2007年4月30日 (Mon)

ハナノキ(カエデ科カエデ属)


 花の木。ハナカエデともいいます。三河地方と大町市居谷里湿原でしか見られないめずらしい木です。この木の存在は知っていましたが、花の咲いているときに行ったことがなかったので、昨日やっとわかりました。遊歩道からは距離があるので花の形などは、分かりません。でもたくさんの本数があってこの時期だとすぐ見つけることができます。なぜ隔離分布しているかは分かっていないそうです。
2007-04-30 23:10 in 樹木 | Comments (0) #

2007年4月22日 (Sun)

オクチョウジザクラ(バラ科サクラ属)


 奥丁子桜。これも4月8日雪国植物園で撮りました。小谷村にはオクチョウジザクラがあるそうですが、まだ見に行ったことがありません。白馬村では聞きませんが、ないのかしら・・。
 ご覧の通り蕚筒が長いので丁子の名があります。
 白馬の桜はまだです。早くから雪が消えたので、今年は早く咲くかと思ったのですが、例年とあまり変わらないようです。
2007-04-22 22:13 in 樹木 | Comments (2) #

2007年4月17日 (Tue)

キクバオウレン(キンポウゲ科オウレン属)


 菊葉黄連。これも雪国植物園で写しました。白馬にはミツバオウレン、バイカオウレンはたくさんありますが、キクバオウレンはないのではないかな。セリバオウレンはあまり見ませんが、姫川源流付近にもあるようです。
 右下の葉を見るとキクバですよね。群生はしていませんでしたが、あっちに少し、こっちに少しと生えていました。地味なりに、存在感がありました。
2007-04-17 21:53 in 野草 | Comments (0) #

2007年4月16日 (Mon)

アズマシロカネソウ(キンポウゲ科シロカネソウ属)


 東白銀草。これも雪国植物園で写したものです。3回連続初めて見た花です。
 雪国植物園のコンセプトは『雪国越後の里山をそのまま利用し、高山植物・外来植物・園芸植物等を一切入れず、自然植生を大切にして造り上げた自然植物園』です。
 なので、もちろんこのアズマシロカネソウもこの辺りに自生する植物なのでしょうが、この撮影した個体は、多分植えられたもののようです。
2007-04-16 22:37 in 野草 | Comments (0) #

2007年4月14日 (Sat)

ホクリクネコノメ(ユキノシタ科ネコノメソウ属)


 北陸猫の目。昨日のコシノコバイモと同じく雪国植物園で写したものです。赤い葯が特徴です。
2007-04-14 22:51 in 野草 | Comments (4) #

2007年4月13日 (Fri)

コシノコバイモ(ユリ科バイモ属)


 ご無沙汰しました。やっと花の季節がやってきました。今年はまだ親海湿原にも行っていません。そろそろフクジュソウが満開のようなのですが・・。
 今日の写真は、4月8日に新潟県長岡市の雪国植物園で撮りました。雪国植物園は平成8年に開園した植物園で、大勢のボランティアに支えられて管理されている35ヘクタールに及ぶ植物園です。機会があれば行ってみてください。
2007-04-13 12:52 in 野草 | Comments (3) #