2006年12月12日 (Tue)

川の雑学・富士川水系


 長野県の川は北から時計回りに、姫川水系、関川水系、信濃川水系、利根川水系、ふたたび、信濃川水系ときて、次は富士川水系です。諏訪郡富士見町の半分が富士川水系に属し、残り半分は諏訪湖に注いでいるので天竜川水系になります。この写真の川は立場川で、釜無川に合流し、笛吹川となり最後に富士川となります。釜無川の上流も富士見町を流れていて、そちらのほうがきれいな景色のようですが、青春18切符を使った各駅停車の旅で、歩ける範囲のところの川ということで立場川を選びました。
 まったく魅力の無い写真だなと自分でも思うのですが、この写真に写っている鉄橋が「めっけもん」でした。旧中央東線の廃線になっている旧立場川鉄橋です。適当に歩いていって遭遇しました。本当は軌道上に登ってみたかったですが、時間に余裕がなかったのであきらめました。その向こうに写っている橋は中央道です。昨日12月11日の撮影です。
2006-12-12 23:20 in 川の雑学 | Comments (2) #