2006年7月17日 (Mon)

イタチササゲ(マメ科レンリソウ属)


 鼬大角豆。草姿はえんどう豆ににています。結構大型で割と目立ちますが、他の大型の草と生えていることが多いので、気がつくかどうか・・。花はご覧のように、下の方から順にクリーム色からイタチの毛の色に変わっていきます。名前はそこから付きました。
 この野草の特筆すべきは、美味しいということです。ただし、白馬で一番たくさん見られる、この姫川源流付近は自然保護地区なので、先の芽のところだけといえども採るわけには行きません。観光シーズンになって道筋の他の草とともに刈られているのを見るたびに、刈るのなら食べさせてよ、と心の中で怒っています。
 撮影は7月15日です。
2006-07-17 10:08 in 野草 | Comments (0) #