2009年8月6日 (Thu)

タニタデ(アカバナ科ミズタマソウ属)


 谷蓼。谷のような湿ったところに生え、蓼に似た植物という意味です。地味な上にも地味な花ですが、茎が紅紫色を帯びているので、何となく目に入ります。花は2mm程度とごく小さいです。どちらかというと、毛の生えた丸い小さな実の方が目につきます。こういう小さな植物はなかなかピントが合わなくて、折角撮ったと思っても、使えない写真も多いです・・。
2009-08-06 21:43 in 野草 | Comments (0) #