2014年6月30日 (Mon)

クモキリソウ(ラン科クモキリソウ属)


 蜘蛛切草。名前は花の形が蜘蛛のようだから? このブログ初出です。庭の隅っこに勝手に出てきました。庭の端は林に続いているので、チゴユリ、ホウチャクソウ、ツリフネソウなどなどが自然に生えています。また日当たりが変わると今まで目につかなかったものを発見することもあります。最近発見したものは、アケボノシュスランとイチヤクソウ。
2014-06-30 21:10 in 野草 | Comments (0) #

2014年6月29日 (Sun)

ヒョウモンチョウ


 今年はヒョウモンチョウが目立ちます。お向かいの庭のイブキジャコウソウに集まったヒョウモンチョウ。
 右下の黒いチョウはメスグロヒョウモンの雌です。左下はミドリヒョウモン。上の2頭はウラギンヒョウモン。

 こちらはアルプの花壇のギョウジャニンニク止まっているヒョウモンチョウ。右はミドリヒョウモン、左はメスグロヒョウモンの雄。

 2枚目の写真と同じギョウジャニンニクに止まる右はメスグロヒョモン。左はミドリヒョウモン。
 3枚の写真共、撮影日は6月26日です。


2014-06-29 20:16 in 動物 | Comments (0) #

2014年6月19日 (Thu)

黒姫高原・古池湿原と種池


 ノビネチドリ。2日連続の湿原巡りです。古池湿原の中にノビネチドリが咲いていました。

 ヒオウギアヤメ。こちらも古池湿原です。昨日の沼の原湿原はカキツバタ。こちらはヒオウギアヤメです。黄色の花はサワオグルマ。沼の原湿原にもサワオグルマが咲いていましたがほぼ終わりでしたね。古池湿原の標高は1,190mなのでこちらの方がやや遅いですかね。

 サワオグルマに止まるウスバシロチョウとヒラタアブの一種。古池湿原にて。
 ウスバシロチョウの名前の通りの翅の薄さにご注目ください。

 サギスゲ。種池で遠くに白い群落が見えたのでズームで写してみたらサギスゲでした。こんなに密度濃く生えているサギスゲは一見の価値ありです。

2014-06-19 23:41 in 野草 | Comments (0) #

2014年6月18日 (Wed)

斑尾高原・沼の原湿原


 カキツバタ。斑尾高原・沼の原湿原に初めて遠征してきました!! 標高830m、広さは23haととても広いです。生えているものは白馬の親海湿原と似ていますが、10倍近い広さです。カキツバタの群落も見ごたえがありました。

 サギスゲ。親海湿原のサギスゲはほぼ終わっていますが、こちらはきれいな果穂でした。

 ミズタビラコ(水田平子、ムラサキ科キュウリグサ属)。このブログひさびさの初出です。花は3ミリくらいと小さいのですが、薄い水色でとてもかわいらしい花でした。初めて見た花です。
 ヒヨクソウ(比翼草、オオバコ科ゴマノハグサ属)。こちらもこのブログ初出です。そしてこちらも初めてお目にかかりました!! 初出の2種は湿原に向かうトレッキングコースで見ました。

2014-06-18 23:14 in 野草 | Comments (0) #

2014年6月14日 (Sat)

親海湿原と姫川源流


 トキソウ。今日は久しぶりに(5月2日以来です)親海湿原&姫川源流に行ってきました。この時期、親海湿原にトキソウが他の植物に埋もれるように咲いています。遠くにピンクの色が見えたので撮影しました。

 別の場所のやや近くに咲いていたトキソウをズームで写しました。

 バイカモ。姫川源流のバイカモ、今年は早くから咲いています。

 上の写真に見える清流の中の杭にできた自然の苔玉です。何の植物が生えているのでしょう??

2014-06-14 23:03 in 野草 | Comments (0) #

2014年6月2日 (Mon)

鳥と雪と花


 オオルリ。猿倉・長走沢のあたりにはいつもこの時期オオルリがいます。飛んでいるときの瑠璃色は本当に綺麗!!でしたがカメラに収めることはできませんでした。

 白馬尻。馬尻の小屋を建てる場所の除雪がやっと終わったところです。毎年解体されている小屋は『おつかれさん!』の大岩のすぐ上に建てられます。

 雪が融けた端からいろんな花が咲いていきます。一番目立つ大きな花はキヌガサソウ。小さな花はニリンソウ。右下にエンレイソウ。一番下の真中当たりにサンカヨウのつぼみ。ほぼ真ん中の茶色の大きな芽はヤグルマソウ。

 大きな葉はコバイケイソウ。そのすぐ下にエンレイソウが2輪。右と左下にサンカヨウ。上の方にはニリンソウ。

2014-06-02 20:06 in 野草 | Comments (0) #