2007年7月31日 (Tue)

ハクサンチドリ(ラン科ハクサンチドリ属)


 白山千鳥。またまたハクサンのついた名前です。八方尾根のいたるところにぽつぽつと咲いています。このような色なので、直ぐに目に入ります。ただ、あまり群生はしていないので、2本以上を入れて撮るのは難しいです。なかなか良い被写体には会えませんが、まだこのブログに登場していなかったので、載せることにしました。
 撮影は一昨日、7月29日八方尾根です。
2007-07-31 22:06 in 野草 | Comments (2) #

2007年7月30日 (Mon)

ミネウスユキソウ(キク科ウスユキソウ属)


 峰薄雪草。昨日7月29日、お客さんと八方尾根に出かけました。朝7時頃にアルプを出て、帰ってきたのは夕方4時40分。たっぷり八方の花を楽しんできました。お客さんが夜、見た花を数えたら百数十種の花がありました。
 調べてみたら、このミネウスユキソウもまだご紹介していませんでした。夜行バスでいらして、28日栂池自然園、29日八方尾根、30日親海湿原と3日間植物観察のお供をさせていただきました。その中からまだ紹介していない花を順次ご紹介します。

2007-07-30 23:25 in 野草 | Comments (0) #

2007年7月28日 (Sat)

エゾシオガマ(ゴマノハグサ科シオガマギク属)


 蝦夷塩竈。本日7月28日、山口県からいらしたお客さんをご案内して栂池自然園に行ってきました。途中で雨に降られましたが、ゴアテックスの雨具のお陰で快適に歩いてきました。今日よく目についたものは、この他に、ニッコウキスゲ、クルマユリ、ヒオウギアヤメなどでした。このエゾシオガマはブログ初登場で、後方のオレンジ色はニッコウキスゲです。
2007-07-28 21:20 in 野草 | Comments (0) #

2007年7月26日 (Thu)

ハクサンオミナエシ(オミナエシ科オミナエシ属)


 白山女郎花。7月22日猿倉から白馬尻に行く途中の大きな岩に咲いています。八方にも栂池にも咲いていますが、全山いたるところに咲いているわけではありません。
 昨日もハクサンの名前が付く花でした。そういえば、ハクサンオミナエシもまだ紹介していなかったな、という訳で今日もハクサンの付く花にしました。レモンイエローがステキです。
2007-07-26 17:24 in 野草 | Comments (0) #

2007年7月25日 (Wed)

ハクサンコザクラ(サクラソウ科サクラソウ属)



 白山小桜。7月5日栂池自然園・浮島湿原で撮影。遊歩道から離れているので、見ようと思わなければ見えません。時期が良かったのか遠くからでも、たくさん咲いているのが分かります。気が付かない人の方が多いのはちょっと残念です。
2007-07-25 23:52 in 野草 | Comments (0) #

2007年7月24日 (Tue)

ヒメヤシャブシ(カバノキ科ハンノキ属)


 姫夜叉五倍子。7月22日猿倉から白馬尻への道で撮影。葉はクマシデに似ているけど、実がクマシデの実ではない。実はミヤマハンノキに似ているけど、葉がミヤマハンノキではない。で、ハンノキ属で検索して探しあてました。涼しげな写真でしょ?
 ちなみにクマシデはカバノキ科クマシデ属です。
2007-07-24 17:38 in 樹木 | Comments (2) #

2007年7月23日 (Mon)

エゾノヨツバムグラ(アカネ科ヤエムグラ属)


 蝦夷の四葉葎。久しぶりに(7月5日以来)現像しました。昨日、7月22日の撮影です。猿倉から白馬尻まで行きました。猿倉は5月31日以来2度目です。
 エゾノヨツバムグラは図鑑には草丈10センチ~20センチと書いてありますが、この写真のものは10センチ以下でしょうね。葉の長さは2センチくらい。雨が降っていたので、エゾノヨツバムグラもコケもとてもきれいでした。
2007-07-23 23:08 in 野草 | Comments (0) #

2007年7月22日 (Sun)

マユミ(ニシキギ科ニシキギ属)


 真弓。2007年6月7日の撮影です。ツリバナにそっくりです。名前の似ているコマユミとはあまりにていません。どこにでもあるのに、今年初めてあちこちに咲いている花に気がつきました。
2007-07-22 22:10 in 樹木 | Comments (0) #

2007年7月19日 (Thu)

クロウスゴ(ツツジ科スノキ属)


 黒臼子。実が臼のようにへこんでいるのでこの名があります。昨日のコヨウラクツツジと同じような形の花なので、スノキ属とヨウラク属の違いはありますが続けて載せてみました。ご覧のようにコヨウラクツツジと違い、葉が花を包んだまま出てきます。最初、葉はやや下を向いています。その後、葉は上を向きます。花は下を向いていますが、実になると上を向きます。 撮影は2003年6月27日です。
2007-07-19 21:21 in 樹木 | Comments (0) #

2007年7月18日 (Wed)

コヨウラクツツジ(ツツジ科ヨウラクツツジ属)


 小瓔珞躑躅。葉より花のつぼみの方が先に出てきます。早い時期に行くと、葉に包まれて出てくるのか、葉とは別に花が咲きに出てくるのかを確かめる事ができて面白いです。
 この花の特徴は少しゆがんだつぼ型で、花の大きさはとても小さいです。ツツジ科の中ではもっとも早く咲くと言っていいかな。撮影は7月5日栂池自然園です。
2007-07-18 23:49 in 樹木 | Comments (0) #

2007年7月17日 (Tue)

ハリブキ(ウコギ科ハリブキ属)


 針蕗。ハリブキもウコギ科なんですね。知りませんでした。コシアブラやタラノキもウコギ科の木本。ウドはウコギ科の草本です。ハリブキはコシアブラやタラノキと違って低木です。名前は鋭い刺があって、フキの葉に似ているからだそうですが、フキの葉に似ているとも思えませんが・・。
 秋になると真っ赤な実になって目につきますが、この状態では目に留める人はあまりいないかもしれませんね。実の写真も並べて載せようとおもったのですが、写真がありませんでした。撮影は7月5日、栂池自然園です。
2007-07-17 23:47 in 樹木 | Comments (0) #

2007年7月16日 (Mon)

柏崎市青海川駅


 この写真は2003年4月6日の柏崎市青海川駅を撮った写真です。柏崎は毎年1度は出かける大好きなところです。また各駅停車の旅が趣味なので、この写真は柏崎駅の2つ西寄りの青海川で途中下車したときに写したものです。
 その青海川の駅が今日の中越沖地震で埋まってしまいました。また、柏崎の街もとても大きな被害を受けています。1日も早い復興を願っています。 去年の7月26日には柏崎の花火を見に行きましたが今年はどうなるのでしょうか。
2007-07-16 20:57 in 風景 | Comments (2) #

2007年7月14日 (Sat)

オカトラノオ(サクラソウ科オカトラノオ属)


 岡虎の尾。サクラソウというと、サクラソウやユキワリソウ、ハクサンコザクラなどが思い浮かびますが、オカトラノオもこの仲間です。えっ!て思いますよね。
 ここのところどこにも行っていません。この写真は2006年7月19日の撮影です。梅雨の合間にカメラを持って、近所を散歩したときに写しました。チョウはミヤマカラスシジミです。雨が止んだらきっと多くのチョウが見られることでしょう。オカトラノオもこの付近ではやっと咲きだしたところです。
2007-07-14 22:23 in 野草 | Comments (0) #

2007年7月13日 (Fri)

テガタチドリ(ラン科テガタチドリ属)


 手形千鳥。名前の由来は根の形が手のひらに似ているからだそうです。八方池の周りでたくさん見ることができます。今年はまだ八方に1度行っただけでそのときは咲いていませんでした。この写真は2005年7月9日のものです。
 ここのところ天気が悪くてあまり出歩いていません。月末には植物観察が目的のお客さまとあちらこちらに行く予定ですが、それまでにもう1回くらいは出かけたいと思っています。
2007-07-13 20:56 in 野草 | Comments (0) #

2007年7月12日 (Thu)

ミヤマヤナギ(ヤナギ科ヤナギ属)


 深山柳。植物に興味がなければ、写真を撮ろうとは思わない種類のものですよね。それでもファインダーを覗いていると、日に輝く瞬間があってそれなりにきれいでした。7月5日、栂池自然園での撮影です。
 ついつい良い被写体を探しすぎて、シャッターを押しそびれてしまうので、あとで写して置けば良かったと思うことが多いです。
2007-07-12 23:48 in 樹木 | Comments (0) #

2007年7月10日 (Tue)

ヒメイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属)


 姫一華。とっても可憐な花です。このブログ初登場とはビックリ。この花を見ると優しい気持ちになります。何年か前にこの写真と同じ栂池自然園でブーケのようなヒメイチゲを見ましたが、その後はそんな大株は見たことがありません。大株と言ってもこの花自体はとても小さく、花は直径1センチくらい、丈は5~15センチくらいです。撮影は7月5日。
2007-07-10 20:00 in 野草 | Comments (0) #

2007年7月9日 (Mon)

カラフトメンマ(オシダ科オシダ属)


 樺太・・めんまはどういう字なのか・・。「花かつお」をまぶしたみたい、といつも思います。栂池自然園にはたくさんありますが、八方尾根や五竜では見ないような。
 このブログで紹介した植物はいくつくらいになるのやら、で、索引を作ってみました。園芸植物などは省いて、250余でした。とりあえず300種目指して頑張ります!!
 それでしばらくは、このブログ初登場を続けられるだけ続けます。
2007-07-09 16:32 in 野草 | Comments (2) #

2007年7月8日 (Sun)

エビガライチゴ(バラ科キイチゴ属)


 海老殻苺。見た通りの名前です。あまり見かけませんが、昨日と同じこの秘密の場所にはたくさんあります。私も花が咲いているのは始めて見ました。雨が降っていて暗かったので、写っているかどうか心配でしたが、よく雰囲気がでていると思います。この秘密の場所には何度も通いたいと思っています。ご希望の方はご案内しますので、アルプにいらして下さい。
 撮影は6月30日です。
2007-07-08 23:24 in 野草 | Comments (0) #

2007年7月6日 (Fri)

キリンソウ(ベンケイソウ科マンネングサ属)


 麒麟草、黄輪草。私はずっと麒麟草と思っていましたが、最近になって黄輪草ともいうことを知りました。麒麟てそんなに黄色かな、と思っていたわけですが・・。キク科のアキノキリンソウは麒麟草と表記してあることの方が断然多いようですが・・。
 この写真は6月30日の撮影で、場所は秘密です。ここのところとっても気にいっている場所で、崖に生えているので目の前にほぼ垂直にこの画面が見えると考えると、ちょっとすごいでしょ? 
 ちなみに4回連続で今日も黄色の花にしてみました。
2007-07-06 23:23 in 野草 | Comments (0) #

2007年7月5日 (Thu)

シナノキンバイ(キンポウゲ科キンバイソウ属)


 信濃金梅。今日7月5日栂池自然園で撮影。栂池には6月1日以来で、今年2度目です。そして、シナノキンバイはこのブログ初登場!! 前回、前々回と黄色の花だったので、今日も黄色の花にしてみました。
 この花が初登場とは自分でもびっくりしました。目立つ花ですし、どこにでもあるという花でもないので、すでに紹介したことがあると思っていました。近いうちにこのブログで紹介している植物の索引を作りたいと思っています。
2007-07-05 23:37 in 野草 | Comments (0) #

2007年7月4日 (Wed)

ミヤマタンポポ(キク科タンポポ属)


深山蒲公英。6月29日撮影。山の上のタンポポです。切れ込みのない葉が特徴です。ここ白馬でも、里では、セイヨウタンポポの勢力がすごくて、在来のタンポポがほとんど見られなくなってきました。セイヨウタンポポを見ると憎っくきタンポポと思ってしまいますが、在来のタンポポを見ると少しホッとします。でも八方池へ行くの途中のトイレのそばには、標高1900メートルくらいのところにもかかわらず、セイヨウタンポポが咲いていました。


2007-07-04 00:47 in 野草 | Comments (0) #

2007年7月2日 (Mon)

クモマスミレとキバナノコマノツメ(スミレ科スミレ属)


 雲間菫と黄花の駒の爪。2つともスミレ科スミレ属で、このブログ初登場です。この2つはとてもよく似ています。
 クモマスミレは、私が歩く範囲では、この写真の場所、八方池の直ぐ上のガレ場にあるだけです。キバナノコマノツメの葉より厚い葉をもっています。もっと歩ける場所の近くにあれば良かったのですが、あっちを向いていたり、遠かったり・・・。

 キバナノコマノツメの方は八方池周辺や八方池から下の樺に登る途中でたくさん見ることができます。クモマスミレより葉が薄いです。またスミレの名がつかないスミレはこのキバナノコマノツメだけです。
 この日(6月28日)は他にミヤマナガハシスミレを見ました。
2007-07-02 21:36 in 野草 | Comments (2) #