2011年7月31日 (Sun)

タカネナデシコ(ナデシコ科ナデシコ属)


 高嶺撫子。これも26日の八方尾根で撮りました。都会の花屋さんでは最近とても売れているそうです。ナデシコパワーはすごいですね。私はヤマトナデシコなんて死語かと思っていましたけどね。
2011-07-31 22:10 in 野草 | Comments (3) #

2011年7月29日 (Fri)

リフト線下


 八方尾根アルペンリフトから写しました。動いているリフトから写真を撮るのは難しく、数打ちゃ当たるとばかりに、液晶画面も見ずに適当にパシャパシャ押したのですが、やはりうまく撮れませんでした・・。
 リフト線下はクガイソウ、シモツケソウ、ハナチダケサシなどがとてもきれいなので、いつも撮りたいと思うのですが・・。
2011-07-29 23:57 in 野草 | Comments (0) #

2011年7月28日 (Thu)

ユキワリソウとイワイチョウ


 雪割草と岩銀杏。ピンクの花がユキワリソウ、立ち上がっているのがイワイチョウです。雪が最近まで残っていた場所です。早くに雪が消えるところなら、この2つの花が同時に咲くことはなく、イワイチョウの方が後から咲きます。

2011-07-28 22:09 in 野草 | Comments (0) #

2011年7月26日 (Tue)

ニッコウキスゲ(ユリ科ワスレグサ属)


 ニッコウキスゲのある風景。今日は植物観察会のガイド役で八方尾根に行ってきました。十数人いたので、自分のペースで写真を撮ることはできませんでしたが、どうにか雨にも降られず、楽しく観察してきました。この写真はニッコウキスゲとオオイタドリが帯になって、手前にシモツケソウが群生しているのが面白かったので撮りました。

2011-07-26 23:20 in 野草 | Comments (0) #

2011年7月19日 (Tue)

ドクゼリ(セリ科ドクゼリ属)


 毒芹。ドクゼリの花を接写しました。全体の様子は何度かご紹介しています。毒じゃなければ花束のあしらいに良いなと思いますが、強い毒があるそうですから気をつけてくださいネ。

 2枚目の写真はシロシタホタルガ。私はオペラ座の怪人を連想してしまいます。皆様はいかがですか?
 このブログは花を中心にしたブログですが、チョウやトンボなどの昆虫もときどき登場します。(蛾は初めてかな?) 虫嫌いの方にはどのくらいが許せる範囲か聞きたいなと思っています。実は私もカメラを持つまではまったく昆虫には興味がなかったです・・・。


2011-07-19 23:56 in 野草 | Comments (0) #

2011年7月18日 (Mon)

コオニユリ(ユリ科ユリ属)


 小鬼百合。今日はお客様と親海湿原に行ってきました。夏の花が勢ぞろいするまでにはあと10日くらいでしょうか。この画面の左上に少し見えているクサレダマや画面右に見えているドクゼリはつぼみの方が多いです。コオニユリはほとんどがつぼみです。1週間くらいしたらまた行ってみたいです。

 2枚目の写真はオゼイトトンボです。水色の方が雄で、右下が雌です。雌の頭が葉で隠れているのが残念ですが、羽がまあまあきれいに写っていたので。トンボの一番後ろを腹端と言い、そこにキャッチャーと呼ばれる付器が付いており、それで雌の頭をつかむそうです。そして連なって飛ぶことをキの字飛行と言うんですって。
 3枚目もトンボで、ダビドサナエの雄です。キャッチャーがあるのが分かりますよね。
2011-07-18 21:06 in 野草 | Comments (0) #

2011年7月14日 (Thu)

タカネバラとオオタカネバラ(バラ科バラ属)


 高嶺薔薇。八方池まで行く楽しみの一つにこのタカネバラがあります。でも残念ながら7月6日はまだほとんどが固いつぼみでした。今日行った人に聞いたらとても良かったそうです。毎日行くわけにもいかないですし、しょうがないですねぇ。

 2枚目は大高嶺薔薇です。花だけを見ているとタカネバラとオオタカネバラの違いは分かりませんが、葉の様子はずい分違います。また同じ場所に生えていることはなく、こちらは黒菱平の鎌池湿原周辺に咲いています。1枚目と同じく7月6日の撮影ですが、オオタカネバラの方はちょうど見ごろでした!! 
2011-07-14 20:47 in 樹木 | Comments (0) #

2011年7月13日 (Wed)

ドクウツギ(ドクウツギ科ドクウツギ属)


 毒空木。毒と名の付く植物は他にはドクゼリ(毒芹)くらいしか知りません。猛毒です!! この個体は踏みつけられたりしてずい分痛めつけられたものでした。初めて見たのですが、帰ってきてから図鑑を何冊もひっくりかえして調べました。これが花(雌花)の状態ですが、またその後を見に行きたいと思っています。7月5日の撮影です。


2011-07-13 21:41 in 樹木 | Comments (0) #

2011年7月12日 (Tue)

ブナ(ブナ科ブナ属)


 橅。ブナの実です。ブナの紅葉や新芽のご紹介は何度かしていますが、実は初登場です。なかなか美味しい実らしいですが、食べたことはありません。

 2枚目の写真はブナの葉に止まっている、ヤマキマダラヒカゲです。サトキマダラヒカゲとヤマキマダラヒカゲはそっくりで、実際のところどっちがどっちだかわからないのですが・・・。とりあえずこれはヤマキマダラヒカゲとしておくことに・・。どっちもキマダラヒカゲにして欲しいです。
2011-07-12 23:06 in 樹木 | Comments (0) #

2011年7月11日 (Mon)

オオサクラソウ(サクラソウ科サクラソウ)


 大桜草。7月6日八方下の樺より上部で見ることができます。コバイケイソウのまるまるとした葉をバックに並んだ花は魅力的でしたよ。


2011-07-11 21:22 in 野草 | Comments (0) #

2011年7月10日 (Sun)

ムシトリスミレ(タヌキモ科ムシトリスミレ属)


 虫取菫。前回に続き食虫植物です。葉に注目してください。細かいぶつぶつが見えますよね。これが粘液の粒です。この葉に落ちた虫は溶かされて栄養になるそうです。よく見たら去年載せたムシトリスミレにも葉の粘液の粒が写っていました。

 2枚目の写真は、食虫植物のそろい踏み。モウセンゴケとムシトリスミレのツーショットです。仲良く並んでいるのはそうそうは無いんですよ!
2011-07-10 22:00 in 野草 | Comments (0) #

2011年7月8日 (Fri)

モウセンゴケ(モウセンゴケ科モウセンゴケ属)


 毛氈苔。アップで見ると何とも面白い形をしています。6日に八方尾根で写しました。土手のように高くなっているところに生えているので、間近に撮影することができます。
2011-07-08 23:12 in 野草 | Comments (2) #

2011年7月7日 (Thu)

アズミテンナンショウ(サトイモ科テンナンショウ属)


 安曇天南星。7月5日白馬尻で見ました。ヒロハテンナンショウにそっくりですが、色が違います。家に帰ってから「信州の野草」で調べたところ、苞が緑のヒロハテンナンショウに対しこの色のものをアズミテンナンショウと言うのを知りました。しかし、インターネットで調べても出てこないので、普通は分けずにヒロハテンナンショウとすることの方が多いと思われます。ともあれ、とてもきれいなテンナンショウでした。

 2枚目は白馬尻小屋の前から撮った白馬大雪渓です。

2011-07-07 22:50 in 野草 | Comments (0) #

2011年7月6日 (Wed)

初夏の八方尾根


 今日は1か月半振りにニッコウキスゲが咲く八方尾根に行ってきました。お天気が良く気持ちよく歩いてきたのですが、お天気の良い日の植物の写真は難しいですね・・。
 それで山の写真です。山はおなじみの左が鹿島槍ヶ岳、右が五竜岳です。

 2枚目の写真は扇の雪渓の少し下の雪渓の上を走るカモシカです!! このブログの、カモシカの登場回数は今日で何と6回目。1回目から、
親海湿原
落倉栂池自然園岩岳どんぐり、そして今回は八方尾根です。どこにでも居て、簡単に撮れるのですね。

2011-07-06 22:26 in 風景 | Comments (2) #

2011年7月5日 (Tue)

コミネカエデ(カエデ科カエデ属)


 小峰楓。このブログ初登場です。葉の形がミネカエデよりほっそりしています。ミネカエデに似た花が咲くと思い込んでいましたが、ミネカエデが直立した総状に咲くのに対し、コミネカエデは花の数が多く下方に下がり気味に穂がついていました。
2011-07-05 23:40 in 樹木 | Comments (2) #

2011年7月4日 (Mon)

シナノキンバイ(キンポウゲ科キンバイソウ属)


 信濃金梅。濃い黄色が目に着く花です。また花も径3~4センチと比較的大きいです。栂池自然園の浮島湿原からモウセン池方向に入ってすぐの木道付近にたくさん咲いています。


2011-07-04 23:03 in 野草 | Comments (0) #

2011年7月3日 (Sun)

チングルマ(バラ科ダイコンソウ属)


 稚児車。小さな花ですが、花の中に水が溜まっていたのでアップで写してみました。
2011-07-03 22:57 in 樹木 | Comments (0) #

2011年7月2日 (Sat)

コバイケイソウ(ユリ科シュロソウ属)とミヤマカラスアゲハ


小梅蕙草。止まっているのはミヤマカラスアゲハです。今日はお客さんと栂池自然園に行ってきました。6月26日にも行ったばかりですが、ずい分雪融けが進み、花の種類も多くなってきました。楽しいですよ!!

2枚目は同じ蝶の表側です。青の線がきれいでした。
2011-07-02 20:38 in 野草 | Comments (0) #

2011年7月1日 (Fri)

オニノヤガラ(ラン科オニノヤガラ属)


 鬼の矢柄。去年ご紹介しましたが、今年も見つけました。オニノヤガラのつぼみです!!去年と 同じ林の中に怪しいものが・・。色と特異な形でオニノヤガラとわかりました。

 2枚目はつぼみの後に見つけた花が咲きだしている個体です。昨年も2つ見つけたのですが、同じ場所には咲かないのか、離れた場所でした。さらに観察してみますね。

2011-07-01 15:50 in 野草 | Comments (0) #