2010年12月19日 (Sun)

岩岳スキー場オープン


 本日岩岳スキー場がオープンしました。まだ山頂の一部しか滑れませんが、来週も雪の予報が出ているので、全面オープンも近い??
 今日は上まで行ってみましたが、ゴンドラの運行が8時ではなく9時からだったので、ちょっと空気がぼけてきていました。それでも白い山に影がくっきりと写って冬の山らしくなっていました。
 山はもうお馴染の左が鹿島槍ヶ岳、その右が五竜岳、左下から右上にかけて八方尾根です。

2010-12-19 22:10 in 風景 | Comments (0) #

2010年12月18日 (Sat)

オオタカネバラ(バラ科バラ属)


 大高嶺薔薇。オオタカネバラの実です。タカネバラの実は紹介したことがあるのですが、大タカネバラの実は初登場です。とは言っても、写真に書いておかないと、どちらの実かわかりません。この写真はタコみたいで面白いでしょ?


2010-12-18 22:53 in 樹木 | Comments (0) #

2010年12月17日 (Fri)

空の色


 残念ながら今日も写真を撮りませんでした。今年撮った写真の中から唐松岳と太陽の残りを映す微妙な空の色を。何色というのでしょうか?
 先シーズン1月11日岩岳スキー場で撮影しました。今シーズン、クリスマスの頃には岩岳スキー場もオープンするのでしょうか? 12月、1月は早く日が暮れるので、ゴンドラの動いている時間に日が沈みます。ある意味でチャンスですよね。1月も半ばを過ぎると、日が長くなって明るいうちに降りてこなければならないですから。
2010-12-17 23:54 in 風景 | Comments (0) #

2010年12月16日 (Thu)

大望峠と槍が岳


 今日は何を載せようかなと今年撮った写真を見ていて気が付きました。6月に撮った写真に槍が岳が写っていました。画像を大きくしたので荒れていますが、真ん中に槍が岳(3180m)直ぐ左が大喰岳(3101m)その左が中岳(3084m)です。国内山岳ベストランキングの5、10、12番目です。

 2番目の写真は一番左が蝶が岳一番右が野口五郎岳? ほぼ真ん中に槍が岳です。

 3枚目は2番目よりも右(北)の写真で一番右の近くに見えている山は戸隠の一夜山、一夜山の左に白馬の山々が見えています。撮影場所は鬼無里村(現長野市)の大望峠です。

2010-12-16 23:21 in 風景 | Comments (0) #

2010年12月14日 (Tue)

ヒトツバカエデ(カエデ科カエデ属)


 一ツ葉楓。昨日と同じく昨年12月10日に撮った冬芽です。下に今年の春撮った新芽を並べて見ました。こうして並べて見ると、枝振りの特徴がよくわかります。

 再掲ですが、枝振りがそっくりなので載せて見ました。このブログでは、まだ展開した葉も、花も紹介していないので、来春には葉や花を紹介したいと思います。
2010-12-14 22:57 in 樹木 | Comments (3) #

2010年12月13日 (Mon)

スイカズラ科ガマズミ属の冬芽


 深山鎌酸実。ミヤマガマズミ。去年の写真の中からガマズミと言う名前のついた3種の冬芽をお届けします。1枚目のミヤマガマズミ、芽にも枝にも毛がありません。4枚の芽鱗に包まれています。

 小葉の鎌酸実。コバノガマズミ。2枚目はゴバノガマズミ。芽にも枝にも毛があります。2~4枚の芽鱗に包まれます。
 鎌酸実。ガマズミ。コバノガマズミよりさらに毛深いです。花や実が見えているときは、あまり毛には目が向きませんが、来年はそのあたりをよく観察してみます。今年もそこそこに植物観察に出かけたつもりでしたが、全体に木の実は少なかったので、また熊の出没が多かったせいもあって、実や冬芽の観察はほとんどしなかったように思います。
2010-12-13 23:31 in 樹木 | Comments (0) #

2010年12月11日 (Sat)

ハウチワカエデとヤマモミジ(カエデ科カエデ属)


 羽団扇楓。去年12月10日の撮影です。去年は冬芽にこっていてたくさん冬芽の写真を撮りましたが、今年は冬芽の写真を全然撮っていません。それで、去年の中からご紹介していないものを、少しずつ載せていこうと思います。

 2枚目は山紅葉です。カエデ科の一番の特徴は葉が対生であることです。
2010-12-11 22:23 in 樹木 | Comments (0) #

2010年12月5日 (Sun)

電車の窓から見た南アルプス


 1日から今日まで東京方面に出かけていました。写真は今日帰りの特急「あずさ」の座席から撮った、太陽の右が赤石岳、そのまた右が荒川岳(悪沢岳)です。電車の中からではなく展望の良い場所でじっくり眺めたいものです・・。
 撮影は16:18。勝沼付近。
 赤石岳3120m、標高第7位。
 荒川岳(悪沢岳)3141m、標高第6位。
2010-12-05 22:11 in 風景 | Comments (0) #

2010年11月30日 (Tue)

白馬岳と小蓮華山


 白馬岳はつい白馬三山として紹介してしまいますが、白馬岳と小蓮華山の組み合わせもなかなか良いです。24日の小谷村・眺望の郷から撮った小蓮華山はいつもと違う形を見せています。

 2枚目は白馬村・白沢峠への道で撮った2つの山の記念写真です。小蓮華山に当たる夕日がきれいでした。

2010-11-30 19:30 in 風景 | Comments (2) #

2010年11月28日 (Sun)

鹿島槍ヶ岳と五竜岳


 またまた、24日に撮った写真の中からですが、1枚目が鹿島槍ヶ岳。

 2枚目が五竜岳です。それぞれ単独で写した、山の肖像写真です。
2010-11-28 22:25 in 風景 | Comments (0) #

2010年11月27日 (Sat)

爺が岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳


 今日も24日に写した山岳展望です。2ヶ所からの写真をご紹介しましょう。1枚目は小谷村・眺望の郷からの、左から爺が岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳。

 2枚目は白馬村。白沢峠に向かう道から写した爺が岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳です。
2010-11-27 23:56 in 風景 | Comments (2) #

2010年11月26日 (Fri)

小谷村・眺望の郷


 小谷村・眺望の郷からの風景です。素晴らしい眺望なのですが、道が狭いのでつい足が遠のきます。でも、一昨日は行って良かったです。こんなに端から端まで見えるとはラッキー!!でした。
 左から、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、不帰ノ嶮、天狗尾根、白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳、小蓮華山です。
2010-11-26 23:32 in 風景 | Comments (0) #

2010年11月25日 (Thu)

朝の白馬三山


 今日はモルゲンロートを期待したのですが、残念ながら赤くはなりませんでした。それでも昨日お見せした午後の山とは違ってやはり朝の色です。月も朝の景色に変化を与えてくれましたが、月の位置には文句を言えませんから・・・。
撮影時間は6時45分。

2010-11-25 22:05 in 風景 | Comments (0) #

2010年11月24日 (Wed)

白馬三山・三態


 今日は午後からとても良いお天気になり、用事のついでに足を延ばした、小谷村・眺望の郷からの景色が良かったので、合わせて3ヶ所で眺望を楽しんできました。
 1枚目は眺望の郷からの白馬三山。14時36分。

 2枚目は白馬村峰方から白沢峠に上がる道の途中で。白馬三山。16時20分。

 3枚目は旧白馬ハイランドスキー場から。16時40分。
 今日は大満足の眺望散歩でした。


2010-11-24 21:39 in 風景 | Comments (0) #

2010年11月21日 (Sun)

五竜岳


 朝日の当たる五竜岳。13日の蕨平からのパノラマ写真、一番左が「五竜岳」と書いたところ、間違いで「唐松岳」だよ、とのご指摘を「ゆおじさん」からいただきました。確かに・・・。それで、すでに訂正しました。五竜岳も見えていたのでうっかりしましたが、もう一度写真を見直して、同じ場所を少し下に降りてきた場所で写した五竜岳をお見せします。雲の左に武田菱の雪形になるところが見えています。
2010-11-21 10:47 in 風景 | Comments (0) #

2010年11月19日 (Fri)

霜の降りた朝


 今朝、外を見たら林越しに真っ白になった田圃が見えました。写真に撮ろうと2、3分歩いて栂池に向かう県道に行きました。田圃は窓から見た程には白くなかったですが、写真を撮りました。山は東の山で、一番遠くに見える山は東山という名前です。時間は午前7時ちょっと過ぎ。

 2枚目は1枚目とほぼ同じ場所で西の山を撮りました。西の山はすなわち北アルプスで、八方尾根と唐松岳を撮りました。
 西の山は朝日が当たってきれいでした。
2010-11-19 20:30 in 風景 | Comments (0) #

2010年11月17日 (Wed)

サルオガセ(サルオガセ科サルオガセ属)


 猿尾枷。カテゴリーは適当なものがないので、きのこに入れましたが、地衣類に属します。あまり詳しいことは知りませんが、枯れそうなオオシラビソに着いています。サルオガセには深山の趣があります。
2010-11-17 23:15 in きのこ | Comments (0) #

2010年11月16日 (Tue)

サラサドウダン(ツツジ科ドウダンツツジ属)


 更紗灯台。サラサドウダンの冬芽です。今年はほとんど花が咲かなかったので、来年の花が楽しみです。
 撮影は11月1日栂池自然園です。
2010-11-16 22:06 in 樹木 | Comments (0) #

2010年11月15日 (Mon)

オオバセンキュウ(セリ科シシウド属)


 大葉川芎。オオバセンキュウの種です。生えている場所や草の丈などから判断しています。こういう色好きです。
 いつもこの時期になると植物ネタが減って風景が多くなります・・。またお天気の良い日にカメラスポットを探しにいくつもりです。


2010-11-15 21:36 in 野草 | Comments (0) #

2010年11月13日 (Sat)

白馬村・蕨平からのパノラマ


 左は雲に隠れていますが唐松岳。右はコルチナスキー場のあたりです。7枚の写真をつなげました。
2010-11-13 22:53 in 風景 | Comments (0) #

2010年11月12日 (Fri)

白馬村・野平


 昨日写した2枚をつなげてパノラマ写真にしました。野平はいつ行っても良いところです。時間が少ししかないときにお薦めのスポットです。
2010-11-12 22:09 in 風景 | Comments (2) #

2010年11月11日 (Thu)

白馬村の朝


 今日は朝霧の中、このブログを楽しんで下さる皆様に代わって散歩(散車)に行ってきました。時間の順に4枚の写真をお見せします。
 1枚目は8時3分野平から見た白馬三山。白馬三山の下は岩岳スキー上です。

 2枚目は杉と朝日。8時30分旧白馬ハイランドスキー場です。

 3枚目は旧白馬ハイランドスキー場から北の方を写しました。山は左寄りに白馬乗鞍岳。右下は蕨平集落です。8時38分。

 4枚目はお馴染み白馬大橋付近で写した八方尾根。今、カラマツの黄葉がきれいです。9時22分の撮影。このあと帰ってきました。
 皆様にも晴天の日の白馬を楽しんでいただきたいものです・・。

2010-11-11 11:50 in 風景 | Comments (0) #

2010年11月9日 (Tue)

ミネカエデとオガラバナ(カエデ科カエデ属)


 峰楓。ミネカエデの冬芽です。ミネカエデとオガラバナの葉は形がよく似ているので、最初の頃は迷いました。葉がすっかり落ちて冬芽を撮ってみると、違いが分かりました。この写真のようにミネカエデはつるっとしています。

 麻幹花。オガラバナの冬芽です。オガラバナは幹にも冬芽にも細かい毛が生えています。そう思って見てみると、葉もミネカエデの葉や枝には毛がなく、オガラバナには毛があります。
2010-11-09 21:20 in 樹木 | Comments (0) #

2010年11月7日 (Sun)

岩岳からの眺め・その4


 11月4日の中からまだ登場していない山を。1枚目は八方尾根と唐松岳、不帰ノ嶮。八方尾根の上は既出の鹿島槍ヶ岳と五竜岳。

 左が四阿屋山。右が浅間山。

 一作日の八ヶ岳と右のほうに南アルプス。

2010-11-07 10:02 in 風景 | Comments (2) #

2010年11月6日 (Sat)

岩岳山頂からの眺め・その3


 一作日の白馬乗鞍岳です。まだらについた雪が白馬乗鞍岳の雪形、鶏を思い出させます。まだ下の方は紅葉していました。

 2枚目の写真は昨年の5月20日、栂池自然園オープンの日に自然園から写した白馬乗鞍岳の鶏の雪形です。雪が融けて黒くなっているところは額縁の代わり、その中の白い雪の部分が鶏です。足が4本に見えるところから、鶏よりもカモシカだという人も多いです。

 それで3枚目はカモシカの写真。これも一作日岩岳山頂で撮影しました。わずか10数メートルのところに逃げもせず、こちらを眺めていました。カモシカの後ろが明るかったので、近くで写したのにもかかわらず、ボケた写真になってしまいました。残念!
2010-11-06 13:20 in 風景 | Comments (0) #

2010年11月5日 (Fri)

岩岳からの眺め・その2


 1枚目は岩岳山頂から北西方向やや北よりを写したものです。左から雨飾山、焼山(山頂のみ見えています)、火打山(真っ白の山)、妙高山(手前の堂津岳の右にピーク)、乙妻山高妻山の山塊が見えています。直ぐ下に見える街は栂池の旅館街です。

 2枚目は岩岳山頂から南西方向やや南寄りを写したものです。正面に見えるのが八ヶ岳です。下の街は白馬村中心部です。スキー場は白馬駅裏側にある白馬ハイランドスキー場です。

2010-11-05 21:59 in 風景 | Comments (0) #

2010年11月4日 (Thu)

岩岳山頂からの眺め


 鹿島槍ヶ岳と五竜岳。今日は素晴らしいお天気に誘われて朝一番にゴンドラに乗って岩岳の山頂に行ってきました。五竜、八方、栂池のゴンドラのグリーンシーズンの営業は昨日で終わりました。岩岳のゴンドラは11月14日まで営業しています。

 白馬三山。素晴らしい景色だったのですが、写真は今ひとつでした。1日の栂池のようにお天気が悪いときの方が気に入った写真が撮れるようです・・。
2010-11-04 23:57 in 風景 | Comments (0) #

2010年11月3日 (Wed)

今シーズン最後の八方尾根


 今日はグリーンシーズン営業最終日の八方尾根に行ってきました。午前中はあまり天気が良くなかったので午後1時過ぎから出かけました。昨日、一作日と降った雪で兎平から上は真っ白でした。それで、ゴンドラとリフトに乗っただけで景色を眺めて帰ってきました。
 写真は手前のケルンが第一ケルン。正面に見える山は戸隠です。
 白馬の山々は雲に覆われてほとんど見えなかったのですが、遠くに南アルプスを見ることができました。左の三角の山が甲斐駒ケ岳、中程の高い山は北岳です。


2010-11-03 22:01 in 風景 | Comments (2) #

2010年11月2日 (Tue)

クロツリバナ(ニシキギ科ニシキギ属)


 黒吊花。クロツリバナの冬芽です。昨日、栂池自然園で撮影しました。いよいよ葉も実も無くなってきて、それが何の木なのかを判断するのに、そこに何があったか思い出すのが一苦労です。

 それでも近くに、まだ実の殻が残っていたので、クロツリバナだと分かりました。
2010-11-02 23:39 in 樹木 | Comments (0) #

2010年11月1日 (Mon)

今シーズン最後の栂池自然園


 今日は11月3日でクローズになる栂池自然園に友人と行ってきました。雨の予報でしたがそこそこのお天気で白馬三山も見えてくるかと期待しました。浮島湿原では小蓮華山が見えてきてもう少しで白馬岳も見えるかと思ったのですが・・。

 2枚目の写真は、あられ混じりの雨と雷の音まで聞こえ、誰もいなくなった展望湿原のテラスです。いつもは人がいなくなることはない場所です。

 3枚目は私と友人以外は誰もいなかったと思われるワタスゲ湿原にかかる虹です。あの素晴らしさが写真ではお伝えできないのが残念です。今まで見た中で最高の虹でした。

 そして4枚目は栂池自然園の入り口の栂池ヒュッテの上に架かる虹です。最初に虹に気が付いたのが午後1時20分頃で、この写真を撮ったのが1時50分頃。30分の素敵な時間でした。

2010-11-01 22:05 in 風景 | Comments (0) #

2010年10月26日 (Tue)


 今日は大きな虹を見ました。思わず虹に向かって道を曲がり写しました。背景は選べませんでしが、このあと色が薄くなってしまいました。
2010-10-26 21:36 in 風景 | Comments (2) #

2010年10月25日 (Mon)

シラカバ(カバノキ科カバノキ属)


 白樺。今年の紅葉は今ひとつとお伝えしましたが、その上、熊の出没が多くなかなか一人では出かけられません。熊はコナラなどのドングリを食べて冬眠に備えるのですが、今年はほとんどドングリの実が生っていません。熊もかわいそうですよね・・。
 写真は20日に行った戸隠・鏡池で撮影したものです。紅葉の名所ですが、今年はどこもパッとしませんね。山の写真でもと思うのですが、山も良い姿を見せてくれません。23日は素晴らしいお天気だったのですが、切久保そば祭りの当番で一日中さら洗いをしていました・・。
2010-10-25 19:06 in 樹木 | Comments (1) #

2010年10月20日 (Wed)

戸隠


 今日はお客さまを戸隠にご案内しました。いつもなら戸隠・鏡池の紅葉がちょうど良い時期の筈なのですが、今年はどこの紅葉もぱっとしないようですね。去年もぱっとしないと書いてありました・・。目の覚めるような紅葉は数年に一度なのでしょうか・・。
2010-10-20 21:54 in 風景 | Comments (4) #

2010年10月18日 (Mon)

ベニバナイチゴ(バラ科キイチゴ属)


 紅花苺。キイチゴ属の花の色は白が断然多いですが、ベニバナイチゴは黒っぽい赤です。枯れた葉と実はご紹介したことがありますが、紅葉の写真は初めてです。ベニバナイチゴの紅葉を初めて認識したような・・。
2010-10-18 19:54 in 樹木 | Comments (0) #

2010年10月17日 (Sun)

ウラジロナナカマド(バラ科ナナカマド属)


裏白七竃。またまたウラジロナナカマド・・。葉柄の落ちたウラジロナナカマドの冬芽です。昨日、今シーズン10度目の栂池自然園に行ってきました。

 2枚目もウラジロナナカマド。これは冬芽の色が赤かったです。ほとんどは1枚目のようにむらさきがかった色をしているのですけれど。それに、実も残っていたので写してみました。

 3枚目は浮島湿原に行く登り道の途中から見た栂池自然園です。前景はまだ紅葉しているウラジロナナカマドです。15日は風が強く葉がずい分落ちたそうです。すっかり初冬の様相になっていましたが、暖かくとても穏やかな気候でした。初冠雪はいつになるのでしょうね?
2010-10-17 21:46 in 樹木 | Comments (0) #

2010年10月15日 (Fri)

ウラジロナナカマド(バラ科ナナカマド属)


 裏白七竃。ウラジロナナカマドの冬芽です。赤い枝との対比が面白くて撮りました。赤い枝の拡がりが、元気な健康優良児のように見えませんか? そして葉っぱが歌を歌っているような・・・。
 よく見れば赤い枝は葉柄で間もなく落ちて失くなってしまう・・・。
2010-10-15 20:50 in 樹木 | Comments (0) #

2010年10月14日 (Thu)

クルマユリ(ユリ科ユリ属)


 車百合。クルマユリの実です。なかなか良いデザインですよね。赤い実特集をしようと思ったのですが、既出が多くて・・・。
2010-10-14 23:14 in 野草 | Comments (0) #

2010年10月13日 (Wed)

マイヅルソウ(ユリ科マイヅルソウ属)


 舞鶴草。またマイヅルソウです。マイヅルソウの実は最初はこのように薄い色のマーブル模様のあと透き通った赤い実になります。

 2枚目は赤い実のマイヅルソウ。この写真に見られるように葉も透き通って、最後は実が落ちるよりも早く葉が無くなります。


2010-10-13 21:07 in 野草 | Comments (0) #

2010年10月12日 (Tue)

オオバスノキ(ツツジ科スノキ属)


 大葉酢の木。赤い実シリーズではなく黒い実ですけど、初登場のオオバスノキの実です。花のときはオオバスノキかウスノキかで悩まされるのですが、実になるとウスノキの赤に対して黒なので自信を持ってオオバスノキ!です。紅葉もきれいな赤なのですが、すっかり散っていますね。写真は去年10月1日の撮影です。


2010-10-12 21:29 in 樹木 | Comments (0) #

2010年10月11日 (Mon)

ヒロハテンナンショウ(サトイモ科テンナンショウ属)


 広葉天南星。マムシグサによく似ていますが、どこか違う・・。マムシグサは花が葉より上にあるのに、このヒロハテンナンショウは葉の下に花がつきます。里では見たことがないので、きっと標高の高いところに咲くのでしょうね。これは栂池の栂の森湿原付近で見ました。

 そう言えば6月にロープウェイを歩いて降りるときにヒロハテンナンショウの花を写したのを思い出しました。背景が良くなかったのですが、参考までに撮ってありました。マムシグサとの違いを見てくださいね。 
2010-10-11 22:11 in 野草 | Comments (0) #

2010年10月7日 (Thu)

タケシマランとマイズルソウ(ユリ科)


 竹縞蘭と舞鶴草。2種類の花の実の競演です。左の2つの赤い実はタケシマラン、右奥の2つの赤い実はマイヅルソウです。赤い実がいろいろ目に飛び込んできます。赤い実シリーズを続けてみようかなぁ。
 2種ともユリ科の花でタケシマラン屬とマイヅルソウ属です。撮影は10月6日栂池自然園。
2010-10-07 23:16 in 野草 | Comments (0) #

2010年10月6日 (Wed)

栂池自然園の秋


 今日は9月19日以来の栂池自然園に行ってきました。今シーズン9度目の栂池自然園です。紅葉真っ最中の3枚の写真をお見せします。1枚目は大好きな浮島湿原の浮島です。今年の紅葉のピークは10月9日、10日、11日の3連休と言われていますが、的中しそうな気配です。今日はまだまだ色づいていないものも多かったです。

 2枚目の写真は浮島湿原からやせ尾根経由で展望湿原から降りてくる途中で見た栂池自然園の全景です。右端に1枚目の写真の浮島が見えています。今日はあいにく時々雨模様で、霧も出ていたのですが、このときは全景が見えました。

 3枚目は2枚目の写真の一番左に見える栂池ヒュッテの写真です。栂池ヒュッテについては2007年10月5日のブログを見てくださいね。今年の紅葉はイマイチですが、それでもやっぱり栂池自然園です!! ぜひお出かけくださいね。
2010-10-06 22:46 in 風景 | Comments (0) #

2010年10月4日 (Mon)

イワシモツケ(バラ科シモツケ属)


 岩下野。イワシモツケの花はご紹介していますが、実は初登場です。この花もつぼみのときから実がなって枯れるまで楽しませてくれる花です。秋らしくて良い色調だと思います。
2010-10-04 20:51 in 樹木 | Comments (0) #

2010年10月3日 (Sun)

ヒロハヘビノボラズ(メギ科メギ属)


 広葉蛇登らず。9月29日に(撮影は8月31日)ご紹介したばかりですが、10月1日に撮ったものは葉が色づき始めていて、きれいだったので再登場です。
2010-10-03 23:14 in 樹木 | Comments (0) #

2010年10月2日 (Sat)

ミヤマウイキョウ(セリ科シラネニンジン属)


  深山茴香。このブログ4回目の登場。1回目は花。2回目はつぼみ。3回目は種。そして4回目は種が落ちて骸骨になった、でも葉がきれいに色付いているミヤマウイキョウです。撮影日は年は別にして、つぼみが7月15日、花が8月15日、実が8月28日、そして黄葉が10月1日です。姿を変えて長い間楽しませてくれる植物です。
2010-10-02 22:39 in 野草 | Comments (0) #

2010年10月1日 (Fri)

ミヤマトウキとミヤマシシウド(セリ科シシウド属)


 深山当帰。ミヤマトウキにわずかに種が残っています。この時期のミヤマトウキはほとんど軸だけになって、ミヤマトウキの骸骨みたいといつも思います。今日は約1ヶ月ぶりに友人と八方尾根に行き楽しい時間を過ごしてきました。

 深山猪独活。2枚目の写真はミヤマトウキとは対照的に圧倒的な質量で迫ってくるミヤマシシウドです。ホントすごいです・・。
2010-10-01 23:27 in 野草 | Comments (2) #

2010年9月30日 (Thu)

クロバナロウゲ(バラ科クロバナロウゲ属)


 黒花狼牙。8月8日に花を紹介しましたが、今日はクロバナロウゲの2つの写真をお見せします。1枚目は9月2日の撮影で、花からまさに実に変わろうとするときの写真です。

 2枚目はすっかり実になった写真です。バラ色の実はきれいですね。でもこのあとは葉が紅葉することもなく黒くなって目立たなくなります。
2010-09-30 20:29 in 野草 | Comments (2) #

2010年9月29日 (Wed)

ヒロハヘビノボラズ(メギ科メギ属)


 広葉蛇登らず。以前に実も葉も真っ赤に染まったヒロハヘビノボラズをご紹介しましたが、今日は8月31日に撮影した葉は緑、実は赤のときをお見せします。八方尾根ではせいぜい30センチの高さにしかなりません。地面にへばりつくように生えているのでつい見逃してしまいますが、よくみるととてもかわいいです。
2010-09-29 21:08 in 野草 | Comments (2) #

2010年9月27日 (Mon)

シナノサイコ(セリ科ミシマサイコ属)


 信濃紫胡。8月10日に花をご紹介しましたが同じ場所で撮影した実です。花は8月8日、実は9月2日に写しました。栂池自然園のやせ尾根は、何回も書いていますが、栂池自然園の中で他と違った植生が見られる場所です。1年に何度も同じ場所を訪ねると花の一生をたどることができてとても面白いです。皆さんも何回も白馬にいらしてくださいね。
2010-09-27 22:56 in 野草 | Comments (2) #

2010年9月26日 (Sun)

イブキゼリモドキ(セリ科シラネニンジン属)


 伊吹芹擬。セリ科は難しいですね。本はイブキゼリかイブキゼリモドキかのどちらかしか出ていなかったり、イブキゼリとイブキゼリモドキは同じものだと書いてあったり・・。総合すると、イブキゼリとイブキゼリモドキは同じもので、呼ばれ方は半々なのかなというところに落ち着きました。また訂正するかもしれませんが・・。実は他のセリ科とは色も形も違っていました。写真はピンぼけですが、まだ登場していなかったのでご紹介することにしました。
2010-09-26 22:44 in 野草 | Comments (0) #

2010年9月25日 (Sat)

ニワトコ(スイカズラ科ニワトコ属)


 接骨木。9月2日栂池自然園で撮影。このブログ初出です。完全に色づく前の実もすてきでしょ? 
 この春は山菜としてよく食べました。胡麻和えなどとても美味ですが、食べ過ぎるとお腹をこわします。便秘薬としては効果てきめんです。
2010-09-25 23:56 in 樹木 | Comments (0) #

2010年9月24日 (Fri)

ツルリンドウ(リンドウ科ツルリンドウ属)


 蔓竜胆。これも19日の栂池自然園で写したものです。花と実が隣り合って仲良く写っています。もう少し経ったら2つ実が並ぶのでしょうね。実ももう少し大きくなるでしょうからまた見てみたいものです。
2010-09-24 23:22 in 野草 | Comments (0) #

2010年9月23日 (Thu)

ゴヨウイチゴ(バラ科キイチゴ属)


 五葉苺。ゴヨウイチゴの実は初めてご紹介します。たくさんの実を付けないので花弁をつけない花同様あまり目を引きません。黄葉はきれいですが、色が付く前に枯れることのほうが多いのか、1度しか見たことがありません。もし今年きれいな黄葉を見ることができたらご紹介しますね。

2010-09-23 20:38 in 野草 | Comments (0) #

2010年9月22日 (Wed)

ヒロハユキザサ(ユリ科ユキザサ属)


 広葉雪笹。9月19日栂池自然園での撮影です。もう少したつと真っ赤になるのですが、この橙色の実が秋の始まりを感じさせてくれます。これから色づく実や落ちてしまった実、それぞれ成長の度合いが違うので、何度も足を運ばなければなりません・・・。
2010-09-22 20:43 in 野草 | Comments (2) #

2010年9月20日 (Mon)

クロミノタケシマラン(ユリ科タケシマラン属)


 黒実の竹縞蘭。黒い実がなるタケシマランです。存在は知っていたのですが、どこにあるのか知りませんでした。赤い実はすぐに目に入りますが、黒い実は目に付きにくいですしね。同行の小学生が「これは何?」と見つけてくれました!!
 昨日と同じ栂池自然園です。

 竹縞蘭。2枚目は普通の赤い実のタケシマランです。こちらは前回9月2日に撮影したものです。高さ20センチほどの植物で、そのうえ葉の下に実が付いているので写しにくいことこの上なしです。
2010-09-20 22:38 in 野草 | Comments (0) #

2010年9月19日 (Sun)

チョウジギク(キク科ウサギギク属)


 丁子菊。今日は今年8回目の栂池自然園に友人やそのお客さんと5人で行ってきました。いくつか収穫がありましたがその中のひとつがこのチョウジギクです。栂池自然園では2ヶ所しか咲いている場所を知らなかったのですが3つ目の場所を発見!!しました。大好きな花なので嬉しいです!!

 2枚目の写真は久しぶりに終日見えていた白馬三山。展望湿原からで、白馬大雪渓を望むことができました。
2010-09-19 23:01 in 野草 | Comments (0) #

2010年9月17日 (Fri)

ハクサンボウフウ(セリ科カワラボウフウ属)


 白山防風。セリ科の花はよく似ていますが、種はいろいろで形を覚えれば同定の助けになります。今なら種を撮ることができるのでいくつか撮りたいと思っています。
2010-09-17 22:50 in 野草 | Comments (0) #

2010年9月16日 (Thu)

キヌガサソウ(ユリ科ツクバネソウ属)


 衣笠草。登場させたかと思っていたのですが大分前に1度ご紹介しただけでした。これは9月の2日に栂池自然園で写したもので、中心の実が大きくなってきても花が散らずに残っていて独特の雰囲気を出しています。
2010-09-16 23:55 in 野草 | Comments (0) #

2010年9月14日 (Tue)

タムラソウ(キク科タムラソウ属)


 田村草。まだ開ききっていないタムラソウの中心を撮ってみました。初めてこのように開いていくのに気が付きました。
2010-09-14 22:47 in 野草 | Comments (0) #

2010年9月13日 (Mon)

イワショウブ(ユリ科チシマぜキショウ属)


 岩菖蒲。夏も終わりになってくるとイワショウブの色の変化が楽しいです。この時は種になった中に1つだけ花びらが残っているのを見つけてそれを撮ってみました。撮影は8月31日八方尾根です。
2010-09-13 21:06 in 野草 | Comments (0) #

2010年9月12日 (Sun)

カライトソウとハッポウワレモコウ(バラ科ワレモコウ属)


 唐糸草。カライトソウは先の方から咲いていきます。アップで見るとまるで着物の絞りのようなつぼみで、なかなかおもしろいです。咲いて時間が経ったものはダラっとしてちょっとくたびれたかんじですね。だんぜんつぼみの方がかわいい!!と思いますよね??

 八方吾亦紅。ワレモコウとカライトソウの雑種です。カライトソウより穂が短く葉も小型です。でも3枚目の写真のハッポウワレモコウに比べるとずっとカライトソウに近いようです。

 3枚目は標準的なハッポウワレモコウです。2枚目のものより赤いですね。
2010-09-12 22:54 in 野草 | Comments (0) #

2010年9月6日 (Mon)

カラマツソウ(キンポウゲ科カラマツソウ属)


 唐松草。栂池自然園にあるカラマツソウの仲間では、モミジカラマツと並んでポピュラーな花です。しかし、このブログ初登場、しかも花ではなく実の写真になってしまいました。来年は花の写真をお見せしますね。モミジカラマツの実は金平糖の形をしていて、このカラマツソウの実とは全然違います。モミジカラマツはモミジカラマツ属、カラマツソウはカラマツソウ属と異なっています。

2010-09-06 21:43 in 野草 | Comments (0) #

2010年9月4日 (Sat)

ナベナ(マツムシソウ科ナベナ属)


 鍋菜。名前の由来は分かりません・・。結構めずらしい花で、私は姫川源流でしか見たことがありません。昨日撮影しました。左がつぼみ、真中がやや盛りを過ぎた花、右は花が終わって実になりかけです。実はマツムシソウそっくりでマツムシソウ科というのも納得!!です。
 花の集まりは2センチくらいですが、高さ1,5メートルくらいでたくさん枝分かれした大型の植物です。

2010-09-04 20:10 in 野草 | Comments (0) #

2010年9月2日 (Thu)

アサギマダラ


 今日は栂池自然園に行ってきました。一昨日八方尾根でアサギマダラを見たので、栂の森周辺にはたくさんいるだろうと思い帰りのゴンドラに乗る前に見てきました。何頭もふわふわと飛んでいました。1枚目はヨツバヒヨドリに止まっています。
 2枚目はタテヤマアザミに止まるアサギマダラ。最近花日記というより、蝶日記のようですね・・。


2010-09-02 22:50 in 動物 | Comments (0) #

2010年9月1日 (Wed)

タムラソウ(キク科タムラソウ属)


 田村草。昨日に引き続き八方尾根です。タムラソウが最盛期でした。アサギマダラが止まっていたので、少し遠かったのですが、写してみました。
2010-09-01 23:56 in 野草 | Comments (0) #

2010年8月31日 (Tue)

お花畑


 今日はお客様と八方尾根に行ってきました。写真は下ノ樺の上のお花畑、お気に入りの場所です。タムラソウ、トリカブト、ゴマナ、カライトソウ、ミヤマシシウド、マルバダケブキなどたくさんの種類の花が咲いています。

 降りてくるとき八方池のあたりから雨に降られましたが、リフト乗り場に着く頃には雨がやみ虹を見ることができました。
2010-08-31 23:06 in 風景 | Comments (0) #

2010年8月30日 (Mon)

キアゲハの交尾


 またまたキアゲハねたでごめんなさい。今日もキアゲハの羽化を観察しました。驚いたことに羽化して飛び立つ前に別のキアゲハがきて交尾しました。そうしたら3頭目のキアゲハがやってきて廻りを飛び交っていました。庭にはもう1つサナギが残っていて、明日羽化すると思いますが、明日は予定があって観察できません・・。
2010-08-30 22:58 in 動物 | Comments (0) #

2010年8月27日 (Fri)

キアゲハの羽化


 今日は忙しい日なのですが、3度目にしてキアゲハの羽化をじっくり見ました。7時頃から観察を開始しましたが、殻を突き破って出てきたのは8時56分でした。

 2枚目も同じく8時56分。

 3枚目も同じく8時56分。

 4枚目は9時18分。だいぶ大きくなってきました。飛び立ったのは多分10時過ぎてからです。クシャクシャに折りたたまれたチョウの羽はなかなかの見物でした。

2010-08-27 12:55 in 動物 | Comments (0) #

2010年8月26日 (Thu)

ヤナギラン(アカバナ科アカバナ属)


 柳蘭。柳の葉に似た葉で、蘭の花のようにきれいだという意味です。ヤナギランの実はご紹介したことがあるのですが、花は初登場でした。昨日のイワアカバナと同じアカバナ科アカバナ属です。あまり似ているようも思えませんが、長い実で綿毛のような種子は似ていて、同じ属であることが納得できます。
 8月8日栂池・栂の森ゲレンデのお花畑です。
2010-08-26 22:42 in 野草 | Comments (0) #

2010年8月25日 (Wed)

イワアカバナ(アカバナ科アカバナ属)


 岩赤花。アカバナとイワアカバナはそっくりなのですが、柱頭がまん丸なのがイワアカバナ、やや細長いのがアカバナだそうです。まん丸に見えるのでイワアカバナということにしておきます・・。8月8日栂池で撮影しました。よくある花ですが、このブログ初登場です。
2010-08-25 20:58 in 野草 | Comments (0) #

2010年8月24日 (Tue)

庭で写したチョウ3種


 ヒメジャノメ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)。姫蛇の目。8月10日アルプの庭で撮影。今年はチョウがとても少ないです。今年は見かけない種類がいっぱいいます。

 ヒメウラナミジャノメ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)。姫裏波蛇の目。裏の羽の地模様を波に例えています。珍しくないチョウですが初めて写しました。止まっているのはオトコエシです。8月20日の撮影です。

 キアゲハ(アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)。黄揚羽。10日ほど前から庭のミツバにたくさんキアゲハの幼虫がいました。その中のいくつかがサナギになっていたので、印をつけて毎日見ていたところ、今朝羽化しているのを発見しました。といっても完全に抜け出ていました。左下に抜け殻が見えます。マークしてあるサナギがあと3つあるので、次は羽化の最中が見られると良いのですが・・。
2010-08-24 14:54 in 動物 | Comments (0) #

2010年8月21日 (Sat)

モミジカラマツ(キンポウゲ科モミジカラマツ属)


 紅葉落葉松。モミジのような葉を持ったカラマツソウの意味です。中心の緑のところが大きくなって金平糖のような実になります。栂池自然園や猿倉でたくさん見ることができます。
 珍しくないので、ご紹介したことがあると思っていましたが、なんと初登場でした。
2010-08-21 19:52 in 野草 | Comments (0) #

2010年8月19日 (Thu)

クマイチゴとミヤマウラジロイチゴ(バラ科キイチゴ属)


 熊苺。8月16日白馬尻に行く道で写しました。もっともよく見かけるキイチゴの1つですが、このブログ初登場です。

 2枚目は深山裏白苺。ミヤマウラジロイチゴの花ミヤマウラジロイチゴの実もご紹介したことがありますが、花のアップは初めてです。クマイチゴの花とまるで双子のようにそっくりなのには驚きました。
2010-08-19 22:15 in 樹木 | Comments (0) #

2010年8月18日 (Wed)

イワオウギ(マメ科イワオウギ属)


 岩黄耆。8月8日栂池自然園・やせ尾根で撮影しました。お盆が終わって少し暇になったので、8月8日の栂池の花達をスライドショーにしてみました。100枚とちょっとあるのでお時間があればみてくださいね。
 2枚目の写真はイワオウギの実です。実のくびれがイワオウギの特徴です。


2010-08-18 23:35 in 野草 | Comments (0) #

2010年8月17日 (Tue)

キカラスウリ(ウリ科カラスウリ属)


 黄烏瓜。アルプの裏の杉の木に絡み付いています。花は夕方から開き朝陽が登る前にしぼむと図鑑には書いてあるのですが、この写真は午前9時半頃写しました。花に気がついたのは初めてです。雌雄異株でこれは雌花なので、この株は雌株ということになります。繁殖力が強いので、一部を残して抜き取っています。
 このブログ初登場です。
2010-08-17 18:54 in 野草 | Comments (0) #

2010年8月16日 (Mon)

ヤマルリトラノオ(ゴマノハグサ科ルリトラノオ属)


 山瑠璃虎の尾。今日はお盆のお客様が一段落したので、一人でお泊りのお客様と白馬尻まで行ってきました。ヤマルリトラノオはこのブログ初登場です。どこにでもある花ではなく、また猿倉から白馬尻への道でもちょうど良いときに目にすることがなかったので、今日までご紹介出来ませんでした。
 クガイソウに似ていますが、クガイソウの葉は輪生、ヤマルリトラノオは対生です。またヤマルリトラノオのほうがやさしい感じがします。
2010-08-16 22:33 in 野草 | Comments (0) #

2010年8月10日 (Tue)

シナノサイコ(セリ科ミシマサイコ属)


 信濃柴胡。今日も8日の栂池自然園の花です。栂池自然園のやせ尾根にしかないシナノサイコです。どこにでもある花ではありません。この日は今まで見た中では一番良かったです。そして、このブログ初登場です。

 2枚目の写真はやせ尾根のお花畑の様子です。手前にシナノサイコがたくさん咲いています。紫色の花はソバナ、その左のアザミに似た花はクロトウヒレン、赤い花はアカバナシモツケソウです。
2010-08-10 20:24 in 野草 | Comments (0) #

2010年8月9日 (Mon)

クロバナロウゲ(バラ科クロバナロウゲ属)


 黒花狼牙。クロバナロウゲの実はご紹介したことがありますが、花は初登場です。栂池自然園のミズバショウ湿原に小群落があります。比較的めずらしい花でこの辺りでは栂池自然園でしか見たことがありません。まだ数個の花しか咲いてなく、遠いところを望遠で撮りました。また、お盆の頃に一番多く咲くので忙しくて見逃してしまうことが多いです。
2010-08-09 23:46 in 野草 | Comments (0) #

2010年8月8日 (Sun)

浮島とニッコウキスゲ(ユリ科ワスレグサ属)


 日光黄菅。今日は7月23日以来の今年6回目の栂池自然園に行ってきました。ニッコウキスゲは今年は数が少なかったですが、まあまあ良かったです。浮島湿原はニッコウキスゲ、イブキトラノオ、オタカラコウ、オオレイジンソウ、ワタスゲなどなど、たくさんの花を楽しむことができました。


 2枚目の昆虫の写真はアオジョウカイ(ジョウカイボン科)です。前後して歩いていた方が、昆虫に詳しそうだったので、デジカメの画面を見せて聞いたところ、ジョウカイボンの仲間だろうと教えてくださったので、家に帰ってからネットで調べました。止まっている花はハクサンボウフウです。
2010-08-08 22:16 in 野草 | Comments (0) #

2010年8月6日 (Fri)

オオカラマツ(キンポウゲ科カラマツソウ属)


 大落葉松。風に揺られたオオカラマツしか載せたことがないので、今日はオオカラマツのアップをご紹介します。白い花のカラマツソウやミヤマカラマツ、モミジカラマツと違い黄色い花です。その点ではアキカラマツに似ています。8月3日に八方尾根で写しました。八方尾根全山にたくさん咲いています。
2010-08-06 23:37 in 野草 | Comments (0) #

2010年8月4日 (Wed)

ハッポウタカネセンブリ(リンドウ科センブリ属)


 八方高嶺千振。このブログ初登場です。1cm以下の小さな花ですが、よく見るととてもきれいな柄です。小さくて写しにくいので、今まで登場しなかったようです。本当はもっと全体の姿が分かるものも載せれば良いのですが、なかなかピントが合わなくて・・・。
2010-08-04 23:25 in 野草 | Comments (0) #

2010年8月3日 (Tue)

ミヤマクワガタ(ゴマノハグサ科クワガタソウ属)


 深山鍬形。今日は八方尾根・第2ケルンに行ってきました。
 ミヤマクワガタはこのブログ初登場です。いろんなところにあるそうですが、あまり多くはなく、八方尾根でもあちこちで目にする訳ではありません。これも、植生保護のために麻筵(あさむしろ)で覆ってあるところにありました。そこでは増えているようで、4株くらいを見ることができました。種が麻筵に留まって雨で流れないので、増えているのだと思います。
2010-08-03 21:41 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月30日 (Fri)

ムシトリスミレ(タヌキモ科ムシトリスミレ属)


 虫取菫。7月21日八方尾根で撮影しました。花も葉もしっかり見えて、撮って!と言わんばかりの様子です。この葉から粘液が出ており、この葉に落ちた虫は逃れられません。虫を溶かして栄養にするそうです。
2010-07-30 21:51 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月29日 (Thu)

ハクサンタイゲキ(トウダイグサ科トウダイグサ属)


 白山大戟。いつも存在感がある不思議な植物です。葉だけのときも目に止まりますし、紅葉も人目を引きます。また私にはどれが花の状態なのかわかりません・・。この写真は実になりかけでしょうか?
2010-07-29 20:39 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月28日 (Wed)

コバノクロマメノキ(ツツジ科スノキ属)


 小葉の黒豆の木。7月21日八方尾根の上部、丸山で写しました。唐松岳への途中と言うべきか・・。このブログ初登場です。クロマメノキより標高の高いところにあります。
2010-07-28 23:29 in 樹木 | Comments (0) #

2010年7月27日 (Tue)

ハクサンボウフウ(セリ科カワラボウフウ属)


 白山防風。ハクサンボウフウのつぼみです。7月21日八方尾根で写しました。
2010-07-27 23:56 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月25日 (Sun)

マイヅルソウ(ユリ科マイヅルソウ属)


 舞鶴草。この花も他の植物と混生している写真以外では、しか紹介していませんでした。この写真も23日栂池自然園での撮影です。最近はほとんどデジカメ写真なのですが、この日はフィルムカメラとデジカメの両方を持ったつもりがデジカメを家のテーブルの上に忘れてしまい、久しぶりにフィルムカメラのみの撮影になり、それはそれで楽しかったです。
 ブログに書くときには、右下の検索機能を使って過去に紹介した記事を見ています。えっ此の植物はまだ登場していなかったの?ということが、よくあります。
2010-07-25 21:44 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月24日 (Sat)

オオバタケシマラン(ユリ科タケシマラン属)


 大葉竹縞蘭。オオバタケシマランの実はご紹介したことがありますが、花は初めてです。葉の裏に花が付くので気がつく人は少ないです。赤い実が付くので実の時期にはめだつのですけどね。7月23日栂池自然園で撮影しました。

2010-07-24 23:05 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月23日 (Fri)

コバイケイソウ(ユリ科シュロソウ属)


 小梅蕙草。今年2度目のコバイケソウです。今年5回目の栂池自然園で写しました。6月24日のブログで今年はコバイケイソウのハズレ年と書きましたが、どうもつぼみの出来るのが遅かっただけで、当たり年だったようです。ただし、これは栂池自然園の話で、八方尾根では今年はコバイケイソウが少ないようです。

 2枚目のおまけの写真は展望湿原に現れたカモシカです。展望湿原に着いてお弁当を食べようとしたときに、『カモシカだ』の声に湿原を見ると、展望湿原から見える、まさに白馬大雪渓の真下にカモシカがいました!! 展望湿原にいたお客さんに見守られしばらくいろいろな姿を見せてくれました。
2010-07-23 22:22 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月21日 (Wed)

オオバギボウシ(ユリ科ギボウシ属)


 大葉擬宝珠。あちこちで見られる花ですが、まだこのブログに登場したことがありませんでした。庭にもよく植えられる花ですが、八方尾根や五竜にもたくさんあります。

2010-07-21 22:59 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月19日 (Mon)

水色のアマガエル


 雨蛙。今日は本当に久しぶりに親海湿原・姫川源流に行ってきました。クサレダマは満開、コオニユリとコバギボウシが咲き始め、サワギキョウはつぼみでした。日差しも強くこれといってお見せするような写真は撮れなかったのですが、水色のカエルがいたので撮ってきました。葉っぱの上に青いものがあったので何かと思い立ち止まって見たら、見たことのない色の雨蛙でした。
2010-07-19 21:05 in 動物 | Comments (0) #

2010年7月11日 (Sun)

ユクノキ(マメ科フジキ属)


 雪の木。白くたくさん咲く花を雪に例えてユクノキ。一作日、瀬戸の橋のそばのユクノキの花がことしはたくさん咲いてるよ、という友人からの情報を貰ったので見に行ってきました。白馬村・落倉に向かって車で3分ほどの場所です。毎年たくさんの花を付けるわけではなく去年はあまり咲かなかったようです。
2010-07-11 19:42 in 樹木 | Comments (0) #

2010年7月7日 (Wed)

ツマトリソウ(サクラソウ科ツマトリソウ属)


 褄取草。他の花と一緒に咲いている写真はお見せしたことがあるのですが、単独でご紹介するのは初めてです。花は直径2センチほどの小さな花です。
 ここのところ天候その他で、植物観察に出かける暇がありません。来週は何ヶ所か見に行かなければと思っています。
2010-07-07 22:42 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月6日 (Tue)

オニノヤガラ(ラン科オニノヤガラ属)


 鬼の矢柄。鬼の持つ矢のようだという意味だそうです。今日、隣の林の中で発見!?しました。今までもあったのでしょうけど結構暗いし7月ともなると草の丈も高くなってくるので気がつかなかったのでしょうね・・。高さは1メートルくらい。この写真は上の30センチくらいでしょうか。
 さて調べてみると、オニノヤガラは葉緑素を持たない腐生植物でナラタケと共生関係にあるそうです。確かにこのあたりはコナラの林で、ナラタケが生えます。また付近を林の中を歩いてみますね。
2010-07-06 15:40 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月4日 (Sun)

タテヤマリンドウ(リンドウ科リンドウ属)


 立山竜胆。ハルリンドウの高山型です。が、ハルリンドウとの区別は難しく、私は標高1800m以上のところにあればタテヤマリンドウということに・・・。この写真は八方尾根で写しました。このところ地味な花が続いていましたので、かわいい花を選びました。この写真だと大きさが分かりませんが10cmほどの高さです。スクリュウ型の蕾も素敵ですよね。それからこのブログ初登場でした。
2010-07-04 19:02 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月3日 (Sat)

ミヤマハンノキ(カバノキ科ハンノキ属)


 深山榛の木。このブログ初登場です。上に付いているのが雌花序、下がって付いているのが雄花序です。カバノキ科には他にカバノキ属やクマシデ属、ハシバミ属などがありますが、雄花序はよく似ています。それも春に雌花序、雄花序の両方が付いていると何か分かります。
2010-07-03 20:44 in 樹木 | Comments (0) #

2010年7月2日 (Fri)

ワタスゲ(カヤツリグサ科ワタスゲ属)


綿菅。ワタスゲは綿になった実ばかりが有名で花を知らない人が多いと思います。それで今日はワタスゲの花をお見せすることにしました。蕾は右下にある黒い穂で花が咲くと黄色い穂になります。知らなければただ通りすぎて行くだけになります。

 2枚目の写真はクロサンショウウオの卵塊かな?と思って撮った写真です。八方尾根の八方池や、白馬乗鞍岳の白馬大池にクロサンショウウオがいるという記述はよく目にします。が、栂池自然園にクロサンショウウオという記述を目にしたことは記憶にありません。これはクロサンショウウオでしょうか?
 右下にワタスゲの黒い穂が見えています。
2010-07-02 15:45 in 野草 | Comments (0) #

2010年7月1日 (Thu)

サラサドウダン(ツツジ科ドウダンツツジ属)


 更紗灯台。6月24日栂池自然園で撮影しました。これは去年の実の殻が落ちないでくっついています。去年はサラサドウダンの当たり年だったのですが、今年は一つの蕾も見つけることができませんでした・・・。来年に期待です。サラサドウダンは一年おきと言われていますから。
2010-07-01 23:04 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月30日 (Wed)

アキグミ(グミ科グミ属)


 秋茱萸。このブログ初登場です。25日猿倉から白馬大雪渓に向かう道のそばで写しました。花は白から時間が経つと黄色っぽくなります。
 この場所は道から川の方にせり出している大きな岩の上に、多分土砂を入れたようなところで、少し広くなっています。そしてこの道沿いでは少し違った植生になっています。
2010-06-30 21:18 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月29日 (Tue)

サルナシ(マタタビ科マタタビ属)


 猿梨。猿が食べる梨という意味だそうですが、なかなかどうして美味しいものです。キウイの原種と言われておりキウイを小さくしたような実です。味もキウイそっくりで、小谷村ではサルナシ酒やサルナシ酢、サルナシのジャムなどを作っています。花は黒い葯が印象的です。葉のないときはマタタビ、ミヤママタタビ、サルナシの3つを見分けるのは大変ですが。葉が出る頃になると見分けられます。このブログ初登場です。
2010-06-29 21:03 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月28日 (Mon)

アクシバ(ツツジ科スノキ属)


 灰汁柴。昨年アクシバの実らしき物を見て、今年はそれを確かめようと思っていました。小谷村鎌池でそれらしき葉をひっくり返して探しました。どれにでも花が付くわけではないらしく、なかなか見つかりませんでしたが、執念?で見つけました!!

 2枚目は1枚目よりやや蕾が大きくなったアクシバです。1枚目の場所とは別の場所です。小さな木だし、蕾は葉の裏に付くので、なかなか気が付かれないでしょうね。
2010-06-28 23:44 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月27日 (Sun)

キバナイカリソウ(メギ科イカリソウ属)


 黄花碇草。初登場です。白馬村ではよく見られるこのキバナイカリソウをまだ紹介していないことに気がつきませんでした。イカリソウよりもやや標高の高いところに多いようです。また咲く時期もイカリソウより遅いです。八方尾根や五竜の1800メートル付近でもよく見かけます。
2010-06-27 21:06 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月25日 (Fri)

雪渓の花達


 今日は猿倉から白馬尻まで歩いてきました。それにしても今年の雪の多さにはびっくりです。昨年は今日より2日遅い6月27日に白馬尻に行ったのですが、同じような時期にもかかわらず、今年は雪が多い!!
 写真は薄紫色がシラネアオイ、白はサンカヨウ、左下の茶色はヤグルマソウ。

2枚目は馬尻の小屋の上方から浅間山方面を写したものです。馬尻の小屋の周辺を除雪した上で、冬期は解体されていた小屋が急ピッチで作られているところでした。雪渓は旧村営馬尻荘よりさらに下まで続いていました。写真は遠くの山は左が四阿屋山(菅平のすぐ上です)右が浅間山です。すぐそこに見えるスキー場は岩岳スキー場のビューゲレンデです。
2010-06-25 22:48 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月24日 (Thu)

コバイケイソウ(ユリ科シュロソウ属)


 小梅蕙草。今日は今年3度目の栂池自然園に行ってきました。お天気に恵まれ展望湿原まで行きましたが、この写真は栂の森湿原で撮りました。コバイケイソウは3年に1度くらいしか花を付けないと言われていますが、今年は雪が多くまだ蕾が見えないので、当たり年か外れ年か分かりません。

 おまけの写真はワタスゲ湿原です。山は左が白馬鑓ヶ岳、右が杓子岳です。雪が融けてたくさんの水たまりがあり、水たまりに写る景色も楽しみの1つです。
2010-06-24 23:51 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月23日 (Wed)

雨の日


 今日は午後まで雨が上がりませんでした。なので、一昨日の八方尾根で撮った雨の中の花をお楽しみください。
 1枚目はヒロハヘビノボラズ。束生している葉に雨水が溜まってレンズになっています。雨水越しに見える葉の根元が面白いでしょ?

 2枚目はミネウスユキソウ。同じく一昨日の写真です。雨の中を出かける気は起こりませんが、出かけてから雨が降るのはそれなりに楽しいです。これを見ると良いふりだったなと思います。

 3枚目はミネザクラ。八方池からさらに30分くらい登った下の樺にサクラがあります。今年も八方尾根の桜を見ることができて嬉しかったです。 雨でも下の樺まで登って良かった!!!
2010-06-23 23:44 in その他 | Comments (0) #

2010年6月22日 (Tue)

ツルキツネノボタン(キンポウゲ科キンポウゲ属)


 蔓狐の牡丹。久しぶりのこのブログ初登場です。今日は雨飾高原に行ってきました。この花を見てまだ一度も見たことない!!と思いました。花はキンポウゲ(ウマノアシガタ)に似ていましたが、葉が違います。家に帰ってから調べたらツルキツネノボタンでした。花はキツネノボタンよりずっとキレイです。
2010-06-22 21:46 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月21日 (Mon)

ウラジロヨウラク(ツツジ科ヨウラクツツジ属)


 裏白瓔珞。今日は今年初の八方尾根に行ってきました。途中から雨に降られましたが、楽しく過ごしてきました。
 1枚目の写真は展開しだした葉とまだ展開していない花です。数個の花が大きくなった白い花芽に包まれています。

 2枚目の写真は展開しだした葉と開き始めたばかりの花芽です。面白いものを見ることができました。

 3枚目の写真は2枚目の写真の花芽をさらに拡大したものですが、いったいどうなっているのやら、でもこれが数個の花になることは間違いないです・・。

2010-06-21 23:00 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月20日 (Sun)

サンカヨウ(メギ科サンカヨウ属)


 山荷葉。サンカヨウの登場は4回目です。また透き通ったサンカヨウも3回目。雨に濡れるとこのように透き通るのですが、このガラス細工のようなサンカヨウを見ると、雨の日に来てよかったなと思います。昨日も書きましたが、今年は雪が多く栂池自然園の春の花はこれからです。是非、遅い春を楽しみにいらしてくださいね。
2010-06-20 23:19 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月19日 (Sat)

まだ雪でいっぱいの栂池自然園


 今日友人と栂池自然園に行ってきました。6月4日に行ってから、2週間経っているので、もう少しは雪融けが進んでいるかと思いましたが、ご覧の通りです。木道は2週間前より出ていましたが、大部分は掘ったようです。ミズバショウもまだ見えてもいませんが、本当に咲くのでしょうか??
2010-06-19 23:33 in 風景 | Comments (2) #

2010年6月17日 (Thu)

クサイチゴ(バラ科キイチゴ属)


 草苺。今日も秋吉台の花です。昨日は白いバラだったので、今日はバラ科のイチゴ。木本ですが、草のように見えるのでクサイチゴ。分布は本州、四国、九州だそうですが、白馬では見たことがありません。花は直径4センチと大きいです。今年は数種類のキイチゴのミックスジャムを作りたいな!!
2010-06-17 20:22 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月16日 (Wed)

ヤマイバラ(バラ科バラ属)


 山茨。6月はバラの季節ですね。ここのところ花の写真を撮っていないので、5月に秋吉台で撮った野のバラをご紹介します。5月11日の撮影です。秋吉台は山口県、本州の一番西ですから、花の咲くのが早いですね。長野県ではやっとノイバラが咲き出したところです。ヤマイバラは関西から西でしか見られないようです。花の大きさが4~5センチと大きく、華やかなバラでした。
2010-06-16 20:48 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月14日 (Mon)

影絵


 蔓植物はイケマ(ガガイモ科カモメズル属)。セリ科の花はシシウド属のなんでしたかね・・。空に向かって写したら影絵のようになりました。これも昨年のもの、7月22日の撮影です。ここのところ野暮用が立て込み、また天候のせいもあって、19日まで植物観察の予定なしです。古い写真を見てこれから先の植物観察の計画を建ててみます。
2010-06-14 20:25 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月13日 (Sun)

ヒロハヘビノボラズ(メギ科メギ属)


 広葉蛇登らず。今日もアップの写真です。逆光に葉脈がよく見えています。この写真は昨年6月28日の撮影です。今年もまだ八方尾根には出かけていません。6月中に一度は行きたいなと思ってはいるのですが・・。
 とても小さい花です。また八方尾根では木の高さも大きくならず膝下くらいの高さしかありません。実際の大きさの感じは2006年7月1日のブログをご覧下さいね。
2010-06-13 23:13 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月11日 (Fri)

ミズバショウ(サトイモ科ミズバショウ属)


 水芭蕉。このブログでも何度もご紹介していますが、今日は大写しです。以前は大きさや葉がなるべく分かる写真を心がけていましたが、最近は2度目、3度目のものも多いので、接写に凝っています。
 何度も登場していますが、本当の花については書いてないですね。白く花に見えるのは苞(ほう)で、緑色の棒が花の集合体です。黄色の1つ1つが1つの花の一部ということになるわけです。その花が苞にスタンプで押されたようにようになっているのが面白いでしょう?
2010-06-11 21:48 in 野草 | Comments (0) #

2010年6月10日 (Thu)

ウリハダカエデとオガラバナ(カエデ科カエデ属)


 瓜膚楓。葉も花も出始めたばかりです。もう少しすると黄色く色がついてきます。この時期は葉が展開する前のものが多くて、何の木か分からないものが多いです。でも、少しだけでも花のつぼみが見えたり、葉が開いてくれたりすると、それが手がかりになって樹木の名前が分かります。

 麻幹花。これも葉がわずかに開いて蕾が顔を見せています。上のウリハダカエデはカンザシのように垂れ下がって咲きますが、オガラバナの方は花穂が上を向いて咲きます。
2010-06-10 20:13 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月9日 (Wed)

キハダ(ミカン科キハダ属)


 黄蘗。昨年、冬芽をご紹介しましたが今年は新芽です。植物マニアの経歴はたかだか10年余りなので、知らないものばかりで、名前は知っていても、昨年このキハダを初めて認識しました。昨年、特徴ある葉痕を覚えてなんとか見分けられるようになりました。このように葉(芽)が対生になっているもので、90度ずつ角度が変わり、上から見ると十字に見えるものを十字対生と言います。
2010-06-09 19:59 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月8日 (Tue)

コマガタケスグリ(ユキノシタ科スグリ属)


 駒ケ岳酸塊。前回ご紹介したときは実に成りかかっていましたが、今回はつぼみです。前は3メートルくらいの大きくなった木でしたが、今回はまだ枝が張っていない若い木でした。今まであまり気がつきませんでしたが、栂池自然園からゆっくりぶらぶら歩いて降りてくるときに何本か見かけました。

 2枚目の写真はコマガタケスグリの花の写真です。一度しっかり覚えると、別の場所でも目に入ってくるものですね。これでしっかり覚えました。
2010-06-08 21:10 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月7日 (Mon)

ズダヤクシュ(ユキノシタ科ズダヤクシュ属)


 喘息薬種。2008年8月2日に続いて2度目のご紹介です。
 最近デジカメの接写が好調で今回も小さな小さな花の細部が写っているので載せることにしました。よく見ると花から細い糸のようなものが見えています。なんとその糸のようなものが花びらなのだそうです。そして花に見えるのは萼なのですって。虫眼鏡で見ないとなかなか気がつかないものをカメラが読み取ってくれるので接写機能は重宝ですね。
2010-06-07 20:48 in 野草 | Comments (1) #

2010年6月5日 (Sat)

アオジクスノキ(ツツジ科スノキ属)


 青軸酢の木。昨日栂の森で写しました。目立たない小さな木で、花も目立ちません。調べてみたらこのブログ初登場でした。

 この花は倒れて、さらに根っこだけになったところに咲いていました。苔生して倒れた根っこの上には、タケシマランやユキザサ、ゴゼンタチバナなどが見えています。
 この写真の左上のすみの方に1枚目の写真のアオジクスノキが写っています。
2010-06-05 23:17 in 樹木 | Comments (2) #

2010年6月4日 (Fri)

ツノハシバミ(カバノキ科ハシバミ属)


 角榛。今日は栂池自然園に行き、帰りはロープウェイに乗らずに栂の森まで歩いて降りてきました。写真は歩いて降りてくる途中で撮りました。
 鱗片の間から出ている赤い糸のような物が雌花の柱頭です。そして下に垂れ下がっているのが雄花です。ツノハシバミの名は果実の形からきています。実がなっている写真が撮れたらご紹介しますね。秋ですけど・・。
 おまけの写真はまだ雪深きミズバショウ湿原です。水の流れのあるところからクレーターのように雪が溶けた穴ができます。溶けたところにミズバショウが咲いていきます。栂池自然園の花の季節は始まったばかりです。今年こそ栂池自然園の花を楽しみにいらしてくださいね。
 今日の栂池の様子をスライドショーでご覧下さい。

2010-06-04 21:33 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月3日 (Thu)

コガクウツギ(ユキノシタ科アジサイ属)


 小額空木。久々に秋吉台で写した写真です。昨日はツクバネウツギ。同じウツギと名がついても、昨日はスイカズラ科、今日はユキノシタ科です。
 この木は近畿以西にある木で、長野県にはありません。初めて見た木です。インターネットで検索していろいろ見てみましたが、花びらの変化が大きいようですね。枚数も3~5枚、切れ込みのある花びらもありました。
2010-06-03 22:43 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月2日 (Wed)

ツクバネウツギ(スイカズラ科ツクバネウツギ属)


 衝羽根空木。花の散ったあとの萼を羽つきの羽に見立てて衝羽根です。初めて見ましたが、花の中に黄色の網目模様があってきれいでした。木の高さが膝くらいの小さな木でした。
 今日は大町市にある国営アルプス安曇野公園に行き、友人と総勢8人でノルディックウォーキングの体験教室です。講師は友人の中の1人です。公園のボランティアガイドもしているので、植物のガイドや広い公園のコースもガイドしてくれました。適度な運動で帰りのランチが美味しかったです!!
2010-06-02 22:42 in 樹木 | Comments (0) #

2010年6月1日 (Tue)

オノエヤナギ(ヤナギ科ヤナギ属)


 尾上柳。
2010-06-01 23:49 in 樹木 | Comments (0) #

2010年5月29日 (Sat)

オオバボダイジュ(シナノキ科シナノキ属)


 大葉菩提樹。今日は白馬村落倉を歩いてきました。この木の葉はシナノキにそっくりだったのですが、樹肌がちょっとシナノキとは違うような・・。それで帰ってきてから調べました。樹肌から多分オオバボダイジュだと思います。歩いている途中、幼木の葉でシナノキにそっくりなのですが葉の裏が白っぽい。シナノキの葉は裏に毛がない、オオバボダイジュは葉の裏に毛がある、つまり白っぽく見えると言うわけです。
2010-05-29 21:20 in 樹木 | Comments (0) #

2010年5月28日 (Fri)

サワグルミ(クルミ科サワグルミ属)


 沢胡桃。サワグルミの新芽と葉痕です。葉芽はまだ葉が展開していないので冬芽というべきかも知れませんね。葉痕はオニグルミの葉痕と似ていますが、やや横に広がりまるっこい感じです。また冬芽はオニグルミが裸芽で葉の形が見える感じがしますが、サワグルミは2枚の芽鱗に覆われ、芽鱗が落ちた後もツルンとしています。
2010-05-28 23:42 in 樹木 | Comments (0) #

2010年5月27日 (Thu)

オオバキスミレ(スミレ科スミレ属)


 大場黄菫。一昨日5月25日の撮影です。2008年5月18日にも同じ場所でこの花を写していました。今年はちょうど1週間遅く行ったわけですが、とても寒い日が続いているので、花の進み具合が遅いです。今日も日中でも10度くらいの寒い1日でした。雨模様の日も多く、なかなか八方や栂池に行く気になれません。もう少し暖かくなったら八方や栂池の情報をお届けします。
2010-05-27 23:23 in 野草 | Comments (0) #

2010年5月26日 (Wed)

エゾエンゴサク(ケシ科キケマン属)


 蝦夷延胡索。23日にご紹介したヤマエンゴサクにそっくりです。生えている場所はエゾエンゴサクの方が標高の高いところにあります。花柄の付け根にある苞が、ヤマの苞は切れ込みがなく、エゾの苞には切れ込みがあります。あまり混生はしていないようです。雪が消えたらすぐにさき、夏になるまえに葉はすっかり無くなります。
2010-05-26 23:05 in 野草 | Comments (0) #

2010年5月25日 (Tue)

ヤシャビシャク(ユキノシタ科スグリ属)


 夜叉柄杓。2日続きの雨でしたが今日は止んだので歩いてきました。この写真の木が何かわからずに、帰ってきてから調べました。ヤブサンザシと言う名が頭に浮かんだので、ヤブサンザシで調べたら、花はそっくりだったのですが、葉の形が違います。さらに調べて同じスグリ属のヤシャビシャクにたどり着きました。ブナなどの木の股やウロに着生し、めったに目にすることは無いらしいです。めったに無い幸運だったという事になります。
2010-05-25 23:54 in 樹木 | Comments (2) #

2010年5月24日 (Mon)

トチノキ(トチノキ科トチノキ属)


 栃の木。5月17日に小谷方面で写したトチノキの花です。大きな木なので、花を間近に見る機会は少ないのでラッキーでした。マロニエも同じ種類です。
2010-05-24 23:06 in 樹木 | Comments (0) #

2010年5月23日 (Sun)

ヤマエンゴサク(ケシ科キケマン属)とクリンユキフデ(タデ科イブキトラノオ属)


 山延胡索。19日に古池湿原で撮りました。今年は花の咲く時期が10日くらい遅く春一番で咲くエンゴサクが満開で、咲き始めたばかりの他の花より目立っていました。また花付きもとても良かったです!!

 九輪雪筆。これも古池湿原で撮りました。そこに生えていることを知らなければ、見逃してしまうほど小さく目立たない花です。去年も見ていたので、ある筈と思って探しました。接写で写したらきれいな雄しべの先の葯(やく)がピンクでとてもきれいでした。
 3枚目は戸隠森林植物園のミズバショウとリュウキンカです。今年は雪が多く、雪融けが遅かったので、霜に当たらずきれいな花でした。また今までで一番、花の密度が高かったです。
2010-05-23 22:03 in 野草 | Comments (0) #

2010年5月22日 (Sat)

ブナ(ブナ科ブナ属)


  橅。ブナの出たばかりの葉です。葉の裏には柔らかい毛がびっしり生えています。こんなにまじまじと見たのは初めてでした。
 今日は岩岳山頂まで車で送ってもらい、友人達と5人で楠川まで下ってきました。岩岳スキー場の裏側になるのですが、なかなか魅力的な道です。

 2枚目の写真は岩岳山頂から少し下ったところから撮った白馬岳です。カラマツの柔らかな緑にも遅い雪国の春を感じさせられます。標高の高いところに行けばまだまだ新緑を楽しむことができます。皆様も遅い春を楽しみにいらしてくださいね。
2010-05-22 22:11 in 樹木 | Comments (0) #

2010年5月21日 (Fri)

コチャルメルソウ(ユキノシタ科チャルメルソウ属)


 小ちゃるめる草。実の形がチャルメラに似ているのでこの名があります。高さ20センチくらいで、とても小さな花ですがよく見ると面白い形をしています。白馬村では1ヶ所でしか見たことがありませんが、上高地などたくさんあるところには道沿いにずーっと生えています。
2010-05-21 21:55 in 野草 | Comments (0) #

2010年5月20日 (Thu)

ニリンソウとサンリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)


 二輪草。ニリンソウの花の裏は紅色がさしていることが多いですが、なかなかその色が写せませんでした。昨日はきれいに色が入ったので載せることにしました。花の大きさは2センチほどです。
 三輪草。ニリンソウとそっくりですが、サンリンソウは葉に柄がありますが、ニリンソウの葉には柄がありません。花の大きさはニリンソウより小さく1.5センチほどです。また、どこにでもある植物ではありません。

 3枚目は古池湿原です。下に見える黄色はリュウキンカ、白はミズバショウです。
2010-05-20 15:14 in 野草 | Comments (0) #

2010年5月19日 (Wed)

サクラ(バラ科サクラ属)とコブシ(モクレン科モクレン属)


サクラは大山桜だと思うのですが自信がありません。今日は恒例の戸隠ツアーに行ってきました。小雨降っていましたが、遅い春を存分に楽しんできました。

辛夷。開いたばかりのコブシでちょっとオオヤマレンゲを思い起こすようでした。左は毛の付いた厚い芽鱗が取れかかっているところです。

3枚目は色彩豊かな黒姫山の山裾の木々です。手前は古池。今日は雨模様でしたが、やっと色づいてきた新緑がきれいでした。

2010-05-19 23:15 in 樹木 | Comments (0) #

2010年5月18日 (Tue)

キバナチゴユリ(ユリ科チゴユリ属)


 黄花稚児百合。黄色のチゴユリという意味です。この種は花が完全には開かず写真の状態がいちばん開いているときのようです。11日、12日、14日の3日間は秋吉台で植物観察をしたのですが、13日は阿蘇方面に連れて行って頂きました。この写真はそちらのほうで撮ったものです。紀伊半島、四国、九州の一部で見られるだけのようなので、詳しい場所は書かないでおきます。

 おまけの写真は阿蘇の大観峰から見た阿蘇五岳です。あいにくぼやっとしていましたが、左の山を頭に見立てて涅槃像と呼ばれている姿を写真に収めることができました。
2010-05-18 23:43 in 野草 | Comments (0) #

2010年5月17日 (Mon)

ヒメコウゾ(クワ科コウゾ属)


 姫楮。今日は小谷方面に出かけてたくさんのヒメコウゾを見ました。ヒメコウゾを見に行った訳ではありませんが・・。だけど、この写真は秋吉台で写したものです。和紙の原料に使われるコウゾはこのヒメコウゾとカジノキを掛け合わせたものだそうです。ヒメコウゾは雌雄同株で、赤い花が雌花、ぶら下がった桑の実に似た花が雄花です。コウゾはそれぞれが別の木です。

 2枚目のおまけの写真は秋吉台のクヌギです。秋吉台では毎年2月に山焼きが行われて草原を維持しているそうですが、クヌギは火に強くこのように残されている木があちこちで見られます。
2010-05-17 23:05 in 樹木 | Comments (0) #

2010年5月16日 (Sun)

ムラサキ(ムラサキ科ムラサキ属)


 紫。根を紫色の染料に使ったのでこの名があります。乱獲が祟って絶滅危惧種になっています。今でも、盗掘をする人がいると聞くと寂しくなります。根を取ってしまえば、もう生えないですから・・。存在感のある植物で、特に毛のある厚めの葉の葉脈は目立っていました。

 実はブログをお休みしている間に、山口県の秋吉台に行っていました。たこさんの秋吉台日記を主宰しておられるたこさんにご案内していただき、とても充実した時間を過ごしました。写真は石灰岩が目立つ日本で最大のカルスト台地・秋吉台です。もっと草が茂ってくると石灰岩はこのようにたくさんは見えなくなるそうです。
2010-05-16 22:08 in 野草 | Comments (2) #

2010年5月8日 (Sat)

フクジュソウ(キンポウゲ科フクジュソウ属)


 福寿草。この写真は4月13日に写したものですが、今年の4月は寒かったので、連休に満開になりました。このあとニリンソウに取って代わります。
2010-05-08 07:19 in 野草 | Comments (0) #

2010年5月7日 (Fri)

五竜岳の雪形


 連休中の5月2日、お客さんと買出しを兼ねて2時間ほどのドライブをしてきました。この写真は鬼無里村から白馬村に入り白沢トンネルを出たところから写しました。雪形は山頂の直ぐ右下の菱形(黒く見えます)です。武田の御紋に似ているところから『武田菱』と呼ばれている有名な雪形です。『ごりゅう』の語源は『御菱(ごりょう)』から来たとも言われています。
 五竜岳は何度も登場していますが、雪形の見える五竜は初めてでした。
2010-05-07 21:29 in 風景 | Comments (0) #

2010年5月6日 (Thu)

ヒトツバカエデ(カエデ科カエデ属)


 一ツ葉楓。ヒトツバカエデの新芽です。この赤い色がとてもきれいでした。何の木かわからなかったのですが、アルプの直ぐ側で見つけて、葉の開いたのを見てやっと分かりました。カエデ科の木の幹の色はさまざまで、このヒトツバカエデは幹の色が白っぽいです。
2010-05-06 18:04 in 樹木 | Comments (0) #

2010年4月28日 (Wed)

マルバゴマギ(スイカズラ科ガマズミ属)


 少し前(4月14日)にまだ芽鱗に覆われている、たぶんマルバゴマギをご紹介しましたが、今日は芽鱗から新芽を覗かせているマルバゴマギです。親海湿原の毎年見ている場所のモノなので、マルバゴマギに間違いありません。
 このように生えている場所を覚えていると良いのですけど・・。
2010-04-28 23:28 in 樹木 | Comments (0) #

2010年4月27日 (Tue)

ハリギリ(ウコギ科ハリギリ属)


 針桐。ハリギリの名は鋭いトゲと葉の形に拠ります。ちょっと見ただけではタラノキと間違えるかも知れませんが、刺がタラノキの刺より太くて鋭くそしてまばらです。上の方だけ見ると、サザエみたいに私には見えます。タラの芽のように食べられますが、みんなあまり食べないようですね。あっさりした味で私は結構好きです。この芽はまだ小さくて食べられませんけどネ。あと2週間くらいしたら食べ頃かも。
2010-04-27 00:25 in 樹木 | Comments (0) #

2010年4月20日 (Tue)

アブラチャン(クスノキ科クロモジ属)


 油瀝青。アブラチャンの冬芽を昨年ご紹介しました。今日は咲いた花を撮ってきました。このブログでは花は初めてご紹介します。昨日のフサザクラでも書いたように、他に先駆けて咲いています。この写真は白馬村大出の姫川沿いで撮りました。ここにはたくさんのアブラチャンの木があります。

2枚目の写真は花のアップです。まだ開かない葉芽も色付いて綺麗です。
2010-04-20 21:44 in 樹木 | Comments (0) #

2010年4月19日 (Mon)

フサザクラ(フサザクラ科フサザクラ属)


 房桜。2007年11月1日に実をご紹介し、昨年12月6日には冬芽をご紹介しました。花は見たことが無かったのですが、やっと昨日出会うことができました。図鑑に依ると他の花に先駆けて咲くとありました。確かにフサザクラ以外に見た花はダンコウバイとアブラチャンのみでした。

2枚目は拳の様な冬芽から花をのぞかせたばかりのフサザクラのつぼみです。ご覧のようにフサザクラの花には花弁はありません。
2010-04-19 22:13 in 樹木 | Comments (0) #

2010年4月18日 (Sun)

バッコヤナギ(ヤナギ科ヤナギ属)


 跋扈柳。別名ヤマネコヤナギ。バッコヤナギの名の由来は定かではないようです。
 今の時期、橙褐色の冬芽が目につきます。冬芽の中から花が顔をだしています。

2010-04-18 23:27 in 樹木 | Comments (0) #

2010年4月14日 (Wed)

マルバゴマギとケナシヤブデマリ(スイカズラ科ガマズミ属)


 丸葉胡麻木。マルバゴマギの葉痕です。2枚目の写真の葉痕も見てください。双子のようにそっくりだと思いませんか? あまりにそっくりなので、初めは同じ木かと思いました。が、芽の色が全然違います。それでちょっと調べました。100パーセントの自信はありませんが、マルバゴマギではないかと・・・。

 毛無藪手毬。ケナシヤブデマリの葉痕。だと思います。2枚とも姫川源流付近で写しました。後日確かめてみます。もしご存知の方がいらしたら教えてくださいね。なお、同じガマズミ属のオオカメノキの葉痕もそっくりです。
2010-04-14 21:08 in 樹木 | Comments (0) #

2010年4月13日 (Tue)

コブシ(モクレン科モクレン属)


 辛夷。今年はじめて姫川源流に行ってきました。
コブシの冬芽がだいぶ膨らんで毛に覆われた芽鱗がそろそろ剥がれそうでした。大きい芽は花芽、横に付いている小さな芽は葉芽です。
2010-04-13 19:53 in 樹木 | Comments (2) #

2010年4月10日 (Sat)

立山遠望


 アルプのスキーシーズンが終わってリフレッシュ旅行に行ってきました。上の写真は4月9日朝6時前、氷見で泊まった宿から写した写真です。左に立山連峰の劔岳、その右に別山、大日岳、雄山などが連なっています。

 2枚目の写真も同じく立山連峰。宿を出て、氷見から七尾までバスで行き、七尾線で津幡へ。さらに富山にでました。富山では念願の富山市役所の展望台(約70メートルの高さです)へ行きました。そこから撮ったのがこの写真です。8日、9日と天候に恵まれ見たいと思っていた海越しの立山連峰を見ることができ大満足でした。
2010-04-10 23:30 in 風景 | Comments (1) #

2010年4月6日 (Tue)

カラスザンショウ(ミカン科サンショウ属)


 鴉山椒。皆様大変ご無沙汰しました。最近何人かの方から、いつになったら更新するの? というお電話やメールをいただき恐縮しています。
 さて、再開の1つ目はカラスザンショウの葉痕と新芽です。撮影は昨年の4月26日。撮影した時は植物の名前がわからず放置してありましたが、昨日、何か無いかなと去年の写真を見て「何だこれはカラスザンショウじゃないの」と気がついた次第・・。冬芽と葉痕の勉強?を始めたのは秋だったので、ずい分長い間この写真に気がつかなかった訳です。
2010-04-06 09:21 in 樹木 | Comments (2) #

2010年1月27日 (Wed)

寒い朝


 今朝の7時過ぎの気温はマイナス13℃でした。お天気は快晴!! こんな日はどこか山のよく見える撮影ポイントに行けば良いのですが、我が家の2階の窓の氷の結晶を写しました。1枚目は窓の結晶とお隣の屋根のつららです。

 2枚目は朝日が差し込んでいる林と窓の結晶。

 3枚目は裏の空き地の小屋と窓の結晶。今日は3つとも同じパターンの結晶でした。
2010-01-27 16:14 in その他 | Comments (0) #

2010年1月25日 (Mon)

オオカメノキ(スイカズラ科ガマズミ属)


 大亀の木。オオカメノキの冬芽です。今日、岩岳スキー場に行って初滑りをしてきました。ゲレンデの端に行っては冬芽を見てきました。秋に見た冬芽はまだ固かったですけど、まだ1月だというのにほころび始めていて、またスキーに行くのが楽しみになりました。
2010-01-25 21:16 in 樹木 | Comments (0) #

2010年1月11日 (Mon)

岩岳山頂で


三連休の最終日はとても良いお天気に恵まれました。お客さまが帰ったあと、スキーはしませんでしたが、ゴンドラで岩岳山頂に往復しました。鹿島槍ヶ岳の上に懸かった雲の形に魅かれて写しました。まだ、1月の初めですが、近年になく雪が多くとても良いコンディションです。この素晴らしい景色を見に来てくださいね。スキーをしなくても楽しめます!!
2010-01-11 22:46 in 風景 | Comments (0) #

2010年1月4日 (Mon)

雪降ろし


 アルプの後ろにある小屋(持ち主は東京に住んでいます)の屋根雪を降ろしました。屋根の雪を見ると2つの層に分かれています。下の層は12月17日、18日に降った雪。上の層は12月31日と1月1日に降った雪です。12月17日~18日は100センチくらい、12月31日~1月1日は80センチくらいの雪でした。
 なお、屋根の雪を降ろしているのは2002年ソルトレイクシティオリンピックのスノーボード・ハーフパイプ選手の宮脇健太郎君です!
2010-01-04 22:05 in その他 | Comments (0) #

2010年1月1日 (Fri)

明けましておめでとうございます


 大雪の大晦日と元旦です。白馬は近年では最高の積雪量です。
写真は12月25日に写した白馬大橋から見た白馬三山です。今年も是非、白馬にお出かけ下さい。
2010-01-01 23:53 in 風景 | Comments (2) #