2006年10月26日 (Thu)

マルバノホロシ(ナス科ナス属) 


 10月25日小谷温泉から笹ヶ峰に向かう林道で撮影。初めて見ました。数日前にこの場所に行った友達が連れて行ってくれました。来年は花を見に行かなければ・・。行かなければいけない場所が多くて困っちゃう。。

 2006年秋の紅葉狩り
2006-10-26 23:56 in 野草 | Comments (6) #
コメント

なすか

へー、これってなすかなんすか。
実は酸漿みたいなのかな。

秋になっても綺麗な写真が続いてて楽しいです。
もみじの林を歩きたい。

by ゆおじ 2006/10/27 (Fri) 09:31:45

マルバノホロシ

姫川源流・親海湿原付近にもあるようです。私は認識したことはないですが。

by tsubasa 2006/10/27 (Fri) 10:35:38

茎の色

茎が紫色でスゴクお洒落な感じですね!

by りんごのほっぺ 2006/10/27 (Fri) 19:57:54

皆々様

このブログ楽しく見てくださってありがとう!!!
ゆおじさん酸漿(ほおずき)のように蕚が実を包んでいるような植物はないようですよ。マルバノホロシの実は直径7ミリくらいで、有毒なんですって。
由紀子さんへマルバノホロシ、親海湿原・姫川源流にもあるらしいことは知っているのですが、探せなくて・・
私探すのは下手なのよね。だから、なるべく複数の人と行きたい。目が多くあると見つけるものも多いから。
りんごのほっぺさん、これからもどこかお洒落な植物の姿をお届けしたいと思っています。

by アルプ 2006/10/30 (Mon) 17:34:03

差し入れしたマイクロトマトとマルバノホロシは、大体同じくらいの大きさでしょうか。
房でお皿にのせると良い感じですが、なかなか揃ってきれいに熟さないのです。
お客様に「スグリ」とか「巨大イクラ」と言われましたよ。

by ゆきこ 2009/09/21 (Mon) 16:02:37

マイクロトマト

マイクロトマトというものが、あんなに小さいとは思いませんでした。マルバノホロシの実と良く似た大きさでまた実のつき方もそっくり。相違点は実が良く似ている、マルバノホロシやヤマホロシ、ヒヨドリジョウゴなどはヘタがない、マイクロトマトにはヘタがある!!
 いずれもナス科ナス属だけど、マイクロトマト以外は有毒植物だと思います。

by アルプ 2009/09/21 (Mon) 16:38:45











 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/41492/blog/blog.cgi/c1/a200610262356.trackback