2013年6月19日 (Wed)

ツツジ科の花


 サラサドウダン(更紗灯台)。ツツジ科ドウダンツツジ属。
 6月16日日曜日一年ぶりに五竜に行って来ました。今の時期はツツジ科の花がとてもきれいです。

 ウラジロヨウラク(裏白瓔珞)。ツツジ科ヨウラクツツジ属。

 ウスノキ(臼の木)。ツツジ科スノキ属。

 オオバスノキ(大葉酢の木)。ツツジ科スノキ属。
2013-06-19 22:22 in 樹木 | Comments (0) #

2013年6月12日 (Wed)

リュウキンカ(キンポウゲ科リュウキンカ属)


 立金花。ミズバショウに付き物のリュウキンカ。9回目の登場です。ミズバショウが咲いているところにはたいてい咲いています。
 1枚目は猿倉。6月9日。

 2枚目は6月11日に栂池・神の田圃で撮りました。


2013-06-12 22:06 in 野草 | Comments (0) #

2013年6月11日 (Tue)

ムラサキヤシオツツジ(ツツジ科ツツジ属)


 紫八汐躑躅。今日は友人と2人で今年初めての栂池自然園に行ってきました。木道はすべて雪の下でした。いつも春一番は下りのロープウェイのは乗らずに降りてきます。そちらの方はいろいろな花が咲いていてゆっくり楽しみながら降りてきました。ムラサキヤシオツツジは大当たりでした。

2013-06-11 21:33 in 樹木 | Comments (0) #

2013年6月10日 (Mon)

ミズキ(ミズキ科ミズキ属)


 水木。開いたばかりの葉の中につぼみが見えています。樹木の図鑑でミズキを調べてみると、葉の表には毛が無いと書いてあります。でもこの写真を見ると毛がありますね。樹木の赤ちゃんにも産毛があるのかな。でもどこを探してもそんな記述は見つけられませんでした。でもこのはっきりした葉脈はミズキですよね?


2013-06-10 20:06 in 樹木 | Comments (0) #

2013年6月9日 (Sun)

イワナシ(ツツジ科イワナシ属)


 岩梨。今日は今年3度目の猿倉へ行ってきました。と言っても、長走沢の少し先までです。長走沢の大きな岩のところにイワナシが咲いていました。花期が短いので見逃してしまう年もあります。


2013-06-09 22:09 in 樹木 | Comments (0) #

2013年6月7日 (Fri)

樹木の実


 オヒョウ(ニレ科ニレ属)の実。実は初めて見ました。花も見たことがないですが、山を登って行く道から見えました。木が高いので、見上げる場合には気がつかないでしょうね。

 オニイタヤ(カエデ科カエデ属)の実。イタヤカエデの一種で見分けにはまったく自信がありませんが、実の翼の開き方が鋭角なので、オニイタヤとしました。両種とも昨日、白馬村猿倉で撮影しました。


2013-06-07 20:07 in 樹木 | Comments (0) #

2013年6月6日 (Thu)

雪崩の後


 雪崩に破壊されたトチノキ。
 今日は白馬村公民館主催の『雪崩に負けないブナ・トチノキ』(講師・若林隆三氏)に出席して、今年の3月におこった雪崩の跡を見てきました。

 雪崩に破壊されたブナ。こんなふうになるものなんですね。広葉樹は繊維が強いのでバッサリ折れるのではなくてこのようになるそうです。いたるところ太い木が折れていました。
 しかし、周りは青々していますね。草は雪崩の影響を受けないどころか日当たりが良くなった分だけ元気になります。

 フォークツリー。このように樹種に関係なくほぼ一定の高さ(3mくらい)で幹が何本にもなっている木をフォークツリーと呼んでいるそうです。積雪量が3mくらいあったところに大きい雪崩が来たことが分かります。

 左は高い木が生えていて右は低い木ばかりですよね。これは2000年2月の雪崩の跡だそうです。場所は白馬大雪渓に近い小日向山の北東斜面です。このように再生して森が若返って行くと話していらっしゃいました。今年の雪崩はここの少し南の斜面です。雪崩に人が巻き込まれるとニュースになりますが、人的被害がないとほとんど耳に入りません。

2013-06-06 23:08 in 風景 | Comments (0) #

2013年6月5日 (Wed)

キクバドコロ(ヤマノイモ科ヤマノイモ属)


 菊葉野老。このブログ初出です。花が目に入ったので写してみました。この仲間はウチワドコロ、カエデドコロ、など似たものがあります。ヤマノイモ科ですが、毒だという説もあるようなので、食べない方が良さそうです。

 2枚目はおまけのボケボケの写真です。今年初見のアサギマダラだったので、ぜひ撮りたかったのですが、止まってくれませんでした。取り敢えずシャッターを切ったら写っていたので・・。
 3枚目は面白いものを見つけたので!! 脱皮したばかりのバッタです。抜け殻がありましたし、ほとんど動かなかったので、たぶん脱皮した直後でしょう。調べてみたらミヤマフキバッタ(深山蕗飛蝗)という羽が退化して飛べないバッタのようです。
 3枚とも今日の撮影。秘密の場所です。


2013-06-05 17:34 in 野草 | Comments (2) #

2013年6月4日 (Tue)

アゲハチョウ科のチョウ2種


 ウスバシロチョウ。薄葉白蝶。このチョウがアゲハチョウ科とは思わない人の方が多いでしょうね・・。今年は特にたくさんいるような気がします。ここ10日くらい毎日のように見かけます。
 ギフチョウ。今や一番人気のチョウと言っても良いでしょうね。白馬村では村の天然記念物に指定されており、捕獲することは禁止されています。写真に撮るだけにしましょうね。
 保護の効果が表れているのかどうか、今年はよく見かけました。


2013-06-04 22:41 in 動物 | Comments (0) #

2013年6月2日 (Sun)

八方尾根から見た頚城三山


 この写真の一番左は雨飾山。一番右は乙妻・高妻山。中の3つの山を頚城三山と呼んだりします。頚城三山は左から焼山、火打山、妙高山です。
 手前の新芽の出始めたダケカンバは、標高2080mの第三ケルンから100mくらい標高の高い『下の樺』で見られます。

 2枚目はゴンドラの上の駅にある『うさぎ平テラス』から撮った白馬の街です。山は一番左に戸隠連峰が見えています。上の写真の右に続いています。

 この2枚の写真も5月31日に撮ったものです。


2013-06-02 16:42 in 風景 | Comments (0) #

2013年6月1日 (Sat)

5月31日の北アルプス


 昨日八方尾根からみた北アルプスです。左が鹿島槍ヶ岳。右、五竜岳。
 思ったより雪融けは進んでいました。

 2枚目。左端の円錐形の山が唐松岳。そこから右へ不帰のⅢ峰、Ⅱ峰、Ⅰ峰。いつみても不帰の嶮は魅力的ですね。

 3枚目。白馬三山。左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳。この写真は登って行くとき最初に写しました。雪融けで帰りの方が池が大きくなっていました。
 また水芭蕉が咲き始めていました。

 4枚目。真中が白馬乗鞍岳。山頂を頂点とする雪形(黒の額縁で白い部分)は有名な『鶏』ですが、4本足に見えることもあって最近は『かもしか』の方が通りが良いような・・。ちなみに私も『かもちゃん』と呼んでいます。右下の淡い色の木はダケカンバ。新緑はこれからです。

2013-06-01 20:01 in 風景 | Comments (1) #