2006 08月 18日

サワヒヨドリ(キク科フジバカマ属)とサワギキョウ(キキョウ科ミゾカクシ属)


 8月4日の親海湿原です。サワヒヨドリのやさしい赤がいいですね。氷イチゴの赤を連想します。うしろはサワギキョウです。昨日(8月17日)も親海湿原に行ってきましたが、サワギキョウが一番勢力を誇っていました。親海湿原はこれからママコノシリヌグイやイシミカワ、ミゾソバなどのタデ科が勢力を増して、秋色になっていくのでしょうね。ここのところ白馬も暑いですが、空はだんだん秋の色です。
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除