2005年10月10日 (Mon)

オオヒョウタンボク(スイカズラ科スイカズラ属)


 大瓢箪木。左の写真のように、2つの丸い実がくっついているのをヒョウタンに例えてつけた名前です。花は右の写真のように2つ並んでいます。この花のつき方はスイカズラ科の特徴ですね。
 実の写真は2005年10月7日の八方尾根、花の写真は2003年8月1日栂池自然園で撮ったものです。花もいいですが、なんといっても、名前の由来になった実がいいですね。真っ赤で透き通った実に、日が当たると本当にきれいです。でも、実をたくさん入れた写真を撮りたくても、実が小さくて、離れた場所にあったりすることが多いので、被写体捜しに苦労します。
2005-10-10 21:52 in 樹木 | Comments (3) #