2010年7月30日 (Fri)

ムシトリスミレ(タヌキモ科ムシトリスミレ属)


 虫取菫。7月21日八方尾根で撮影しました。花も葉もしっかり見えて、撮って!と言わんばかりの様子です。この葉から粘液が出ており、この葉に落ちた虫は逃れられません。虫を溶かして栄養にするそうです。
2010-07-30 21:51 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月29日 (Thu)

ハクサンタイゲキ(トウダイグサ科トウダイグサ属)


 白山大戟。いつも存在感がある不思議な植物です。葉だけのときも目に止まりますし、紅葉も人目を引きます。また私にはどれが花の状態なのかわかりません・・。この写真は実になりかけでしょうか?
2010-07-29 20:39 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月28日 (Wed)

コバノクロマメノキ(ツツジ科スノキ属)


 小葉の黒豆の木。7月21日八方尾根の上部、丸山で写しました。唐松岳への途中と言うべきか・・。このブログ初登場です。クロマメノキより標高の高いところにあります。
2010-07-28 23:29 in 樹木 | Comments (0) #

2010年7月27日 (Tue)

ハクサンボウフウ(セリ科カワラボウフウ属)


 白山防風。ハクサンボウフウのつぼみです。7月21日八方尾根で写しました。
2010-07-27 23:56 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月25日 (Sun)

マイヅルソウ(ユリ科マイヅルソウ属)


 舞鶴草。この花も他の植物と混生している写真以外では、しか紹介していませんでした。この写真も23日栂池自然園での撮影です。最近はほとんどデジカメ写真なのですが、この日はフィルムカメラとデジカメの両方を持ったつもりがデジカメを家のテーブルの上に忘れてしまい、久しぶりにフィルムカメラのみの撮影になり、それはそれで楽しかったです。
 ブログに書くときには、右下の検索機能を使って過去に紹介した記事を見ています。えっ此の植物はまだ登場していなかったの?ということが、よくあります。
2010-07-25 21:44 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月24日 (Sat)

オオバタケシマラン(ユリ科タケシマラン属)


 大葉竹縞蘭。オオバタケシマランの実はご紹介したことがありますが、花は初めてです。葉の裏に花が付くので気がつく人は少ないです。赤い実が付くので実の時期にはめだつのですけどね。7月23日栂池自然園で撮影しました。

2010-07-24 23:05 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月23日 (Fri)

コバイケイソウ(ユリ科シュロソウ属)


 小梅蕙草。今年2度目のコバイケソウです。今年5回目の栂池自然園で写しました。6月24日のブログで今年はコバイケイソウのハズレ年と書きましたが、どうもつぼみの出来るのが遅かっただけで、当たり年だったようです。ただし、これは栂池自然園の話で、八方尾根では今年はコバイケイソウが少ないようです。

 2枚目のおまけの写真は展望湿原に現れたカモシカです。展望湿原に着いてお弁当を食べようとしたときに、『カモシカだ』の声に湿原を見ると、展望湿原から見える、まさに白馬大雪渓の真下にカモシカがいました!! 展望湿原にいたお客さんに見守られしばらくいろいろな姿を見せてくれました。
2010-07-23 22:22 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月21日 (Wed)

オオバギボウシ(ユリ科ギボウシ属)


 大葉擬宝珠。あちこちで見られる花ですが、まだこのブログに登場したことがありませんでした。庭にもよく植えられる花ですが、八方尾根や五竜にもたくさんあります。

2010-07-21 22:59 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月19日 (Mon)

水色のアマガエル


 雨蛙。今日は本当に久しぶりに親海湿原・姫川源流に行ってきました。クサレダマは満開、コオニユリとコバギボウシが咲き始め、サワギキョウはつぼみでした。日差しも強くこれといってお見せするような写真は撮れなかったのですが、水色のカエルがいたので撮ってきました。葉っぱの上に青いものがあったので何かと思い立ち止まって見たら、見たことのない色の雨蛙でした。
2010-07-19 21:05 in 動物 | Comments (0) #

2010年7月11日 (Sun)

ユクノキ(マメ科フジキ属)


 雪の木。白くたくさん咲く花を雪に例えてユクノキ。一作日、瀬戸の橋のそばのユクノキの花がことしはたくさん咲いてるよ、という友人からの情報を貰ったので見に行ってきました。白馬村・落倉に向かって車で3分ほどの場所です。毎年たくさんの花を付けるわけではなく去年はあまり咲かなかったようです。
2010-07-11 19:42 in 樹木 | Comments (0) #

2010年7月7日 (Wed)

ツマトリソウ(サクラソウ科ツマトリソウ属)


 褄取草。他の花と一緒に咲いている写真はお見せしたことがあるのですが、単独でご紹介するのは初めてです。花は直径2センチほどの小さな花です。
 ここのところ天候その他で、植物観察に出かける暇がありません。来週は何ヶ所か見に行かなければと思っています。
2010-07-07 22:42 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月6日 (Tue)

オニノヤガラ(ラン科オニノヤガラ属)


 鬼の矢柄。鬼の持つ矢のようだという意味だそうです。今日、隣の林の中で発見!?しました。今までもあったのでしょうけど結構暗いし7月ともなると草の丈も高くなってくるので気がつかなかったのでしょうね・・。高さは1メートルくらい。この写真は上の30センチくらいでしょうか。
 さて調べてみると、オニノヤガラは葉緑素を持たない腐生植物でナラタケと共生関係にあるそうです。確かにこのあたりはコナラの林で、ナラタケが生えます。また付近を林の中を歩いてみますね。
2010-07-06 15:40 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月4日 (Sun)

タテヤマリンドウ(リンドウ科リンドウ属)


 立山竜胆。ハルリンドウの高山型です。が、ハルリンドウとの区別は難しく、私は標高1800m以上のところにあればタテヤマリンドウということに・・・。この写真は八方尾根で写しました。このところ地味な花が続いていましたので、かわいい花を選びました。この写真だと大きさが分かりませんが10cmほどの高さです。スクリュウ型の蕾も素敵ですよね。それからこのブログ初登場でした。
2010-07-04 19:02 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月3日 (Sat)

ミヤマハンノキ(カバノキ科ハンノキ属)


 深山榛の木。このブログ初登場です。上に付いているのが雌花序、下がって付いているのが雄花序です。カバノキ科には他にカバノキ属やクマシデ属、ハシバミ属などがありますが、雄花序はよく似ています。それも春に雌花序、雄花序の両方が付いていると何か分かります。
2010-07-03 20:44 in 樹木 | Comments (0) #

2010年7月2日 (Fri)

ワタスゲ(カヤツリグサ科ワタスゲ属)


綿菅。ワタスゲは綿になった実ばかりが有名で花を知らない人が多いと思います。それで今日はワタスゲの花をお見せすることにしました。蕾は右下にある黒い穂で花が咲くと黄色い穂になります。知らなければただ通りすぎて行くだけになります。

 2枚目の写真はクロサンショウウオの卵塊かな?と思って撮った写真です。八方尾根の八方池や、白馬乗鞍岳の白馬大池にクロサンショウウオがいるという記述はよく目にします。が、栂池自然園にクロサンショウウオという記述を目にしたことは記憶にありません。これはクロサンショウウオでしょうか?
 右下にワタスゲの黒い穂が見えています。
2010-07-02 15:45 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月1日 (Thu)

サラサドウダン(ツツジ科ドウダンツツジ属)


 更紗灯台。6月24日栂池自然園で撮影しました。これは去年の実の殻が落ちないでくっついています。去年はサラサドウダンの当たり年だったのですが、今年は一つの蕾も見つけることができませんでした・・・。来年に期待です。サラサドウダンは一年おきと言われていますから。
2010-07-01 23:04 in 樹木 | Comments (0) #