2006年5月31日 (Wed)

カキツバタ(アヤメ科アヤメ属)


 昨日の写真です。ミツガシワが満開ですが、カキツバタも咲き始めました。少しの間、両方が楽しめるでしょうか。カキツバタは6月中旬まで充分に楽しめるでしょうね。いよいよ親海湿原から眼が離せなくなってきました・・。
2006-05-31 22:03 in 野草 | Comments (0) #

2006年5月30日 (Tue)

親海湿原のミツガシワ(ミツガシワ科ミツガシワ属)


 昨年も何度かミツガシワを載せましたが、今日の親海湿原のミツガシワは一段と見応えがありました。毎日観察に行くわけではないので、いつが一番素晴らしいかはわからないのですが、今日はいい線いっていたと思います・・・。
2006-05-30 23:22 in 野草 | Comments (0) #

2006年5月28日 (Sun)

新緑


 5月24日白馬村落倉の山を友人夫妻の案内で歩きました。新緑がとってもきれいでした。写真はニリンソウの群生と新緑です。標高の低いところから順番に濃い緑に変わって行きますが、標高の高いところではまだまだ新緑が楽しめます。皆様も遅い新緑を楽しみにきてください。ご案内しますよ。
2006-05-28 20:38 in 風景 | Comments (2) #

2006年5月23日 (Tue)

アミガサタケ(アミガサタケ科アミガサタケ属)


 編笠茸。今、アルプの花壇の中に生えています。フランスではモイーユといって高級食材だそうです。アルプの花壇の中には1本しか生えていないので、別の場所で採集したものを、先日食べました。
 アミガサタケの中は空洞です。縦に切って、山菜3種類(コシアブラ、タラの芽、ウドの芽)とベーコン、玉ねぎ、にんにくをバターで炒めて塩味にしました。
 気持ち悪いという人もいますが、美味!!!です。
2006-05-23 17:57 in きのこ | Comments (3) #

2006年5月20日 (Sat)

ミヤマウイキョウつぼみ(セリ科シラネニンジン属)


 今日の写真は、2003年7月15日八方尾根で撮ったものです。
 昨年、アルプの庭にもミヤマウイキョウを買って植えました。果たして今年ちゃんと出てくるか心配だったのですが、今日出てきました。どこに何を植えたか、花壇の地図(?)を作ってチェックしています。雪の下で芽を出しているものや、雪が消えたらすぐ芽を出すものもあります。そして、表の道路側はほとんどが4月中に出てきます。道路から見て家の後ろ側は、屋根の雪が3mも積もるので、芽が出てくるのは5月に入ってからです。表の方も裏の方も、あと数種類まだのものがあるので、全部そろうまでは地面を眺める日が続きます。
 ミヤマウイキョウの花は、サイドバーの下の方にあるSearchにミヤマウイキョウと書き込んで検索して下さい。去年載せたミヤマウイキョウの花が見られます。
2006-05-20 21:33 in 野草 | Comments (0) #

2006年5月19日 (Fri)

ヤブレガサ(キク科ヤブレガサ属)


 破れた傘みたい、というのがヤブレガサの語源です。出始めのこの姿が鑑賞の対象で、花は地味であまり人気がありません。これも観察用に植えてあるアルプの庭のものです。野外でこの姿にちょうど出くわすことは難しいかな・・と思います。
 この姿を見ると、なぜか私は『ゲゲゲの鬼太郎』を思い出します。この傘が一番似合うのは鬼太郎のように思うのです。撮影は2005年5月21日です。
2006-05-19 19:38 in 庭の草花 | Comments (2) #

2006年5月18日 (Thu)

ヤマシャクヤク(ボタン科ボタン属)


 昨年5月21日の撮影です。今年は例年より春の気温が低く、なにもかも遅れがちで、アルプの庭のヤマシャクヤクもまだかたいつぼみのままです。きっと10日遅れくらいで咲くのではないでしょうか。
 庭には、ベニバナヤマシャクヤクもあるのですが、こちらはやっと芽が出てきたところです。それは植えてある場所の違いではなく、花の咲く時期が微妙に違うようです。
2006-05-18 22:56 in 庭の草花 | Comments (0) #

2006年5月16日 (Tue)

イカリソウ(メギ科イカリソウ属)


 庭の木の根元に植えてあるイカリソウです。花の形が船の碇に似ている、というので碇草の名前があります。
 植えてから5年くらい経つでしょうか。ずい分大きな株になりました。
 写真は今日の撮影ですが、このあとカメラが故障しているのに気がつき修理に出しました。早く直ってきて欲しいなぁ。
2006-05-16 18:18 in 庭の草花 | Comments (0) #

2006年5月11日 (Thu)

カタクリ(ユリ科カタクリ属)


 今年の白馬の花は遅れ気味ですが、カタクリの花も大分咲いてきました。この写真は5月5日の姫川源流で撮りました。5月5日の時点では咲き始めで、親海湿原の方では1つも咲いてなかったので、場所を変えればまだまだカタクリを楽しむことができそうです。
 カタクリの右に見えている葉はニリンソウです。このあとこの場所はニリンソウの大群生になります。
2006-05-11 22:45 in 野草 | Comments (0) #

2006年5月10日 (Wed)

ホンシャクナゲ(ツツジ科ツツジ属)


 5月8日、大町ダムの遊歩道に、ホンシャクナゲをお客さんと一緒に見に行きました。ダム湖に沿って1650メートルを往復します。トクワカソウ(イワウチワとほとんど同じ)も咲いていましたが、そろそろ終わりです。ホンシャクナゲはこれから咲くものも多数ありましたので、あと10日くらいは楽しめるかしら。
 この日は、居谷里湿原と大町ダムに行ったのですが、どちらも人が少なくゆっくり楽しめました。でも、良いところなのに、もったいない!! と思いました。

2006-05-10 16:40 in 樹木 | Comments (0) #