2009年6月30日 (Tue)

ヒメコウゾ(クワ科コウゾ属)


 姫楮。ミツマタと並んで和紙に使われた木ですよね。実が赤くてとてもきれいでした。この写真も昨日と同じく秘密の場所です。

 おまけの写真はミドリヒョウモンです。めったに人の来ないここの道は蝶の通る道になっているようで、数種類の蝶が飛んでいました。2頭並んで止まっているところに焦点を合わせていたら2頭とも飛び立って行きました。
2009-06-30 17:41 in 樹木 | Comments (0) #

2009年6月29日 (Mon)

ヒヨドリジョウゴ(ナス科ナス属)


 鵯上戸。今日は気に入りの秘密の場所に2ヶ月振りに行って来ました。一昨年ヒヨドリジョウゴの実をご紹介しましたが、今日は初めて花を見ました。とても面白い形をしていてすっかり気に入りました。他にもいろいろ発見があって楽しかったです。
2009-06-29 22:14 in 野草 | Comments (0) #

2009年6月28日 (Sun)

イワシモツケ(バラ科シモツケ属)


 岩下野。今日、今年になって初めて八方尾根に行って来ました。まだ6月ですがいろいろな花が咲いていましたよ。今が盛りはアズマギクとムシトリスミレ、それに黒菱平のオオタカネバラがきれいでした。このイワシモツケはほとんどがつぼみでしたが、この株は咲いた花とつぼみの対比がきれいでした。

 2枚目は今日の八方池です。まだ7割くらいが雪に覆われていました。水と氷に写った不帰ノ嶮が良い雰囲気でした。梅雨の晴れ間?? 一昨日は栂池自然園、昨日は白馬大雪渓、今日は八方尾根と3日連続で歩いてしまいました。
2009-06-28 22:24 in 樹木 | Comments (0) #

2009年6月27日 (Sat)

シラネアオイ(シラネアオイ科シラネアオイ属)


 白根葵。今日猿倉から白馬大雪渓まで歩いてきました。大雪渓の脇の大きな岩の上のシラネアオイをデジカメの望遠で撮りました。その写真をパソコン上で見ると肉眼では分からなかった植物が写っていて面白いです。写真には他にヤグルマソウ、オオイタドリ、右の一番下には小さくオオサクラソウが写っていました。

 2枚目の写真は白馬大雪渓です。右端が白馬岳の下の方、中央に見えているのは杓子岳です。
2009-06-27 22:00 in 野草 | Comments (0) #

2009年6月26日 (Fri)

チングルマ(バラ科ダイコンソウ属)


 稚児車。今日栂池自然園に行って来ました。前回は14日に行ったので、まだ2週間は経っていません。それでも、たくさんの花が咲いていました。雪もずい分減って、前回は咲いていなかったチングルマも咲きはじめていました。これから8月にかけて花の種類が増えて行きます。

 2枚目の写真はすっかり雪の融けたワタスゲ湿原です。

2009-06-26 23:10 in 樹木 | Comments (0) #

2009年6月25日 (Thu)

ハナイカダ(ミズキ科ハナイカダ属)


 花筏。花や実が葉に直接つきます。それで葉を筏に見立ててこの名が付きました。花はとても地味であまり目立ちません。1枚目の写真は花です。

 2枚目の写真は実になったハナイカダです。実になると急に存在感が出てきます。緑の実が光を受けて光っていました。このあと実がさらに大きく黒くなります。その上これだけまとまって生えていればまず見逃すことはないでしょう。
2009-06-25 22:34 in 樹木 | Comments (0) #

2009年6月24日 (Wed)

ナワシロイチゴとナガバナワシロイチゴ(バラ科キイチゴ属)


 苗代苺と長葉苗代苺。1枚目の写真の右の葉を見て下さい。普通のナワシロイチゴの葉です。今日、パッとしないこのナワシロイチゴの写真を取り上げげたのは2枚目の写真をご紹介したかったからです。1枚目と2枚目の写真の花が同じなのは分かりますよね。

 2枚目のこの花を見たとき、葉が上の写真の葉と違うので、変だなと思いました。とりあえず写真に撮って調べたところキビナワシロイチゴ(吉備苗代苺)を知りました。ところが、ナワシロイチゴとキビナワシロイチゴの雑種ナガバナワシロイチゴと言うものもあることが分かりました。2枚目の写真の右下を見るとナワシロイチゴに近い形の葉が見えます。なので、ナガバナワシロイチゴとしておきます。
2009-06-24 22:28 in 樹木 | Comments (0) #

2009年6月22日 (Mon)

ヤマグワ(クワ科クワ族)


 山桑。20日に近所を散歩していて撮りました。この実は赤いですが、熟すと黒くなります。黒くなると甘くておいしいです。木によっては半分くらいは熟した実になっていました。たくさんとってジャムにしてみようかな。
2009-06-22 22:43 in 樹木 | Comments (0) #

2009年6月17日 (Wed)

イワカガミ(イワウメ科イワカガミ属)


 岩鏡。イワカガミも6月14日栂池自然園での撮影です。今まで栂池自然園や八方尾根など標高の高いところのものはコイワカガミと呼んできましたが、実はイワカガミとコイワカガミの違いはさっぱり分かりませんでした。ある本に、イワカガミとコイワカガミは分けるほどでもないと書いてあるのを見つけ、私もこれからイワカガミとすることにしました。
 右の赤い花がイワカガミ。葉は緑色の葉の間から出ている茶色の葉。左の白い花はミツバオウレン。緑の葉はマイヅルソウです。
2009-06-17 21:01 in 野草 | Comments (5) #

2009年6月16日 (Tue)

オオカメノキ(スイカズラ科ガマズミ属)


 大亀の木。オオカメノキも他の木に先駆けて春一番に花が咲きます。6月14日栂池自然園の中で咲いていた木の花はムラサキヤシオツツジくらいでしょうか。このオオカメノキも咲き初めでなんとなくミドリがかったこの色がそれを証明しています。秋の紅葉や冬芽も魅力的です。
2009-06-16 21:54 in 樹木 | Comments (0) #

2009年6月15日 (Mon)

オオシラビソ(マツ科モミ属)


 大白檜曽。昨日栂池自然園の帰りのロープウェイから写しました。画面をクリックして拡大して見てください。木の上の方にロウソクを立てたように並んでいるのが雌花で夏には大きな紫色のマツボックリになります。毎年このようにたくさんの実が付く訳ではなく去年はほとんど見られませんでした。今年は4年振りだと言う話です。
2009-06-15 19:44 in 野草 | Comments (0) #

2009年6月14日 (Sun)

ミズバショウ(サトイモ科ミズバショウ属)


 水芭蕉。おなじみのミズバショウですが、栂池自然園のミズバショウはそんなに登場していないのに気が付きました。それで、今日はお客さんを案内して今年2度目の自然園に行った写真です。日曜日でもあるので、まあまあ賑わっていました。これからが本番です。ぜひ栂池自然園にお越し下さい。
6月14日の栂池自然園
2009-06-14 22:38 in 野草 | Comments (2) #

2009年6月13日 (Sat)

エンレイソウ(ユリ科エンレイソウ属)


 延齢草。エンレイソウはこのブログ初登場です。まさか、まだだったとは思いませんでした。春にはよく見かける花です。どこにでもと言う訳ではありませんが、ちょっとだけ山に入ると必ずあります。これは4月26日斜面にたくさん生えていたので撮って見ました。

 2枚目は少し色が変わっていたので撮りました。車で通りがかりに寄ってみた場所で、国道から岩岳方面に入って直ぐのところです。
2009-06-13 22:37 in 野草 | Comments (0) #

2009年6月12日 (Fri)

バイカウツギ(ユキノシタ科バイカウツギ属)とヒメウツギ(ユキノシタ科ウツギ属)


 梅花空木。今日国道から岩岳に入る信号から少し入ったところで撮りました。ウツギやヒメウツギは花びらが5枚ですが、バイカウツギは4枚です。この時期、白い花が多く、白い花が見えると車を止めて何の花か見ています。

 姫空木。こちらは6月7日猿倉へ行く道の途中で写しました。岩の上に生えていることが多く、また、花のある枝はウツギやバイカウツギよりは立ち上がっているように思います。
2009-06-12 23:23 in 樹木 | Comments (0) #

2009年6月11日 (Thu)

イタヤカエデ(カエデ科カエデ属)


 板屋楓。1枚目はイタヤカエデの花です。4月24日の撮影です。春の新芽の季節に葉に先駆けて黄色の花が咲きます。この季節遠くから見て、黄色に見える木があればイタヤカエデの可能性も高いです。秋には黄色く色付きます。

2枚目の写真はもう早々と実がなったイタヤカエデです。6月7日白馬村・猿倉へ行く道で撮りました。
2009-06-11 21:23 in 樹木 | Comments (0) #

2009年6月9日 (Tue)

ヒメモチ(モチノキ科モチノキ属)


 姫黐。黐なんて字、初めて見ました。鳥黐のモチで鳥を取るための粘着物をモチノキ属の木などから作ったそうです。ヒメモチも初めて認識しました。ツルシキミやヒメアオキなどと赤い実が生る姿が似ていますが、ヒメモチは葉腋に花が付きますので分かります、と書いてありました。雌雄異株でこれは雄株のようです。少し山の方に入ると発見!!があります。

2009-06-09 23:08 in 樹木 | Comments (0) #

2009年6月8日 (Mon)

ラショウモンカズラ(シソ科ラショウモンカズラ属)


 羅生門蔓。この花もこのブログ初登場です。よく見かける目立つ花なのでもうとっくに紹介したと思っていました。昨日、猿倉に行く途中の沢で、びっしり花の付いている豪華なラショウモンカズラを見たので撮りました。
2009-06-08 23:58 in 野草 | Comments (2) #

2009年6月7日 (Sun)

オオアカネ(アカネ科アカネ属)


 大茜。オオアカネをグーグルで検索したらわずか100程度ヒットしただけで、写真はほとんどありませんでした。稀に見ると書いてあるものが多いですが、まあありそうですね。
 特徴はアカネが4枚の葉が輪生しているのに比し、オオアカネは4~6枚、他にオオアカネの葉柄の方が長い、葉が細いなどです。

 2枚目の写真は花のつぼみかと思い大きく撮ったのですが、どうもこれから大きくなる葉のようです。花が付くまで見届けたいと思っています。 
2009-06-07 20:21 in 野草 | Comments (0) #

2009年6月5日 (Fri)

ミツバウツギ(ミツバウツギ科ミツバウツギ属)


 三葉空木。三つ葉が付いた、茎が空洞の木という意味ですが、ウツギとは近縁ではなく別の科です。前に実を紹介しましたが、実はカエデ科の実と少し似ていて、風に乗って飛びます。実の方が印象に残るでしょうね。この時期似たような白い花が多くて、やっとこの葉を覚え、見分けられるようになりました。
ミツバウツギの実
2009-06-05 23:13 in 樹木 | Comments (0) #

2009年6月3日 (Wed)

カンボク(スイカズラ科ガマズミ属)


 肝木。あまり白馬では目にしなかったのですが、先日、白馬村・グリーンスポーツの森あたりからの姫川右岸を歩いていたらたくさんありました。今が一番花のきれいな時のようです。秋の実も透き通るような赤でとてもきれいです。その辺りから白馬村・野平への水神宮橋までの姫川の流れはなかなかきれいなので、また歩いてみたいです。
 同じような白い花はたくさんありますが、葉が切れ込んでいるのはカンボクくらいです。
2009-06-03 22:19 in 樹木 | Comments (2) #

2009年6月2日 (Tue)

ヒロハコンロンソウ(アブラナ科タネツケバナ属)


 広葉崑崙草。30日にコンロンソウをご紹介しました。今日は30日に歩いた場所に復習に行って、30日の写真とは別の場所で見たコンロンソウがヒロハコンロンソウであったのに気が付きました。葉の形の違いをじっくりご覧下さい。30日にも少し雰囲気が違うなと思ったのですが、まさか1日で2種類のコンロンソウを見られるとは思わなかったので、見過ごしてしまいました。
2009-06-02 18:29 in 野草 | Comments (0) #

2009年6月1日 (Mon)

サワフタギ(ハイノキ科ハイノキ属)


 沢蓋木。名前は沢をふさぐほど枝を茂らせるという意味だそうですが、そんな風にも思われません。花はちょうどこの写真くらいの状態のときが一番きれいです。満開になってしまうとオシベが目立ってぼやけた印象になってしまいます。今の時期はウツギ、ケナシヤブデマリ、ゴマキ、カンボクなど、どちらを向いても白い花をつけた木がいっぱいです。撮影は5月30日。
2009-06-01 21:50 in 樹木 | Comments (0) #