2008年9月30日 (Tue)

オガラバナ(カエデ科カエデ属)


 麻幹花。今日はお客さんと八方尾根に行って来ました。8月18日以来の八方尾根でした。扇の雪渓近くのオガラバナの枯れて縮んだ葉と実の対比がとても素敵でした。

 おまけの写真は昨日に引き続き白馬岳です。ただし、八方尾根から見た白馬岳。白馬岳の稜線・左側に白馬山荘が見えています。拡大写真でご覧下さいね。1500人定員の巨大な山小屋です。これは小屋ではありませんよね。

2008-09-30 21:36 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月29日 (Mon)

ミタケスゲ(カヤツリグサ科スゲ属)


 深岳菅。名は深山に生えることから。
 今日、久しぶりに(前回は8月20日)に栂池自然園に行きました。時々小雨の降る天気でしたが、大降りになる事もなくまた山も見えて、楽しい時を過ごす事ができました。写真は初めてご紹介するミタケスゲです。カヤツリグサ科の中では覚えやすいものの1つです。

 今日のおまけの写真は初冠雪の白馬岳です。9月25日・26日ととても寒い日でした。天気が回復し山が見えた27日には白馬連峰の初冠雪を望むことができました。29日の今日もその雪が残っていて、青空ではありませんでしたが、迫力ある白馬岳を見ることができました。
2008-09-29 20:43 in 野草 | Comments (2) #

2008年9月28日 (Sun)

ダイモンジソウ(ユキノシタ科ユキノシタ属)


 大文字草。山の上にあるのはミヤマダイモンジソウ、これはダイモンジソウで今頃から咲きます。そして大抵は崖に咲いています。このダイモンジソウも岩のわずかの土に根を下ろして咲いています。アルプからすぐ近くの秘密の場所で、今日撮影しました。
2008-09-28 21:32 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月27日 (Sat)

アキノノゲシ(キク科アキノノゲシ属)


 秋の野芥子。9月10日頃の撮影です。その頃はよく目にしましたが、10月を目前に最近はあまり見かけなくなりました。このアキノノゲシは倒れ掛かっていて、草姿が分かりにくいですね・・・。この花の色は独特で薄い黄色というか、滑らかさは感じないですけど、生クリームの黄色に似ているかな。
2008-09-27 20:41 in 野草 | Comments (2) #

2008年9月26日 (Fri)

コメナモミ(キク科メナモミ属)


 小雌巻耳。メナモミにそっくりです。相違点はメナモミは茎に毛がたくさん生えているので、茎が白く見えます。が、このコメナモミはあまり毛がないので、茎は白く見えません、どちらかと言うと赤っぽい色をしています。それと茎がほっそりしているので、慣れれば直ぐ見分けられますし、両方が生えている事も多いです。この写真は9月16日親海湿原付近で撮りました。

2008-09-26 22:25 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月25日 (Thu)

ナンブアザミ(キク科アザミ属)


 南部薊。名は岩手県を指します。葉に鋸歯はありますが、深裂しません。白馬村姫川源流付近で見られるアザミはほとんどナンブアザミです。アザミも見分けが難しいですが、確実なところから1つずつ潰していくしかありません・・。このブログでも数種のアザミを紹介していますので、右下のsearchの窓にアザミ属と入れて検索してみて下さい。
2008-09-25 19:45 in 野草 | Comments (2) #

2008年9月24日 (Wed)

オオバクサフジ(マメ科ソラマメ属)


 大葉草藤。クサフジの仲間では葉が大きくて、葉の数が4~8枚と少ないので分かります。これは崖の上の方から垂れ下がって咲いていました。車で通り掛かって、いっぱい花が付いているツル植物が目に入ったので、車を止めて見ました。かなり大きな株で見事でしたよ。どちらかと言えば盛りが過ぎていたのが残念でしたけど。撮影は9月の7日か8日頃でした。

2008-09-24 18:52 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月23日 (Tue)

ナンテンハギ(マメ科ソラマメ属)


 南天萩。葉が南天の葉に似て、花が萩の花に似ているのでこの名があるそうですが、ナンテンハギは2枚で1セット、ナンテンは3枚で1セットの葉です。2枚で1セットの葉を持っているので、別名フタバハギです。初めてこの花を見ましたが、直ぐに分かったのはフタバハギの名前でおぼえていたからです。

 2枚目の写真には実も写っています。ソラマメ属にはクサフジやエビラフジなどよく似た仲間がたくさんあります。明日もソラマメ属の花をご紹介します。
2008-09-23 20:03 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月22日 (Mon)

コブナグサ(イネ科コブナグサ属)


 小鮒草。フナの名前は葉の形からきています。とっても地味な花ですが、草木染の材料としては有名で、黄色の色がでるそうです。八丈島の黄八丈はこのコブナグサで染めたものです。

 今日の花は地味なのでおまけにチョウの写真です。
 メスグロヒョウモン。雌黒豹紋。ヒョウモンチョウの仲間ですが雌はこのような柄です。よってメスグロヒョウモン。止まっている植物はオオバセンキュウ。親海湿原で9月16日に撮影。

 キアゲハ。黄揚羽。9月17日に白馬村野平で撮影。止まっているのはダリア?。このブログで園芸種が出てくるのは珍しいですネ。この2つの蝶、どちらも羽が欠けていますね。秋も深まってくるとこのような蝶が多くなってきます。
2008-09-22 15:00 in 野草 | Comments (2) #

2008年9月21日 (Sun)

ヤマハッカ(シソ科ヤマハッカ属)


 山薄荷。秋になると良く目につく花ですが、とても小さいので普通はあまり気が付かないかしら。でも、色がきれいですよね。小さくて分かりにくいですが、花に濃い紫のすじが入っています。なので、全体にやや濃い紫に見えます。そして、こういう感じの花があれば、ヤマハッカです。いたるところで見ました。あなたも見付けてくださいね。
2008-09-21 07:35 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月20日 (Sat)

ナガミノツルキケマン(ケシ科キケマン属)


 長実の蔓黄華鬘。こういう長い名前は漢字の意味で覚えて下さいね。長い実の付いたツル性の黄色のケマン、ということです。長い実と言うのは写真右にお行儀よく並んでいる実です。他のキケマン属の、ムラサキケマン、キケマン、ヤマエンゴサク、エゾエンゴサクなどは春に咲きます。秋に咲いているのはこのナガミノツルキケマンだけです。あまり目にしないような気がしますが、今の時期、白馬村ではあちこちで目にします。
2008-09-20 17:11 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月19日 (Fri)

ヒメシロネ(シソ科シロネ属)とイヌゴマ(シソ科イヌゴマ属)


 姫白根。実です。それとももう種がこぼれた後かしら。親海湿原(9月16日)ではタデ科以外はほとんどの花が終わり、実を見るのが楽しみです。私もだいぶ修行(?)を積んだので、花が終わっていても大抵は何の植物か分かるようになってきました。

 犬胡麻。これもそう言えばこの辺にはイヌゴマがあったな、でイヌゴマ。本で調べたら茎に下に斜めについた毛が生えていると出ていました。確かに下に斜めに生えた毛がある。種は4つ入っているかな。どこかで、種が4つというのを見たことがあるような気がするのですが、思いだせません。これは思い違い、どこにも種が4つなんて書いてありませんでした・・。 
2008-09-19 20:49 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月18日 (Thu)

ウシハコベ(ナデシコ科ハコベ属)


 牛繁縷。ハコベにくらべて大きいので牛の名がついています。でもハコベよりは随分大きいですが、小さな花です。写すときはあまり意識していなかったのですが、写真を見たら、上にシダ、左にキレハノブドウの葉、右にタチシオデ(?)の葉が写っていました。他のものが写らないように撮る人も多いですが、私は何か別の物が写っていると嬉しくて、分からなければ思わず調べまくってしまいます・・。
2008-09-18 18:32 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月17日 (Wed)

ハナタデとイヌタデ(タデ科タデ属)


 花蓼。イヌタデに似ていますが、イヌタデよりも花がまばらで、色が薄いです。また、葉はイヌタデの葉より幅が広く先が尾状に細くなっています。また葉の真中に黒い班があるのが特徴です。秋はタデ科の植物がたくさんで同じところに、何種類も生えているので、見比べるのに好都合です。

 という訳で、2枚目の写真はハナタデとイヌタデが一緒に写っています。濃い色の花がイヌタデ、薄い色がハナタデです。また後の上、やや左寄りのキツネの顔をしたような葉はやはりタデ属のミゾソバです。それから右上にチラッと見える赤い花はミズヒキかなぁ。その赤い色の花の左の3つの葉がワンセットになった葉はヌスビトハギ?

2008-09-17 22:35 in 野草 | Comments (2) #

2008年9月16日 (Tue)

アキノエノコログサ(イネ科エノコログサ属)


 秋の狗尾草。識別の難しいイネ科の中ではエノコログサ属は覚えやすいです。エノコログサ、ムラサキエノコロ、キンエノコロの3種の穂はほぼ真っ直ぐ立っているのに対して、アキノエノコログサは写真で見るように穂が他の3種よりも長く垂れているのが特徴です。今日親海湿原で写しました。周りに見えているピンクの花はミゾソバです。秋を感じますねぇ。
2008-09-16 21:02 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月14日 (Sun)

ヤブマメ(マメ科ヤブマメ属)


 藪豆。昨日に続きつる植物です。可愛い花ですが、それにだまされて抜かずに放っておくと大変な事になります。この可愛い花(開放花というそうです)の他に、閉鎖花というものがあって、受粉しなくても確実に種ができます。しかも、地下に出来る閉鎖花もあって、地下のものは地上にできるものより種子が6倍も重く、今生えている場所に確実に子孫が残るそうです。(ピッキオ編著の『花のおもしろフィールド図鑑・秋』を参照しました)
 下にある花のうしろの葉がヤブマメの葉です。
2008-09-14 13:08 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月13日 (Sat)

カナムグラ(クワ科カラハナソウ属)


 今、道端のつる草の中で一番目に付いている花ではないでしょうか。雌雄異株です。なので、私が見る図鑑は雌雄どちらかしか載っていないか、別の写真が載せてあります。でも、この写真は雄株と雌株が隣り合っていたので、同じ画面の中に雄花と雌花を見ることができます。左下の円錐状にたくさん花が付いているのが雄花、下向きに付いている花が雌花です。
2008-09-13 20:26 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月12日 (Fri)

花いちもんめと野沢温泉秋祭り


 『花いちもんめ』という昔の遊び知っていますか? 「勝って嬉しい花いちもんめ」「負けて悔しい花いちもんめ」と歌いながらする遊びです。その懐かしい遊びを9月9日お祭りの日の神社の境内で見ました。しばらく、歌を聞きながら見ていました。

 野沢温泉の秋祭り。野沢温泉には初めて行ったのですが、こじんまりしていて良いところでした。お祭りも見応えのある、また見物の人も大勢で、とても楽しく見ることが出来ました。この場所はもう最後、この後、湯沢神社の鳥居をくぐり本殿に向けて石段を駆け上がります。お神輿を担いでいる人々もずいぶん気合が入っていましたよ。
2008-09-12 13:52 in その他 | Comments (4) #

2008年9月9日 (Tue)

オオバセンキュウ(セリ科シシウド属)


 大葉川芎。2008年9月5日親海湿原で撮影。このブログ4回目の登場ですが、花の大写しは初めてです。花の細かいところは、写真の方が良く分かりますね。でもやはりセリ科は難しいです。悩まされる事も多い。図鑑も網羅している訳ではないし・・。
2008-09-09 05:55 in 野草 | Comments (2) #

2008年9月8日 (Mon)

ユウガギク(キク科ヨメナ属)


 柚香菊。柚のような香りがする菊という意味ですが、そんなこともないような。なかなかきれいなのですが、秩序なくあちこちに枝を伸ばしているので、花瓶に生けるのには向いていません。野菊の中では早く咲きます。この間ご紹介したシロヨメナはシオン属、今日のユウガギクはヨメナ属・・・、いったいどこでどのように属を決めるのでしょうね。
2008-09-08 22:15 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月6日 (Sat)

ナンバンハコベ(ナデシコ科ナンバンハコベ属)


 南蛮繁縷。このユニークな花の形が日本らしくないと思われたのでしょうか。それで南蛮の名が付いていますが、れっきとした在来種です。花びらが例外なくきっかり折れているのが面白いと言うか、不思議ですよね。この時期、このナンバンハコベもそうですが、あちこちにからみ付いているつる性植物が目に付きます。
 この写真は2006年8月27日の撮影です。
2008-09-06 22:55 in 野草 | Comments (2) #

2008年9月5日 (Fri)

ミズオトギリ(オトギリソウ科ミズオトギリ属)


 水弟切。オトギリソウ科の中でピンクの花はこれだけです。あとは黄色ですね。それで属も違ってこれはミズオトギリ属、あとのものはオトギリ属。またミズオトギリは午後3時頃に咲くという変り種です。
 今日は大町にいったので、その帰り4時過ぎに親海湿原に寄って写しました。
2008-09-05 22:37 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月4日 (Thu)

ハクサンフウロ(フウロソウ科フウロソウ属)


 白山風露。昨年の8月2日の写真です。栂池自然園で撮りました。撮り易い場所に咲いていないので、やっと1輪です。拡大写真をよく見ると左下につぼみが見えますが・・。葉は左下と、右にはある、掌状の葉です。八方尾根では上の樺の少し手前の斜面、栂池自然園では楠川を渡って直ぐのところで見ることができます。濃い目のピンクが可愛いです。
2008-09-04 23:12 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月2日 (Tue)

ミヤマコウゾリナ(キク科コウゾリナ属)


 深山剃刀菜。2006年8月28日八方尾根で撮影。ミヤマコウゾリナはコウゾリナやカンチコゾリナに比べてやわらかい感じの花と葉です。丈も他の2種より低いので、間違える事はありません。また、八方尾根では八方池より上部で見ることができます。
2008-09-02 20:34 in 野草 | Comments (0) #

2008年9月1日 (Mon)

ミヤマアカバナ(アカバナ科アカバナ属)


 深山赤花。この写真も一昨年の8月28日八方尾根で写しました。花の丈はせいぜい20センチととても小さいので他のアカバナとは間違いません。下の樺より上にあります。私も今年は、八方池より上に行ったのは2度だけ。扇の雪渓にはまだ行っていません。このまま行かずに今年は終わってしまうのかな。行きたい!!です。
2008-09-01 22:57 in 野草 | Comments (0) #