2007年8月31日 (Fri)

シラタマノキ(ツツジ科シラタマノキ属)


 白玉の木。実が白色なのでシラタマノキ。同じシラタマノキ属のアカモノ(赤物)に対してシロモノ(白物)とも言われます。アカモノはたくさんありますが、シラタマノキの群生はめったに見かけません。数も少ないし、咲く時期も短いのでしょうか? 細かい脈の入った葉が、シラタマノキの存在を主張しています。
 撮影は昨日に引き続き2006年8月28日です。
2007-08-31 23:12 in 樹木 | Comments (2) #

2007年8月30日 (Thu)

ジムカデ(ツツジ科ジムカデ属)


 地百足。ご覧の通りムカデのようだからジムカデ。昨日のアオジクツガザクラに続き小さな花です(昨日の写真の左下にチラッと写っています)。2500m以上の稜線近くに行くと、大群生が見られるようで、今年山小屋でアルバイトをした友人の写真は素晴らしかったです。が、この写真は昨年2006年の8月28日に扇の雪田で私が写したものです・・。

2007-08-30 22:15 in 樹木 | Comments (0) #

2007年8月29日 (Wed)

アオジクツガザクラ(ツツジ科ツガザクラ属)


 青軸栂桜。軸が青いので青軸です。アオノツガザクラに似ていますが、花の形がアオジクツガザクラは鐘形、アオノツガザクラは壷型です。樹木とは言っても、丈はせいぜい10cmくらいのかわいい花です。そんな小さな花が八方池より上の扇の雪田にはたくさんあります。
 撮影は昨年2006年8月28日です。
2007-08-29 21:52 in 樹木 | Comments (0) #

2007年8月28日 (Tue)

オオハナウド(セリ科ハナウド属)


 大花独活。ハナウドの特徴は一番外側の装飾化が大きいことです。写真をクリックして見て下さい。この特徴さえ知っていれば花が咲いている限り間違えることはありません。
 ハナウドだ、シシウドだというと、「ああウドね」という方が多いのですが、ハナウド、シシウドはセリ科で、茎を食べるウドはウコギ科です。お間違いのないように・・。
2007-08-28 11:31 in 野草 | Comments (2) #

2007年8月27日 (Mon)

ソバナ(キキョウ科ツリガネニンジン属)


 岨菜。岨は山の険しいところや崖などの場所を表す漢字です。実際は険しいと言うほどのところではありませんが、必ずと言っていいほど、傾斜したところに咲いています。この写真も崖を見上げて撮りました。同じ属のツリガネニンジンと似ていますが、ソバナの方が花の拡がり方が大きいです。
 8月20日、猿倉から白馬尻へ向かう道で撮影しました。
2007-08-27 20:00 in 野草 | Comments (0) #

2007年8月26日 (Sun)

エゾアジサイ(ユキノシタ科アジサイ属)


 蝦夷紫陽花。8月20日猿倉で撮影。装飾花が紫色で、花びらも切れ込みがあって、とてもきれいです。ヤマアジサイとの違いに悩みますが、猿倉近辺や栂池・栂の森など標高の高いところ(1500m付近)は大抵エゾアジサイのようです。標高が1800m以上になるとあまり見かけません。標高による植物の分布も調べてみると面白いでしょうねぇ。
2007-08-26 21:52 in 樹木 | Comments (0) #

2007年8月24日 (Fri)

イワショウブ(ユリ科チシマぜキショウ属)


 岩菖蒲。8月2日以来久しぶりに栂池自然園に行きました。いろいろな花が終わってだいぶ寂しくなってきましたが、このイワショウブはあちこちでかわいい花を咲かせていました。この花の魅力は、つぼみのときは赤く、最盛期は真っ白で、終わるとまた赤く色付いていく事です。いろいろな色の取り合わせで咲いているので、あっちを撮ったりこっちを撮ったり、ついつい何枚も撮ってしまいました。
2007-08-24 23:34 in 野草 | Comments (3) #

2007年8月22日 (Wed)

ヤグルマソウ(ユキノシタ科ヤグルマソウ属)とヤマブキショウマ(バラ科ヤマブキショウマ属)


 矢車草と山吹升麻。葉が山吹の葉に似ているのでヤマブキショウマ。前々回・8月18日に花が茶色になったヤマブキショウマを載せて、きれいなヤマブキショウマを紹介していないのに気がついたので・・。右のほっそりしたのがヤマブキショウマ、左のボリュームのあるのはヤグルマソウ

2007年8月20日 (Mon)

ミヤマウラジロイチゴ(バラ科キイチゴ属)


 深山裏白苺。8月2日、栂池自然園で初めて見ました。図鑑その他で調べた結果、雰囲気が一番近かったのが、シナノキイチゴです。が、その後8月24日に再度栂池自然園に行って、もう一度見た結果、ミヤマウラジロイチゴとしました。本にしても、インターネットにしても、必ずしも正しいとは限りません。というより、これ間違っているよな~と思うことも多いです。このブログを見て、間違っているよな~と思った時は、是非ともご指摘下さいね!!!
2007-08-20 23:52 in 樹木 | Comments (2) #

2007年8月18日 (Sat)

ミヤマトウキ(セリ科シシウド属)


 深山当帰。イチゴはお休みして、セリ科です。セリ科は見分けの難しい科の一つですが、ミヤマトウキは見分けの簡単なものの一つです。艶のある葉と、その葉をこすればセロリのような匂いがするので、一度覚えたら忘れません。私もお客さまをご案内するときは、いつも葉をこすってもらって、その匂いを体験していただています。なお、茶色の植物は花の終わったヤマブキショウマです。
 後方の山は白馬三山(左から白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳)です。撮影は2007年8月1日八方尾根から。
2007-08-18 22:03 in 野草 | Comments (3) #

2007年8月15日 (Wed)

コガネイチゴ(バラ科キイチゴ属)


 黄金苺。10センチ程度の小さな木!です。栂池自然園では、花や葉の似ているミツバオウレンと同じ場所に生えているので、ともすればミツバオウレンと思って見過ごしてしまいそうです。花弁は標準は5弁なのですが4弁のものが多いです。花期は比較的遅く、8月に入ってからです。
 この写真は昨年(2006年)8月29日の栂池自然園で撮りました。
2007-08-15 19:30 in 樹木 | Comments (2) #

2007年8月10日 (Fri)

ノウゴウイチゴ(バラ科オランダイチゴ属)


 能郷苺。名前は岐阜県能郷村で見つけられたことによるそうです。木本ではなく草本です。お店で売られている苺もオランダイチゴ属で、ノウゴウイチゴの実も大きくて食べられます。思いがけないところで見ますが、あちこちに生えているというわけではなく、この写真は八方池よりも上部の上の樺付近で撮りました。八方では私はその場所以外で目にしたことはありません。
 撮影日は7月29日です。
2007-08-10 18:32 in 野草 | Comments (0) #

2007年8月9日 (Thu)

ベニバナイチゴ(バラ科キイチゴ属)


 紅花苺。読んで字の如く、また写真を見ての通り花が赤いのでベニバナです。キイチゴ属ではほとんどが白い花なのではないかしら。実もなかなか見応えがあり、美味しそうです。ただ、国立公園に属するような場所に生えているので、ジャムにするという訳にはいきません・・。
 撮影は7月22日、白馬大雪渓の入口、白馬尻です。
2007-08-09 20:40 in 樹木 | Comments (0) #

2007年8月8日 (Wed)

ゴヨウイチゴ(バラ科キイチゴ属)


 五葉苺。葉が5枚なので五葉です。花は花弁が付きませんのでこれが咲いている状態です。何年か前にとてもきれいな黄色に色付いた葉を見ましたが、茶色に枯れたまま散ってしまう事も多いです。栂池自然園でよく見るキイチゴ属はこの他にベニバナイチゴとコガネイチゴです。栂の森湿原ではクマイチゴも見かけます。前者は標高の高いところ、後者はやや標高の低いところにあるようです。
 撮影は7月28日です。
2007-08-08 23:51 in 樹木 | Comments (0) #

2007年8月6日 (Mon)

イブキジャコウソウ(シソ科イブキジャコウソウ属)


 伊吹麝香草。麝香の香りがするのでジャコウソウ。タイムの匂いです。岩の割れ目や地面に這うように咲いていますが、それでも木です。この日は特に鮮やかな色をしているような気がしました。
 滋賀県と岐阜県の境にある伊吹山の名のついた花もたくさんありますよね。是非1度行きたいと思っているのですが、なかなか実現しません。
 写真の撮影日は7月29日で、場所は八方尾根です。

2007-08-06 21:36 in 樹木 | Comments (6) #

2007年8月5日 (Sun)

オニアザミ(キク科アザミ属)


 鬼薊。7月29日八方尾根で写しました。昨年何種類ものアザミをご紹介したので、てっきりオニアザミも紹介したものと思っていましたが、まだでした。八方尾根にあるアザミ属の中ではこのオニアザミが一番存在感があります。私はオニアザミを見るとなぜかのびのびした気分になります。
 右下のブログ内の検索(Search)の窓にアザミ属と入れてみてください。何種類ものアザミが見られますよ!!
2007-08-05 23:18 in 野草 | Comments (2) #

2007年8月4日 (Sat)

イワシモツケ(バラ科シモツケ属)


 岩下野。岩場に生えるシモツケの意で、下野は地名で下野地方にたくさんある木ということでしょうか。岩と付いても必ず岩場に咲く訳ではありませんが、この写真のイワシモツケは大きな岩の割れ目に咲いています。なお、黄色の花はキバナノカワラマツバです。
 撮影は2007年7月29日の八方尾根です。
2007-08-04 19:55 in 樹木 | Comments (0) #

2007年8月3日 (Fri)

シロウマチドリ(ラン科ツレサギソウ属)


 白馬千鳥。よく似た花にホソバノキソチドリ、コバノトンボソウ、キソチドリなどがあります。この3種にくらべるとシロウマチドリはあまり目にしません。正直なところこれが本当にシロウマチドリかどうか確たる自信はありませんが・・・。また図鑑に書かれていることが正しいとは限らないので、同定するのもなかなかむずかしいですね。
 撮影は7月28日栂池自然園です。
2007-08-03 20:53 in 野草 | Comments (0) #