 (Sun)

ウリハダカエデ(カエデ科カエデ属)の樹皮 


 瓜肌楓。5月23日撮影。この写真の木は、ウリハダカエデとしてはずい分大きいので、細い木であれば瓜を連想させる緑の樹皮が一部だけ残っています。このわずかに残った緑の樹皮が、蝶の形をしていて面白いので写真に撮りました。どうみても、緑の蝶がたくさんとまっているようにしか見えないですよね。
2007-06-03 22:08 in 樹木 | Comments (3) #
コメント

カエデにも色々 種類があるんですね 知らないことだらけ
検索してみました
可愛いお花が 咲くみたいです 関西にも分布してる見たいなので 気を付けて見てみます

シロヤマブキが話題に  我が家にもあります
白なのに山吹とは・・・といつも思いますが
可愛いお花です(4月22日撮影)
もう早くに 終わってしまいました

by よしこさん 2007/06/04 (Mon) 10:52:07

樹皮

面白い樹皮ですね。本当に蝶のように見えます。
拡大して撮られているのか、気が付く人は少ないのではないでしょうか。目が良いことと興味深さを感じます。
毎回楽しみに待っています。

by まさこ 2007/06/04 (Mon) 17:38:28

ウリハダカエデ

チョウの模様の見える木は直径50センチくらいある大きな木です。
植物観察の時は、2人から4人くらいの人数で行くので、何か面白い物があると、誰かが見つけるので本当に楽しいです。
私はその点では近眼なので、あまり貢献していません。
複数の人数で行くと、発見!!のないときはありません。
植物観察会はご希望があればいつでも開く用意があるので、ぜひご参加ください。
写真はウリハダカエデの花です。

by アルプ 2007/06/04 (Mon) 20:34:44











 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/41492/blog/blog.cgi/c2/a200706032208.trackback