2006 10月 14日

ホンドミヤマネズ(ヒノキ科ビャクシン属)


 本土深山杜松。10月12日八方尾根。八方ではロマンスリフトを降りた第一ケルンより上部には、下の樺のダケカンバの林までは、高木は見当たりません。八方池までのトレッキングコースの両側には低い木が生えています。昨日ご紹介したヒロハヘビノボラズやウラジロナナカマドのように目を引く花は咲きませんが、緑を構成している木に混ざって、このホンドミヤマネズも生えています。他に、ハイマツ、ミヤマナラ、クロベ、コメツガ、アカミノイヌツゲなどが、1メートルくらいの高さにびっしり生えています。
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除