2011 07月 18日

コオニユリ(ユリ科ユリ属)


 小鬼百合。今日はお客様と親海湿原に行ってきました。夏の花が勢ぞろいするまでにはあと10日くらいでしょうか。この画面の左上に少し見えているクサレダマや画面右に見えているドクゼリはつぼみの方が多いです。コオニユリはほとんどがつぼみです。1週間くらいしたらまた行ってみたいです。

 2枚目の写真はオゼイトトンボです。水色の方が雄で、右下が雌です。雌の頭が葉で隠れているのが残念ですが、羽がまあまあきれいに写っていたので。トンボの一番後ろを腹端と言い、そこにキャッチャーと呼ばれる付器が付いており、それで雌の頭をつかむそうです。そして連なって飛ぶことをキの字飛行と言うんですって。
 3枚目もトンボで、ダビドサナエの雄です。キャッチャーがあるのが分かりますよね。
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除