2007 07月 02日

クモマスミレとキバナノコマノツメ(スミレ科スミレ属)


 雲間菫と黄花の駒の爪。2つともスミレ科スミレ属で、このブログ初登場です。この2つはとてもよく似ています。
 クモマスミレは、私が歩く範囲では、この写真の場所、八方池の直ぐ上のガレ場にあるだけです。キバナノコマノツメの葉より厚い葉をもっています。もっと歩ける場所の近くにあれば良かったのですが、あっちを向いていたり、遠かったり・・・。

 キバナノコマノツメの方は八方池周辺や八方池から下の樺に登る途中でたくさん見ることができます。クモマスミレより葉が薄いです。またスミレの名がつかないスミレはこのキバナノコマノツメだけです。
 この日(6月28日)は他にミヤマナガハシスミレを見ました。
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除