2009年5月31日 (Sun)

クサノオウ(ケシ科クサノオウ属)


 草の黄。どこでも見かける花です。どちらかと言うと、注目されない花ですが、この黄色の見本のような花の色が目につきます。それでクサノオウというのかな、なんて考えています。この花を目にする時期は結構長いような気がしますが、撮影は昨日5月30日です。
2009-05-31 21:02 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月30日 (Sat)

コンロンソウ(アブラナ科タネツケバナ属)


 崑崙草。中国の崑崙山脈の雪のように白いと言うので付けられたとか。花の色はその説を納得させる目を引く白さです。コンロンソウが白馬で見られるとはまったく思っていませんでした。今日、始めての場所を開拓しに友人と歩きに行って発見?しました。多分、白馬ではあまり無いと思われるので、場所は伏せておくことにします。別の場所でも見られると良いのですが・・。
2009-05-30 21:51 in 野草 | Comments (2) #

2009年5月29日 (Fri)

ツルネコノメソウ(ユキノシタ科ネコノメソウ属)


 蔓猫の目草。花が終わったあと長い送出枝を出し先端に根を出すのでこの名があります。花はとても小さいです。写した画像を見てやっとどんな花だか分かる、って感じです。前にも書きましたが、ネコノメソウ属の見分けは難しいです。この種は葉にまるいあかちゃんの手のようなギザギザがついているのと、全体のバランスから言えば背が高く感じます。5月15日戸隠に行ったときに撮影しました。
2009-05-29 20:48 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月28日 (Thu)

サギゴケ(ゴマノハグサ科サギゴケ属)


 鷺苔。コケではありませんが、送出枝を出して地面にびっしり張り付くのでこの名があります。同じサギゴケ属のムラサキサギゴケの方がずっとよく見かけます。ちょっと調べたところ、白花品の方がまれ、などと言う書き方がしてあり、同じものの色違いのようですね。ややこしいですけど、普通ならムラサキサギゴケの白花品ならシロバナムラサキサギゴケとなるはずですけどね。

 2枚目の写真がムラサキサギゴケです。撮影は4月28日。
2009-05-28 21:11 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月27日 (Wed)

ワダソウ(ナデシコ科ワチガイソウ属)


 和田草。名前は長野県和田峠に因みます。撮影は5月14日。花びらの形が昨日のサワハコベと似ていると思いませんか?花の大きさはワダソウの方が大きく2センチちかくあります。また赤い葯が目立ってきれいですが、どこにでもある花ではないようです。私もこの場所でしか見たことがなく、またこの場所でも限られた所に少しあるだけです。群生しているところがあれば見たいものです。
2009-05-27 20:34 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月26日 (Tue)

サワハコベ(ナデシコ科ハコベ属)


 沢繁縷。5月19日に撮影。昨日ご紹介したミヤマハコベとほぼ同じ場所で撮りました。花の大きさはサワハコベの方がやや大きいです。サワハコベもミヤマハコベも花びらの数は5枚ですが、ミヤマハコベの方は深く切れ込んで10枚の花びらに見えるのに対し、このサワハコベは浅い切れ込みで、裁縫に使う握りバサミのようです。
2009-05-26 20:40 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月25日 (Mon)

ハコベ(ナデシコ科ハコベ属)


 繁縷。一旦はミヤマハコベとしたのですが、ただのハコベのようです。結構目を引いたのでミヤマハコベとおもったのですが・・・。 
 ナデシコ科の花はそっくりなのに属がいろいろで、ウシハコベ属やワチガイソウ属、ミミナグサ属などたくさんあります。

 今日はミヤマコベと同じ日の夕方(4月19日)に写した白馬三山がおまけです。白馬村・野平まだ田植えの終わっていない田んぼにも映っています。田んぼの中をのぞくと空の高さに深くみえて吸い込まれそうでした。
2009-05-25 23:21 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月24日 (Sun)

ホタルカズラ(ムラサキ科イヌムラサキ属)


 蛍蔓。木流川遊歩道で久しぶりにホタルカズラを見ました。以前見た場所は衰退していて、別の場所に群生していました。あまり見かけませんが、あちこちに生えているものなのでしょうか? 5月21日の撮影です。
2009-05-24 23:44 in 野草 | Comments (2) #

2009年5月22日 (Fri)

クルマムグラ(アカネ科ヤエムグラ属)


 車葎。車輪状に葉が付いているヤエムグラの仲間と言う意味です。昨日、友人と行った親海湿原で撮りました。花の1つ1つは2ミリ程度と小さいですが、いつも見るものより花の数が多くて、目を引きました。
 クルマムグラのうしろ、左上から右下にかけてある長い柄のついた4枚の葉が輪生している植物はアカネ科アカネ属のアカネです。
2009-05-22 10:07 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月21日 (Thu)

ジュウニヒトエ(シソ科キランソウ属)


 十二単。優雅な名前ですね。今日友人と白馬村・木流川遊歩道を歩いていて見つけました。ジュウニヒトエというと紫色のヨウシュジュウニヒトエの方がよく知られていますが、このジュウニヒトエが在来種のジュウニヒトエでめったに目にすることがありません。一株しか目にしなかったので、大事にしたいものですね。
2009-05-21 23:54 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月18日 (Mon)

ミズバショウ(サトイモ科ミズバショウ属)とリュウキンカ(キンポウゲ科リュウキンカ属)


 水芭蕉と立金花。ミズバショウとリュウキンカはこのブログでも何回も紹介しているのですが、やっぱり毎春避けては通れない?? それで、15日に行った黒姫山麓・古池のミズバショウです。古池湿原は酸化鉄を多く含んでいるので鉄の錆色をした土で独特の雰囲気です。2007年5月16日、2008年5月20日、そして今年は5月15日に行きました。

2枚目の写真は同じく古池ですが、清流の中のミズバショウとリュウキンカです。ずいぶん雰囲気が違いますよね。それにしても、リュウキンカのあるところには、たいていミズバショウがありますね。まあ必ずしもという訳ではありませんが・・。

2009-05-18 21:00 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月17日 (Sun)

クリンユキフデ(タデ科イブキトラノオ属)


 九輪雪筆。とても優雅な名前ですが、名前負けしていると言いましょうか・・。タデ科の花は夏以降に咲き始めるものがほとんどなので、この時期にタデ科らしい花があれば、この他にはハルトラノオくらいです。去年この花を初めて見ました。がここで紹介するのは初めてです。戸隠鏡池で撮影。

 花が少し寂しいのでおまけの写真。鏡池で憩う人々の写真です。やわらかい春の日差しの中で皆ゆったりした時を過ごしていました。
2009-05-17 20:57 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月16日 (Sat)

ユリワサビ(アブラナ科ワサビ属)


百合山葵。名は枯れた根出葉の基部がユリの鱗茎のようだから、だそうですが確かめてきませんでした。アブラナ科の花は花びらが4枚で、花だけを見るとクレソンもタネツケバナもハタザオも良く似ています。ユリワサビも葉や茎はワサビのような辛味を持っていますが、根茎は小さいそうです。見分けは茎についている小さな葉がポイントです。昨日戸隠で見ました。

 おまけの写真はイワツバメ。今日、車でこの田んぼの横を通りかかったらツバメが集まっては飛んでを繰り返しているのが見えたので、車を止めて写真を撮りました。家に帰って調べたところ腰が白いのはイワツバメだと知りました。なぜ土が出ているところに集まっているのかと思いましたが、泥を口に含んで少しづつ運んで巣を作るそうです。何度もぐるぐると廻っているだけに見えましたが、どこかに巣を作っていたのですね。
2009-05-16 22:47 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月15日 (Fri)

サンリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)


 三輪草。今日は恒例の友人との共同企画で戸隠ツアーに行って来ました。今日の最大の収穫はサンリンソウです。ニリンソウとそっくりと思いこんでいましたが、そうとう風情が違うように感じられました。図鑑によると一番の違いは葉柄があるかないかです。このサンリンソウには短い葉柄がありますがニリンソウにはまったく葉柄がありません。が、私には最大の違いは葉に斑があるかないかのように思えました。サンリンソウの葉にはまったく斑がありません。花はまだ一輪しか咲いていませんでしたが、二輪目、三輪目を見たいものです。
2009-05-15 22:48 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月14日 (Thu)

ムラサキケマン(ケシ科キケマン属)


 紫華鬘。今日はお客さんと姫川源流・親海湿原に行って来ました。今年の気候は暑かったり寒かったりでちょうど良い気候がないような・・。で、今日はとても寒かったです。4月の末に降りた霜でミツガシワは駄目になっており、良い年の1割くらいの花しか咲いていません。いやいや、今日はどこにでもあるのにまだ紹介していなかったムラサキケマンでした。ムラサキケマンご覧になったことありますよね。
2009-05-14 22:10 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月12日 (Tue)

タチツボスミレ


 立坪菫。あちこちで目にするスミレかと思います。が、ここ白馬村ではオオタチツボスミレの方が断然多いです。タチツボスミレの方は気を付けていなければ見過ごしてしまいそうです。両者の違いは、このタチツボスミレは花の後につき出ている距が紫色、オオタチツボスミレの方は距が白です。
2009-05-12 22:33 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月11日 (Mon)

ボタンネコノメ(ユキノシタ科ネコノメソウ属)


 同定できなかったネコノメソウ属の花です。今日は白馬村落倉を友人夫妻と歩いてきました。最近調べれば調べるほど分からなくなるネコノメソウ属で一旦はホクリクネコノメとしたのですが・・・。
 (その後、2枚目の写真の葉から一応ボタンネコノメということにしました。)

 2枚目はその葉を載せてみました。本によると汚白色の斑紋があると書かれているものは数種あります。しかし、ネコノメソウ属の種類は多く、すべての種類を取り上げている本はあまりありません。どなたか分かる方がいらしたら教えて下さい。

 3つ目はおまけの写真です。今日じっと私達を見ていた、多分子供のカモシカです。30メートルくらい離れたところからまっすぐこちらを見ているカモシカの耳が可愛かったです。横になっている木はトチノキのようですね。写真を見てわかりました。

2009-05-11 23:27 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月9日 (Sat)

ミヤマキケマン(ケシ科キケマン属)


 深山黄華鬘。ケマンの意味は仏教用語で花の首飾りを意味します。山に生える黄色の華鬘のような花ということです。春先にあちこちで見かける花ですが、このブログ初登場です。4日連続初登場、そして4日連続ほぼ同じ場所で写したものです。
2009-05-09 22:24 in 野草 | Comments (0) #

2009年5月8日 (Fri)

ニシキゴロモ(シソ科キランソウ属)


 錦衣。葉の裏が綺麗な紫色をしているところから錦の衣の名がついたそうです。これは飛びきり大きな株で、真ん丸く盛り上がってとてもよい形をしていました。普通なら、どちらかと言えば地味な花ですが、この株なら誰の目にも止まったことと思います。でも、まず誰も行かないような場所で見ました。4月26日の撮影です。
2009-05-08 21:53 in 野草 | Comments (0) #