2005年10月2日 (Sun)

オオバタケシマラン(ユリ科タケシマラン属)の実 


 大葉竹縞蘭。2005年9月27日、栂池自然園で撮影。グミの実のように少し長い球形です。花もですが、実が葉の下についているので、なるべくカメラの位置を低くしないと写りません。実のついたオオバタケシマランはたくさんあるのですが、木道が地面より高いので、良い被写体を捜すのが大変です。
 毒性があったり、不味かったりする実は、残っていることが多いです。美味しいらしい、ベニバナイチゴやサンカヨウの実はほとんど残っていませんでした。でも、美味しいクロマメノキの実は先日もご紹介したように、たくさん生っていました。なお、実を食べるのは主に自然園に住んでいる動物です。念のため。
2005-10-02 22:28 in 野草 | Comments (0) #
コメント











数字を入力してください→  


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/41492/blog/blog.cgi/c1/a200510022228.trackback