2010年6月30日 (Wed)

アキグミ(グミ科グミ属)


 秋茱萸。このブログ初登場です。25日猿倉から白馬大雪渓に向かう道のそばで写しました。花は白から時間が経つと黄色っぽくなります。
 この場所は道から川の方にせり出している大きな岩の上に、多分土砂を入れたようなところで、少し広くなっています。そしてこの道沿いでは少し違った植生になっています。
2010-06-30 21:18 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月29日 (Tue)

サルナシ(マタタビ科マタタビ属)


 猿梨。猿が食べる梨という意味だそうですが、なかなかどうして美味しいものです。キウイの原種と言われておりキウイを小さくしたような実です。味もキウイそっくりで、小谷村ではサルナシ酒やサルナシ酢、サルナシのジャムなどを作っています。花は黒い葯が印象的です。葉のないときはマタタビ、ミヤママタタビ、サルナシの3つを見分けるのは大変ですが。葉が出る頃になると見分けられます。このブログ初登場です。
2010-06-29 21:03 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月28日 (Mon)

アクシバ(ツツジ科スノキ属)


 灰汁柴。昨年アクシバの実らしき物を見て、今年はそれを確かめようと思っていました。小谷村鎌池でそれらしき葉をひっくり返して探しました。どれにでも花が付くわけではないらしく、なかなか見つかりませんでしたが、執念?で見つけました!!

 2枚目は1枚目よりやや蕾が大きくなったアクシバです。1枚目の場所とは別の場所です。小さな木だし、蕾は葉の裏に付くので、なかなか気が付かれないでしょうね。
2010-06-28 23:44 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月27日 (Sun)

キバナイカリソウ(メギ科イカリソウ属)


 黄花碇草。初登場です。白馬村ではよく見られるこのキバナイカリソウをまだ紹介していないことに気がつきませんでした。イカリソウよりもやや標高の高いところに多いようです。また咲く時期もイカリソウより遅いです。八方尾根や五竜の1800メートル付近でもよく見かけます。
2010-06-27 21:06 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月25日 (Fri)

雪渓の花達


 今日は猿倉から白馬尻まで歩いてきました。それにしても今年の雪の多さにはびっくりです。昨年は今日より2日遅い6月27日に白馬尻に行ったのですが、同じような時期にもかかわらず、今年は雪が多い!!
 写真は薄紫色がシラネアオイ、白はサンカヨウ、左下の茶色はヤグルマソウ。

2枚目は馬尻の小屋の上方から浅間山方面を写したものです。馬尻の小屋の周辺を除雪した上で、冬期は解体されていた小屋が急ピッチで作られているところでした。雪渓は旧村営馬尻荘よりさらに下まで続いていました。写真は遠くの山は左が四阿屋山(菅平のすぐ上です)右が浅間山です。すぐそこに見えるスキー場は岩岳スキー場のビューゲレンデです。
2010-06-25 22:48 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月24日 (Thu)

コバイケイソウ(ユリ科シュロソウ属)


 小梅蕙草。今日は今年3度目の栂池自然園に行ってきました。お天気に恵まれ展望湿原まで行きましたが、この写真は栂の森湿原で撮りました。コバイケイソウは3年に1度くらいしか花を付けないと言われていますが、今年は雪が多くまだ蕾が見えないので、当たり年か外れ年か分かりません。

 おまけの写真はワタスゲ湿原です。山は左が白馬鑓ヶ岳、右が杓子岳です。雪が融けてたくさんの水たまりがあり、水たまりに写る景色も楽しみの1つです。
2010-06-24 23:51 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月23日 (Wed)

雨の日


 今日は午後まで雨が上がりませんでした。なので、一昨日の八方尾根で撮った雨の中の花をお楽しみください。
 1枚目はヒロハヘビノボラズ。束生している葉に雨水が溜まってレンズになっています。雨水越しに見える葉の根元が面白いでしょ?

 2枚目はミネウスユキソウ。同じく一昨日の写真です。雨の中を出かける気は起こりませんが、出かけてから雨が降るのはそれなりに楽しいです。これを見ると良いふりだったなと思います。

 3枚目はミネザクラ。八方池からさらに30分くらい登った下の樺にサクラがあります。今年も八方尾根の桜を見ることができて嬉しかったです。 雨でも下の樺まで登って良かった!!!
2010-06-23 23:44 in その他 | Comments (0) #

2010年6月22日 (Tue)

ツルキツネノボタン(キンポウゲ科キンポウゲ属)


 蔓狐の牡丹。久しぶりのこのブログ初登場です。今日は雨飾高原に行ってきました。この花を見てまだ一度も見たことない!!と思いました。花はキンポウゲ(ウマノアシガタ)に似ていましたが、葉が違います。家に帰ってから調べたらツルキツネノボタンでした。花はキツネノボタンよりずっとキレイです。
2010-06-22 21:46 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月21日 (Mon)

ウラジロヨウラク(ツツジ科ヨウラクツツジ属)


 裏白瓔珞。今日は今年初の八方尾根に行ってきました。途中から雨に降られましたが、楽しく過ごしてきました。
 1枚目の写真は展開しだした葉とまだ展開していない花です。数個の花が大きくなった白い花芽に包まれています。

 2枚目の写真は展開しだした葉と開き始めたばかりの花芽です。面白いものを見ることができました。

 3枚目の写真は2枚目の写真の花芽をさらに拡大したものですが、いったいどうなっているのやら、でもこれが数個の花になることは間違いないです・・。

2010-06-21 23:00 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月20日 (Sun)

サンカヨウ(メギ科サンカヨウ属)


 山荷葉。サンカヨウの登場は4回目です。また透き通ったサンカヨウも3回目。雨に濡れるとこのように透き通るのですが、このガラス細工のようなサンカヨウを見ると、雨の日に来てよかったなと思います。昨日も書きましたが、今年は雪が多く栂池自然園の春の花はこれからです。是非、遅い春を楽しみにいらしてくださいね。
2010-06-20 23:19 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月19日 (Sat)

まだ雪でいっぱいの栂池自然園


 今日友人と栂池自然園に行ってきました。6月4日に行ってから、2週間経っているので、もう少しは雪融けが進んでいるかと思いましたが、ご覧の通りです。木道は2週間前より出ていましたが、大部分は掘ったようです。ミズバショウもまだ見えてもいませんが、本当に咲くのでしょうか??
2010-06-19 23:33 in 風景 | Comments (2) #

2010年6月17日 (Thu)

クサイチゴ(バラ科キイチゴ属)


 草苺。今日も秋吉台の花です。昨日は白いバラだったので、今日はバラ科のイチゴ。木本ですが、草のように見えるのでクサイチゴ。分布は本州、四国、九州だそうですが、白馬では見たことがありません。花は直径4センチと大きいです。今年は数種類のキイチゴのミックスジャムを作りたいな!!
2010-06-17 20:22 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月16日 (Wed)

ヤマイバラ(バラ科バラ属)


 山茨。6月はバラの季節ですね。ここのところ花の写真を撮っていないので、5月に秋吉台で撮った野のバラをご紹介します。5月11日の撮影です。秋吉台は山口県、本州の一番西ですから、花の咲くのが早いですね。長野県ではやっとノイバラが咲き出したところです。ヤマイバラは関西から西でしか見られないようです。花の大きさが4~5センチと大きく、華やかなバラでした。
2010-06-16 20:48 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月14日 (Mon)

影絵


 蔓植物はイケマ(ガガイモ科カモメズル属)。セリ科の花はシシウド属のなんでしたかね・・。空に向かって写したら影絵のようになりました。これも昨年のもの、7月22日の撮影です。ここのところ野暮用が立て込み、また天候のせいもあって、19日まで植物観察の予定なしです。古い写真を見てこれから先の植物観察の計画を建ててみます。
2010-06-14 20:25 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月13日 (Sun)

ヒロハヘビノボラズ(メギ科メギ属)


 広葉蛇登らず。今日もアップの写真です。逆光に葉脈がよく見えています。この写真は昨年6月28日の撮影です。今年もまだ八方尾根には出かけていません。6月中に一度は行きたいなと思ってはいるのですが・・。
 とても小さい花です。また八方尾根では木の高さも大きくならず膝下くらいの高さしかありません。実際の大きさの感じは2006年7月1日のブログをご覧下さいね。
2010-06-13 23:13 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月11日 (Fri)

ミズバショウ(サトイモ科ミズバショウ属)


 水芭蕉。このブログでも何度もご紹介していますが、今日は大写しです。以前は大きさや葉がなるべく分かる写真を心がけていましたが、最近は2度目、3度目のものも多いので、接写に凝っています。
 何度も登場していますが、本当の花については書いてないですね。白く花に見えるのは苞(ほう)で、緑色の棒が花の集合体です。黄色の1つ1つが1つの花の一部ということになるわけです。その花が苞にスタンプで押されたようにようになっているのが面白いでしょう?
2010-06-11 21:48 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月10日 (Thu)

ウリハダカエデとオガラバナ(カエデ科カエデ属)


 瓜膚楓。葉も花も出始めたばかりです。もう少しすると黄色く色がついてきます。この時期は葉が展開する前のものが多くて、何の木か分からないものが多いです。でも、少しだけでも花のつぼみが見えたり、葉が開いてくれたりすると、それが手がかりになって樹木の名前が分かります。

 麻幹花。これも葉がわずかに開いて蕾が顔を見せています。上のウリハダカエデはカンザシのように垂れ下がって咲きますが、オガラバナの方は花穂が上を向いて咲きます。
2010-06-10 20:13 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月9日 (Wed)

キハダ(ミカン科キハダ属)


 黄蘗。昨年、冬芽をご紹介しましたが今年は新芽です。植物マニアの経歴はたかだか10年余りなので、知らないものばかりで、名前は知っていても、昨年このキハダを初めて認識しました。昨年、特徴ある葉痕を覚えてなんとか見分けられるようになりました。このように葉(芽)が対生になっているもので、90度ずつ角度が変わり、上から見ると十字に見えるものを十字対生と言います。
2010-06-09 19:59 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月8日 (Tue)

コマガタケスグリ(ユキノシタ科スグリ属)


 駒ケ岳酸塊。前回ご紹介したときは実に成りかかっていましたが、今回はつぼみです。前は3メートルくらいの大きくなった木でしたが、今回はまだ枝が張っていない若い木でした。今まであまり気がつきませんでしたが、栂池自然園からゆっくりぶらぶら歩いて降りてくるときに何本か見かけました。

 2枚目の写真はコマガタケスグリの花の写真です。一度しっかり覚えると、別の場所でも目に入ってくるものですね。これでしっかり覚えました。
2010-06-08 21:10 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月7日 (Mon)

ズダヤクシュ(ユキノシタ科ズダヤクシュ属)


 喘息薬種。2008年8月2日に続いて2度目のご紹介です。
 最近デジカメの接写が好調で今回も小さな小さな花の細部が写っているので載せることにしました。よく見ると花から細い糸のようなものが見えています。なんとその糸のようなものが花びらなのだそうです。そして花に見えるのは萼なのですって。虫眼鏡で見ないとなかなか気がつかないものをカメラが読み取ってくれるので接写機能は重宝ですね。
2010-06-07 20:48 in 野草 | Comments (1) #

2010年6月5日 (Sat)

アオジクスノキ(ツツジ科スノキ属)


 青軸酢の木。昨日栂の森で写しました。目立たない小さな木で、花も目立ちません。調べてみたらこのブログ初登場でした。

 この花は倒れて、さらに根っこだけになったところに咲いていました。苔生して倒れた根っこの上には、タケシマランやユキザサ、ゴゼンタチバナなどが見えています。
 この写真の左上のすみの方に1枚目の写真のアオジクスノキが写っています。
2010-06-05 23:17 in 樹木 | Comments (2) #

2010年6月4日 (Fri)

ツノハシバミ(カバノキ科ハシバミ属)


 角榛。今日は栂池自然園に行き、帰りはロープウェイに乗らずに栂の森まで歩いて降りてきました。写真は歩いて降りてくる途中で撮りました。
 鱗片の間から出ている赤い糸のような物が雌花の柱頭です。そして下に垂れ下がっているのが雄花です。ツノハシバミの名は果実の形からきています。実がなっている写真が撮れたらご紹介しますね。秋ですけど・・。
 おまけの写真はまだ雪深きミズバショウ湿原です。水の流れのあるところからクレーターのように雪が溶けた穴ができます。溶けたところにミズバショウが咲いていきます。栂池自然園の花の季節は始まったばかりです。今年こそ栂池自然園の花を楽しみにいらしてくださいね。
 今日の栂池の様子をスライドショーでご覧下さい。

2010-06-04 21:33 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月3日 (Thu)

コガクウツギ(ユキノシタ科アジサイ属)


 小額空木。久々に秋吉台で写した写真です。昨日はツクバネウツギ。同じウツギと名がついても、昨日はスイカズラ科、今日はユキノシタ科です。
 この木は近畿以西にある木で、長野県にはありません。初めて見た木です。インターネットで検索していろいろ見てみましたが、花びらの変化が大きいようですね。枚数も3~5枚、切れ込みのある花びらもありました。
2010-06-03 22:43 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月2日 (Wed)

ツクバネウツギ(スイカズラ科ツクバネウツギ属)


 衝羽根空木。花の散ったあとの萼を羽つきの羽に見立てて衝羽根です。初めて見ましたが、花の中に黄色の網目模様があってきれいでした。木の高さが膝くらいの小さな木でした。
 今日は大町市にある国営アルプス安曇野公園に行き、友人と総勢8人でノルディックウォーキングの体験教室です。講師は友人の中の1人です。公園のボランティアガイドもしているので、植物のガイドや広い公園のコースもガイドしてくれました。適度な運動で帰りのランチが美味しかったです!!
2010-06-02 22:42 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月1日 (Tue)

オノエヤナギ(ヤナギ科ヤナギ属)


 尾上柳。
2010-06-01 23:49 in 樹木 | Comments (0) #