2010年4月28日 (Wed)

マルバゴマギ(スイカズラ科ガマズミ属)


 少し前(4月14日)にまだ芽鱗に覆われている、たぶんマルバゴマギをご紹介しましたが、今日は芽鱗から新芽を覗かせているマルバゴマギです。親海湿原の毎年見ている場所のモノなので、マルバゴマギに間違いありません。
 このように生えている場所を覚えていると良いのですけど・・。
2010-04-28 23:28 in 樹木 | Comments (0) #

2010年4月27日 (Tue)

ハリギリ(ウコギ科ハリギリ属)


 針桐。ハリギリの名は鋭いトゲと葉の形に拠ります。ちょっと見ただけではタラノキと間違えるかも知れませんが、刺がタラノキの刺より太くて鋭くそしてまばらです。上の方だけ見ると、サザエみたいに私には見えます。タラの芽のように食べられますが、みんなあまり食べないようですね。あっさりした味で私は結構好きです。この芽はまだ小さくて食べられませんけどネ。あと2週間くらいしたら食べ頃かも。
2010-04-27 00:25 in 樹木 | Comments (0) #

2010年4月20日 (Tue)

アブラチャン(クスノキ科クロモジ属)


 油瀝青。アブラチャンの冬芽を昨年ご紹介しました。今日は咲いた花を撮ってきました。このブログでは花は初めてご紹介します。昨日のフサザクラでも書いたように、他に先駆けて咲いています。この写真は白馬村大出の姫川沿いで撮りました。ここにはたくさんのアブラチャンの木があります。

2枚目の写真は花のアップです。まだ開かない葉芽も色付いて綺麗です。
2010-04-20 21:44 in 樹木 | Comments (0) #

2010年4月19日 (Mon)

フサザクラ(フサザクラ科フサザクラ属)


 房桜。2007年11月1日に実をご紹介し、昨年12月6日には冬芽をご紹介しました。花は見たことが無かったのですが、やっと昨日出会うことができました。図鑑に依ると他の花に先駆けて咲くとありました。確かにフサザクラ以外に見た花はダンコウバイとアブラチャンのみでした。

2枚目は拳の様な冬芽から花をのぞかせたばかりのフサザクラのつぼみです。ご覧のようにフサザクラの花には花弁はありません。
2010-04-19 22:13 in 樹木 | Comments (0) #

2010年4月18日 (Sun)

バッコヤナギ(ヤナギ科ヤナギ属)


 跋扈柳。別名ヤマネコヤナギ。バッコヤナギの名の由来は定かではないようです。
 今の時期、橙褐色の冬芽が目につきます。冬芽の中から花が顔をだしています。

2010-04-18 23:27 in 樹木 | Comments (0) #

2010年4月14日 (Wed)

マルバゴマギとケナシヤブデマリ(スイカズラ科ガマズミ属)


 丸葉胡麻木。マルバゴマギの葉痕です。2枚目の写真の葉痕も見てください。双子のようにそっくりだと思いませんか? あまりにそっくりなので、初めは同じ木かと思いました。が、芽の色が全然違います。それでちょっと調べました。100パーセントの自信はありませんが、マルバゴマギではないかと・・・。

 毛無藪手毬。ケナシヤブデマリの葉痕。だと思います。2枚とも姫川源流付近で写しました。後日確かめてみます。もしご存知の方がいらしたら教えてくださいね。なお、同じガマズミ属のオオカメノキの葉痕もそっくりです。
2010-04-14 21:08 in 樹木 | Comments (0) #

2010年4月13日 (Tue)

コブシ(モクレン科モクレン属)


 辛夷。今年はじめて姫川源流に行ってきました。
コブシの冬芽がだいぶ膨らんで毛に覆われた芽鱗がそろそろ剥がれそうでした。大きい芽は花芽、横に付いている小さな芽は葉芽です。
2010-04-13 19:53 in 樹木 | Comments (2) #

2010年4月10日 (Sat)

立山遠望


 アルプのスキーシーズンが終わってリフレッシュ旅行に行ってきました。上の写真は4月9日朝6時前、氷見で泊まった宿から写した写真です。左に立山連峰の劔岳、その右に別山、大日岳、雄山などが連なっています。

 2枚目の写真も同じく立山連峰。宿を出て、氷見から七尾までバスで行き、七尾線で津幡へ。さらに富山にでました。富山では念願の富山市役所の展望台(約70メートルの高さです)へ行きました。そこから撮ったのがこの写真です。8日、9日と天候に恵まれ見たいと思っていた海越しの立山連峰を見ることができ大満足でした。
2010-04-10 23:30 in 風景 | Comments (1) #

2010年4月6日 (Tue)

カラスザンショウ(ミカン科サンショウ属)


 鴉山椒。皆様大変ご無沙汰しました。最近何人かの方から、いつになったら更新するの? というお電話やメールをいただき恐縮しています。
 さて、再開の1つ目はカラスザンショウの葉痕と新芽です。撮影は昨年の4月26日。撮影した時は植物の名前がわからず放置してありましたが、昨日、何か無いかなと去年の写真を見て「何だこれはカラスザンショウじゃないの」と気がついた次第・・。冬芽と葉痕の勉強?を始めたのは秋だったので、ずい分長い間この写真に気がつかなかった訳です。
2010-04-06 09:21 in 樹木 | Comments (2) #