2007年9月30日 (Sun)

コタヌキラン?(カヤツリグサ科スゲ属)


 小狸蘭。名前は・・もう少し経つと狸の尻尾のように見える?のでしょうか。カヤツリグサ科とイネ科の違いは、まだこれから勉強しますが、よく似てますよね。
 なんて、地味な花のことばかり書いていたら、友人が専門家に、このブログを見てくださるように、頼んでくれ、やはり写真だけでの同定は難しいことが分かりました・・。その専門家の方が私の友人に「信州のお友達に上げて下さい」と言って図鑑を下さったそうです。送られてきた図鑑は『芽ばえとたね』という素人の私にはもったいないような専門的な図鑑で、約600種の植物の、種と芽生えのときの写真や、根の状態の写生が書かれた非売品の立派な本です。友人と図鑑を下さった方に感謝感謝です!!
2007-09-30 22:17 in 野草 | Comments (4) #

2007年9月28日 (Fri)

オオヨモギ(キク科ヨモギ属)


 大蓬。蓬より高所に生えます。香りはヨモギよりもずっとよく、茎に毛が無いので、茎に毛があるヨモギより、すっきりした印象があります。春の草丈が3、40センチの頃は摘み取って、葉は天ぷらに、茎はおしたしにして食べると美味しいです。地味な花ばかり紹介していると嫌われそうですが、どっぷり地味な植物にハマっています。撮影は2007年8月20日・猿倉です。
2007-09-28 23:27 in 野草 | Comments (0) #

2007年9月27日 (Thu)

ススキ(イネ科ススキ属)


 薄。名前のはっきりしないイネ科が続きましたが、今日は皆様ご存知のススキです。前回のコメント欄にも書きましたが、イネ科の植物はキク科、ラン科、カヤツリグサ科と並んで種類がとても多い上に地味なのでネットで見られる写真の数も限られ、同定は非常に難しいです。
 写真は2002年9月2日白馬村・猿倉です。
2007-09-27 20:53 in 野草 | Comments (0) #

2007年9月25日 (Tue)

イネ科の植物・その3


 名前が分かりません。この植物は色がきれいで繊細なのでつい撮ってしまいます。撮影は2006年8月29日・栂池自然園です。イネ科の植物は秋が一番目につきます。今まで、写真を撮っても名前が分からないのでお蔵入りしていましたが、分からなくても載せてみようと思います。分かり次第名前を付け加える予定です。お付き合いくださいね。

2007-09-25 23:53 in 野草 | Comments (4) #

2007年9月24日 (Mon)

イネ科の植物・その2


 もしかしたら、タカネコウボウ(イネ科ハルガヤ属)・高嶺香茅。2007年7月29日八方尾根で撮影。
 1つ前のイネ科その1は、とりあえずタカネノガリヤス(イネ科ノガリヤス属)・高嶺野刈安。詳しい方、教えて下さい・・。
2007-09-24 22:17 in 野草 | Comments (0) #

2007年9月23日 (Sun)

イネ科の植物・その1


 イネ科の植物には涼しげで素敵だなと思うものが結構あります。今日のイネ科の植物もステキ!と思って撮ったのですが、名前が分かりません。家にある図鑑すべてをみても分からない。どなたかイネ科の植物に詳しい人はいないかしら? イネ科に詳しいガイドさんをやとって山に行きたいです。
 撮影は2007年9月19日です。
 とりあえずタカネノガリヤス(イネ科ノガリヤス属)・高嶺野刈安。
2007-09-23 23:38 in 野草 | Comments (0) #

2007年9月21日 (Fri)

ワレモコウ(バラ科ワレモコウ属)


 吾亦紅。ワレモコウは2度目の登場ですが、前回は脇役だったので、今回は昨日のハッポウワレモコウと見比べやすいように載せてみます。地味なわりには、茶花として人気があるせいか、よく知られている花ですよね。
 撮影は2007年9月19日です。
2007-09-21 19:15 in 野草 | Comments (0) #

2007年9月20日 (Thu)

ハッポウワレモコウ(バラ科ワレモコウ属)


八方吾亦紅。ワレモコウとカライトソウの雑種だと言われています。図鑑で見るナガボノアカワレモコウ(長穂の赤吾亦紅)とよく似ていますが、どうも少し違うようです。いろいろな図鑑を見てみましたが、ナガボノアカワレモコウが、カライトソウとワレモコウの雑種という記述は見当たりませんでした。なお、ハッポウワレモコウという名がある図鑑は見たことがなく、『八方の花』というような、当地の名を冠した本で見ることができます。
 昨日2007年9月19日の撮影です。
2007-09-20 21:45 in 野草 | Comments (0) #

2007年9月19日 (Wed)

雲海


 9月19日久しぶりに行った八方尾根から見た雲海です。下からゴンドラとリフトを2本乗り継いで行ったら、雲の上に出ました。手前は遠見尾根、遠くに見えるのは南アルプスです。
 雲の上は強い日差しで、花の撮影には向きませんでした。それでも、明日から2,3のこのブログ新登場の植物をご紹介したいと思います。
2007-09-19 23:50 in 風景 | Comments (2) #

2007年9月18日 (Tue)

ヒロハツリバナ(ニシキギ科ニシキギ属)


 広葉吊花。あまり良い写真じゃありませんが、昨日予告したので・・。花びらが4枚なのがわかりますよね。八方池の直ぐ上のこの場所はクロベ(杉のような葉)の中に咲いています。枝が邪魔になって写真が撮りにくいのですが、直ぐそばに寄れるので・・。撮影は2007年6月30日です。
 実です。4つに割れているのが分かるでしょうか? 撮影は2005年10月7日です。今度は昨日のツリバナの実のはじけた写真を撮ってこなければいけませんねぇ。
2007-09-18 20:43 in 樹木 | Comments (0) #

2007年9月17日 (Mon)

ツリバナ(ニシキギ科ニシキギ属)


 吊花。2005年9月17日、居谷里湿原で写しました。昨日クロツリバナをご紹介して、この写真の事を思い出しました。クロツリバナとおなじ5枚の花弁を持っているので、手まりのような実も5つに縦のすじが入っています。もっと高所にあるヒロハツリバナは4枚の花弁で、実も4つに割れます。明日はヒロハツリバナの写真を載せることにします。
2007-09-17 19:40 in 樹木 | Comments (0) #

2007年9月16日 (Sun)

クロツリバナ(ニシキギ科ニシキギ属)


 黒吊花。9月11日栂池自然園でクロツリバナの実も撮るつもりだったのに、8月の暑さのせいか、背の低い木に付いているのを1つ見ただけでした。写真は2007年7月5日、出たばかりのつぼみです。やっと葉だけで分かるようになりました。と言ってもある場所を知っているからですけど・・。
2007-09-16 20:38 in 樹木 | Comments (0) #

2007年9月15日 (Sat)

ウラジロナナカマド(バラ科ナナカマド属)


 裏白七竈。昨日ウラジロナナカマドの実を載せて、このブログでまだウラジロナナカマドの花を載せていないのに気がつきました。ナナカマドはどうしても紅葉や実の方を写すことの方が多いです。写真は古くて、2003年7月27日栂池から天狗原を通って風吹大池に抜ける途中で撮ったものです。
2007-09-15 21:32 in 樹木 | Comments (0) #

2007年9月14日 (Fri)

タケシマランとオオバタケシマラン(ユリ科タケシマラン属)




2007-09-14 17:14 in 野草 | Comments (0) #

ベニバナイチゴとミヤマウラジロイチゴ(バラ科キイチゴ属)




2007-09-14 17:11 in 樹木 | Comments (0) #

ウラジロナナカマド(バラ科ナナカマド属)とオオヒョウタンボク(スイカズラ科スイカズラ属)




 9月11日に栂池自然園で見た赤い実を6種類お見せしました。8月に雨が多かったせいか、時期が遅かったのか、実は少ないように思いました。
2007-09-14 17:09 in 樹木 | Comments (0) #

2007年9月13日 (Thu)

クロバナロウゲ(バラ科クロバナロウゲ属)


 黒花狼牙。この写真はもう実になったクロバナロウゲです。花が黒みがかった赤で、蕚、花びらともに鋭く尖っているのこの名があります。東北地方と北海道の他には、日光と尾瀬、それに栂池自然園くらいでしか見られないようです。栂池自然園でもミズバショウ湿原の一部に群生しているだけです。また、8月の初旬から中旬にかけての比較的短い期間に咲いているだけです。お見逃しなく。2007年9月11日の撮影です。
2007-09-13 21:53 in 野草 | Comments (0) #

2007年9月12日 (Wed)

バイケイソウ(ユリ科シュロソウ属)


 梅恵草。この緑の花をしたバイケイソウはミヤマバイケイソウとして分ける説もありますが、分けない説も強いので、バイケイソウとしました。この写真は半分は実になっていて、半分は花です。このように濃い緑の色をした花はバイケイソウくらいではないでしょうか。独特の雰囲気が好きです。撮影は昨日2007年9月11日です。
2007-09-12 18:28 in 野草 | Comments (0) #

2007年9月11日 (Tue)

白馬三山とミヤマシシウド


 やっと今日の栂池自然園をお見せする事ができました。朝7時45分にアルプを出て、今日のゴンドラ始発8時。ロープウェイ始発8時半で、浮島湿原まで行き、帰りは12時ちょうどのロープウェイで降りてきました。
 天気はご覧のように朝は上々でした。9月9日(2つ前)でご紹介した8月24日とくらべて、花はほとんど終わっています。実になったミヤマシシウドだけが目立って、トリカブトやサラシナショウマはほとんど実になっていました。
2007-09-11 23:30 in 風景 | Comments (0) #

2007年9月10日 (Mon)

ガスのかかった浮島湿原


 ここのところ初登場の花を載せず、脱線気味です・・。今日もいろんな花のある風景。栂池自然園・浮島湿原です。先月8月2日の撮影。浮島湿原、好きです。にじんだ風景もやさしくて好き!! ヒオウギアヤメ(紫)ワタスゲ(白)ニッコウキスゲ(オレンジ)などなど。 
2007-09-10 21:15 in 風景 | Comments (2) #

2007年9月9日 (Sun)

秋の栂池自然園


 8月24日のミズバショウ湿原です。8月24日以来、天候その他で、ほとんどどこにも行っていません・・。その上、古い写真ばかり続いたので、先月のもう秋の風情のミズバショウ湿原です。トリカブト、サラシナショウマ、ミヤマシシウド、などが咲き乱れています。 
2007-09-09 23:07 in 風景 | Comments (0) #

2007年9月6日 (Thu)

お花畑


 タイトル画像の近くです。オオイタドリの間にカライトソウやトリカブトなどが咲いています。いろんな花が咲いている写真を見て、どんな花が写っているのかを、探すのも楽しみの一つです。
 このところ、歩いていなくてこの写真も昨年2006年8月28日の撮影です。来週はどこかに行って新しい写真をお見せしたいです。
2007-09-06 00:55 in 風景 | Comments (5) #

信毎ホームページ大賞にノミネート


 信毎ホームページ大賞のノミネート作品が発表され、この『blogでつづるアルプの花日記』も「めでたく」ノミネート作品に選ばれました。これも皆様の日頃の励ましのおかげだと感謝しております。2007年9月6日付けの信濃毎日新聞に掲載されていますので、信濃毎日新聞を購読されている方はぜひご覧下さい。
 また9月6日から10月5日までWeb投票が行われます。ぜひ皆様の一票を『ブログでつづるアルプの花日記』に入れて下さいますよう!!
 


 <始めてこのブログを見てくださる方に>
私は長野県白馬村岩岳スキー場で小さな宿「ヒュッテ アルプ」を経営しています。花のシーズンはお客さまや友人、あるいは一人で花を求めてあちこち歩き、その情報を『blogでつづるアルプの花日記』で紹介しています。これらを通じて皆様にも花を見て歩く楽しさをお伝えできればいいな、と思っています。
2007-09-06 00:22 in その他 | Comments (12) #

2007年9月5日 (Wed)

ツガザクラ(ツツジ科ツガザクラ属)


 栂桜。栂のような葉は分かりますが、なぜ桜なのでしょね。小さい花も今回で終わり。明日からは何にしましょうか。花は可愛くて、見られたらラッキーな花を続けて掲載しましたが、写真の出来はホント良くなかったですね。見てくださっている方々も飽き飽きしたのでは、と心配です。まだ、紹介をしていない花を、と考えるとどんどん地味になっていくので、難しいですね。今日はちょっと苦労(?)を書いてみました・・・。
 撮影は大分前、2002年8月4日、カメラを始めてから2ヶ月目。
2007-09-05 09:28 in 樹木 | Comments (0) #

2007年9月4日 (Tue)

ミヤマコゴメグサ(ゴマノハグサ科コゴメグサ属)


 深山小米草。お米の粒のように小さいという意味です。八方尾根全山で見られます。でもとても小さいので、気がつかないかもしれません。この写真は接写レンズでとったので、大きく写っていますけど・・。このブログ初登場。
2007-09-04 11:41 in 野草 | Comments (0) #

2007年9月3日 (Mon)

ミヤマリンドウ(リンドウ科リンドウ属)とミツバオウレン(キンポウゲ科オウレン属)


 深山竜胆(紫)と三葉黄連(白)。またまた小さな花です。古い写真を引っ張り出してきました。2002年8月4日の撮影です。ミヤマリンドウがこのブログ初登場です。今回解像度を大きくして、スキャナーで読み込んでみたら。案外たくさんのつぼみが写っていてびっくりしました。拡大写真をご覧くださいね。ちょっと分からないかもしれませんが、昨日のヒメイワショウブの種になったのも写っていますよ。
2007-09-03 20:06 in 野草 | Comments (0) #

2007年9月2日 (Sun)

ヒメイワショウブ(ユリ科チャボゼキショウ属)


 姫岩菖蒲。とても小さい花で2006年8月28日の撮影です。アオノツガザクラが端に写っているので、小ささが分かると思います。この花も私が歩く範囲には個体数が少なく、お目にかからない年の方が多いです。
2007-09-02 20:08 in 野草 | Comments (0) #

2007年9月1日 (Sat)

ミネズオウ(ツツジ科ミネズオウ属)


 峰蘇芳。名前の由来は知りません。ツツジ科の中でももっとも小さな花です。とにかく小さい。右の方にアオノツガザクラが写っているのでその小ささが分かると思います。
 あまり良い写真ではありませんが、良い被写体に会うことも少なそうなので、ツツジ科の小さな花を続けて紹介する事にしました。撮影は、昨日までと同じで、2006年8月28日、扇の雪田です。
2007-09-01 16:48 in 樹木 | Comments (0) #