2012年6月27日 (Wed)

ミズバショウ(サトイモ科ミズバショウ属)


 水芭蕉。今日は友人と小日向山に花を見に行ってきました。写真の出来は全然駄目でしたが、斜面に生えているミズバショウが珍しかったのでご紹介しました。写真をよく見るとニッコウキスゲやモミジカラマツが写っているので、もう少しすれば賑やかになりそうです。


2012-06-27 22:48 in 野草 | Comments (0) #

2012年6月26日 (Tue)

ツマトリソウ(サクラソウ科ツマトリソウ属)


 褄取草。ツマトリソウのつぼみがとても可愛かったのでご紹介します。一昨日、栂池自然園からの帰り、ロープウエイに乗らずにぶらぶら歩いて降りる途中にとてもきれいなツマトリソウがありました。
 
 このブログをブックマークしてくださっている皆様にお願いです。このブログのアドレスが変わりました。7月から新しいアドレスでないとつながらなくなります。ブックマークに登録しなおしてください。よろしく!!
2012-06-26 21:59 in 野草 | Comments (0) #

2012年6月25日 (Mon)

イワカガミ(イワウメ科イワカガミ属)


 岩鏡。昨日栂池で撮影しました。痩せ尾根にたくさんのイワカガミがあざやかに咲いていました。


2012-06-25 23:52 in 野草 | Comments (0) #

2012年6月24日 (Sun)

栂池自然園・ミズバショウ湿原


 今年のグリーンシーズンの栂池自然園にやっと行ってきました。つい1週間ほど前までほとんど雪に覆われていたミズバショウ湿原の雪もずい分融けていました。融けだすと早いですね。でもミズバショウの見ごろはこれからです。7月10日頃までは充分楽しめると思いますのでお出かけくださいね。


2012-06-24 23:53 in 野草 | Comments (0) #

2012年6月22日 (Fri)

ミヤマセセリ(セセリチョウ科)


 ミヤマセセリ。このブログ初登場のチョウです。6月17日五竜で撮影しました。カタクリの花から吸蜜しています。残念ながらチョウがボケているので2枚目に5月19日に撮った写真を載せますね。

 5月19日に撮ったミヤマセセリです。この個体はきれいですね。一枚目の写真のミヤマセセリはくたびれていましたけど・・。


2012-06-22 22:12 in 動物 | Comments (0) #

2012年6月16日 (Sat)

ヒロハツリバナ(ニシキギ科ニシキギ属)


 広葉吊花。2度目の登場です。去年はほとんどつぼみが付いていなかったように記憶しているのですが、今年はたくさんつぼみが付いていました。連日11日の八方での写真をご紹介しています。
 2枚目の写真はヒロハツリバナにたくさん取り付いていた昆虫・ジョウカイボン(ジョウカイボン科)です。以前に栂池で写したアオジョウカイに形がそっくりだったので、ジョウカイボンの仲間に違いないと思って調べました。結果、ジョウカイボン科のジョウカイボンと分かりました。虫にはまったく興味がなかったのですが、花を撮っているうちに少しづつ虫の名前も調べるようになりました。
2012-06-16 16:25 in 樹木 | Comments (0) #

2012年6月15日 (Fri)

タテヤマリンドウ(リンドウ科リンドウ属)


 立山竜胆。今日も11日の八方での写真を2枚。3度目の登場のタテヤマリンドウです。

 2枚目はキアゲハ。キアゲハも何度も登場していますが、タテヤマリンドウとのツーショットは初めてです。
 拡大写真を見てください。蜜を吸っているところで、長いストローが写っています。ストローのことを口吻というそうです。


2012-06-15 15:41 in 野草 | Comments (0) #

2012年6月14日 (Thu)

ミネカエデ(カエデ科カエデ属)


 峰楓。今日も11日の八方です。
 以前は分かりやすい写真を心掛けていましたが、2回以上ご紹介している植物が多いので、最近は何か面白い映像を撮れないかなと考えています。11日に撮った写真の中では、これが私の中では一番のヒットです。ジグザグ模様に見える折りたたまれた葉と、わずかにのぞく花芽が良いでしょ?


2012-06-14 20:14 in 樹木 | Comments (0) #

2012年6月13日 (Wed)

アブラナ科の花2種


 ミヤマタネツケバナ(アブラナ科タネツケバナ属)深山種漬花。今日も11日の八方です。アブラナ科の花を2つ。アブラナ科の花の特徴は4枚の花びらです。2枚ずつが上下に開くような形についていればアブラナ科と思って良いでしょう。

 ウメハタザオ(アブラナ科ハタザオ属)梅旗竿。以前に紹介したウメハタザオの葉は緑色をしていました。でもこれは渋い色ですよね。雪が融けてすぐ出る時はこの色なので、ウメハタザオというとやはりこの色の葉の方がウメハタザオらしい気がして好きです。
2012-06-13 18:28 in 野草 | Comments (2) #

2012年6月12日 (Tue)

ユキワリソウ(サクラソウ科サクラソウ属)


 昨日写した中からユキワリソウのある風景を。左は鹿島槍ヶ岳。右は五竜岳。

 2枚目は白花のユキワリソウ。ユキワリソウは白からやや濃いピンクまで色の変化がありますが、真っ白は少ないです。

 ここはきれいでしたね。ユキワリソウの色もいろいろ。黄色はキジムシロです。後ろの白は残雪です。

 最後に薄いピンクのユキワリソウ。可憐ですよねぇ。

2012-06-12 19:17 in 野草 | Comments (3) #

2012年6月11日 (Mon)

春の八方尾根


 ユキワリソウ。雪割草。今シーズンやっと八方尾根に行ってきました。全山にユキワリソウとタテヤマリンドウが咲いていました。他にもいろいろ咲いていましたよ。だけど今日はピンクの花でまとめてみます!

 ミヤマアズマギク。深山東菊。色が褪せてなくてとびっきりきれいでした。これも今が一番きれいです。

 ミネザクラ。峰桜。こちらはこれからですね。おしべがつぼみのときからおしべが突き出ているのに初めて気が付きました。どれでもそうなのでしょうか?

 4枚目はおまけの1枚です。何とニホンジカが登山道を横切って駆け抜けて行きました。八方では初めて見ました。南アルプスで高山植物の食害が問題になっていますが、北アルプスでもいよいよかとショックでした。何やら音がしたので、カモシカかと思いました。あわててカメラを向けました。どうにか写真に写っていたのはラッキーでしたが、複雑な気持ちです。

2012-06-11 21:39 in 野草 | Comments (0) #

2012年6月9日 (Sat)

ムラサキヤシオツツジ(ツツジ科ツツジ属)


紫八汐躑躅。7日猿倉で写しました。初登場ではありませんが、花がある程度大きく写っているのは無かったので・・。この写真の右下に去年の裂開した実のあとが写っています。そちらもご覧くださいね。
2012-06-09 12:38 in 野草 | Comments (0) #

2012年6月7日 (Thu)

エゾエンゴサク


 蝦夷延胡索。今日は友人と猿倉から長走沢までの林道を歩きました。道の雪はほとんど消えていました。次は白馬尻まで行かなきゃ・・。
 花はいろいろ咲き出していました。今しか見られないエゾエンゴサクもたくさん咲いていました。シダの名前が分からないですが、シダも今が面白いです。
2012-06-07 23:58 in 野草 | Comments (0) #

2012年6月6日 (Wed)

バイカオウレンとイワカガミ


 バイカオウレン(梅花黄蓮)キンポウゲ科オウレン属。今日友達から「この花なあに」と送られてきた写真がバイカオウレンだったので、このブログ初出のバイカオウレンを載せることにしました。撮影は5月19日。残念ながら花は終わり、写っているのは実です。でもこの実の形、すてきですよね。

 イワカガミ。岩鏡。イワウメ科イワカガミ属。この山道を下って行くとき上の方はイワカガミがいっぱい。下るにつれて実になったバイカオウレンが現れました。ただイワカガミの方は花は咲き始め。その代わり出たばかりの葉がとてもきれいでした。

2012-06-06 20:52 in 野草 | Comments (0) #

2012年6月5日 (Tue)

チョウと鳥


 今日は村の中心近くにある木流川遊歩道を友達と歩きました。花は端境期でこれといって目につくものは少なかったです。でも蝶がいたので撮って見ました。前にブログで紹介したヒメジャノメかと思いましたが、調べてみたらコジャノメでした。コジャメノの方が珍しいようです。

 2枚目は特に珍しくもないですが、セグロセキレイです。今日はこんな写真しかありませんでした。

2012-06-05 23:02 in 動物 | Comments (0) #

2012年6月2日 (Sat)

花のアップ写真


 ミツガシワ。5月30日の写真より。

 サワオグルマ。やはり5月30日の撮影。親海湿原はこれからが本番。次々と咲きますよ!!


2012-06-02 21:52 in 野草 | Comments (1) #

2012年6月1日 (Fri)

イヌエンジュ(マメ科イヌエンジュ属)


 犬槐。4月16日にこの写真を写したとき、金色の芽鱗からのぞいている銀色の葉はイヌエンジュに違いないと思いました。というのも2008年に写したイヌエンジュが頭に浮かんだからです。
 一昨日、親海湿原で遠くのイヌエンジュを写してやっぱりそうだと思い調べました。間違いなく1枚目の写真はイヌエンジュの新芽です!! この芽は1メートルもない小さな木だったのでよく見えましたが、もっと開いたところも見たいものです。

2012-06-01 18:43 in 樹木 | Comments (0) #