2005年7月31日 (Sun)

オオサクラソウ(サクラソウ科サクラソウ属)


 大桜草。同じサクラソウ科のユキワリソウやハクサンコザクラよりずっと大きいです。また花の色も濃いピンクなので遠くからでも良く分かります。
 2005年7月25日八方・上の樺で写しました。この当たりにはあちこちに咲いていますが、これより下ではほとんど見ることができません。
2005-07-31 22:29 in 野草 | Comments (0) #

2005年7月30日 (Sat)

アオノツガザクラ(ツツジ科ツガザクラ属)


 標高2100mの八方池からさらにゆっくり1時間くらい登った標高2300m「扇の雪田」まで足を伸ばすと見る事ができます。八方池から扇の雪田までは、樹林帯あり、お花畑ありで八方池で引き返すのと比べ、3倍くらい楽しめます。
 花好きの友人やお客様と、あれこれ花を楽しみながら山を歩くのは無上の喜びです。
 なお撮影は2005年7月25日です。
2005-07-30 10:27 in 野草 | Comments (1) #

2005年7月29日 (Fri)

タテヤマウツボグサ(シソ科ウツボグサ属)


 立山靫草。この深い紫色、ビロードのような紫色とでも言うのでしょうか。里にある靫草とくらべて、花が大きく色もひときわきれいです。
 白山、立山、白馬、伊吹、など地名のついた花はいかにも高山の花という感じがします。なお、左下の花はシモツケソウです。
2005-07-29 23:40 in 野草 | Comments (0) #

2005年7月28日 (Thu)

ハクサンシャジン(キキョウ科ツリガネニンジン属)


 白山沙参。7月25日に八方尾根で写しましたが、これから咲く花で、ほとんどがつぼみです。この日は少し霧が出ていて、うしろに写っている、オオカラマツに水滴がたくさん付いていました。
 ハクサンシャジンの他にも、タカネマツムシソウ、タムラソウ、カライトソウ、などなど、これから咲く花もたくさんあります。ぜひぜひ8月中にこれらの花を見にきてくださいね!!
2005-07-28 22:38 in 野草 | Comments (0) #

2005年7月27日 (Wed)

ダケカンバ(カバノキ科カバノキ属)


 7月25日、2度目の八方尾根に行ってきました。ダケカンバの林は標高2100mくらいの所にあります。普通標高2000m以上で見られるハイマツ帯が、八方尾根では1600m~2000m付近で出現し、その上にダケカンバの林が現れるので、八方尾根の逆転現象として有名です。
 それは、八方尾根の地質によるものですが、そのため植物の種類も非常に多く、また高山植物も低い標高で見ることができます。
2005-07-27 22:25 in 樹木 | Comments (0) #

2005年7月26日 (Tue)

コバイケイソウ(ユリ科シュロソウ属)とワタスゲ(カヤツリグサ科ワタスゲ属)


 前回と同じく7月19日の栂池自然園の写真です。八方尾根と同じくコバイケイソウがたくさん咲いていました。コバイケイソウとニッコウキスゲの組み合わせのように華やかではありませんが、ワタスゲとコバイケイソウの組み合わせもなかなかのものです。画面が緑と白だけで構成されていて、私はとても気に入っています。
2005-07-26 22:51 in 野草 | Comments (0) #

2005年7月24日 (Sun)

ホソバノキソチドリ(ラン科ツレサギソウ属)


 ラン科の花ですが、コバノトンボソウなどと並んで地味な花の代表格です。また慣れるとそうでもありませんが、見分けの難しいことでも代表格です。
 この写真は前回と同じく2005年7月19日に栂池自然園で写しました。右はヒオウギアヤメのつぼみです。私はこのように他の何かが移っている写真が好みです。
2005-07-24 10:47 in 野草 | Comments (0) #

2005年7月20日 (Wed)

ヒオウギアヤメ(アヤメ科アヤメ属)


 2005年7月19日、1ヶ月ぶりに栂池自然園に行ってきました。栂池自然園を代表する花の1つ、ヒオウギアヤメです。左の上下は背景にニッコウキスゲが入っています。左上は昨日写したものですが、プリントしてみて、ヒオウギアヤメの真うしろには緑色を持ってくれば良かったな、と思いました。右は2003年8月1日、下は2003年8月5日の撮影です。また、右の写真の黄色の花はミヤマキンポウゲです。
2005-07-20 21:15 in 野草 | Comments (0) #

2005年7月18日 (Mon)

ヨツバシオガマ(ゴマノハグサ科シオガマギク属)


 四葉塩竈。四葉は写真で見られるように、4枚の葉が輪生している事によります。塩竈は回りくどい理由で、何度聞いても覚えられない・・
 八方では1800メートルから2000メートルくらいの標高で見る事が出来ますが、昨日のチシマギキョウと同じく、2500メートル以上の高山で見られる高山植物です。
2005-07-18 22:44 in 野草 | Comments (0) #

2005年7月17日 (Sun)

チシマギキョウ(キキョウ科ホタルブクロ属)


 左は今年7月9日の撮影。右は去年2004年7月2日の撮影です。これは両方とも八方尾根・八方池の直ぐ上の岩の割れ目に咲いているものを写しました。この岩はロープで囲われており、この標高ではここでしか見られないと思います。本当(?)はもっと高い所に生えているものなのでしょう。 
2005-07-17 23:12 in 野草 | Comments (0) #

2005年7月16日 (Sat)

ムシトリスミレ(タヌキモ科ムシトリスミレ属)


 虫取菫。とはいっても、スミレ科ではなくタヌキモ科です。7月はじめ頃、ササが延びてくる前によく目につきます。
 右上の写真で見られるように、葉が内側に巻いていて、そこには粘液が出ているので、虫がひっつき融けて栄養源になります。また、色も変化があって面白いです。なんか気になる花です。
 左上は今年7月9日の撮影。右上は2003年7月2日、下は2003年7月15日の撮影です。
2005-07-16 22:00 in 野草 | Comments (0) #

2005年7月15日 (Fri)

ニッコウキスゲ(ユリ科ワスレグサ属)


 ちょっと出かけていて、3日ほどお休みしましたが、7月9日の写真の中から、ニッコウキスゲです。
 ニッコウキスゲは1日しか咲きませんが、多数のつぼみが付いていて、次々に咲くのでずっと咲いているように見えます。左の写真をよく見ると、1番目の花が咲いていて、2番目の花のつぼみが控えているのがわかると思います。右は9日に紹介した、鎌池湿原のコバイケイソウと一緒に咲いているニッコウキスゲです。
 ニッコウキスゲとコバイケイソウが一緒にこんなに咲くことはまれなので、皆様にぜひお見せしたいです。
2005-07-15 22:15 in 野草 | Comments (0) #

2005年7月11日 (Mon)

ユキワリソウ(サクラソウ科サクラソウ属)


 雪割草の名の通り、雪が消えたら直ぐ出てきます。なので、早くなくなるかというと、全山いたるところにあるので、雪が遅くまで残っているところで、まだ見ることができます。
2005-07-11 07:01 in 野草 | Comments (0) #

2005年7月10日 (Sun)

ウラジロヨウラク(ツツジ科ヨウラクツツジ属)


 裏白瓔珞。ツツジ科。裏白は葉の裏が白い。瓔珞は宝石や貴金属などをつないだ飾りのことです。
 左上は、7月3日五竜アルプス平自然遊歩道で。ほかの3枚は7月9日八方尾根で写しました。どれも微妙に違っていて見飽きることがありません。
2005-07-10 17:34 in 樹木 | Comments (0) #

2005年7月9日 (Sat)

八方尾根


 お待たせしました。今年はじめての八方尾根の花の報告です。今年は3年に1度の当たり年と思われるコバイケイソウ、去年はあまりたくさん咲いていなかったニッコウキスゲが、鎌池湿原でた~くさんありました!写真は今日7月9日の撮影です。
 明日から少しずつ八方の花を紹介しますね。
2005-07-09 23:49 in 野草 | Comments (0) #

2005年7月7日 (Thu)

キリンソウ(ベンケイソウ科マンネングサ属)


 アルプのミニミニ植物園でいま咲いている花のひとつです。野草ですが、白馬村内では見たことがありません。あるかどうかもわかりませんが、白馬から糸魚川に行く途中の葛葉峠で見ました。
 キリンという名は花の色が黄色のときに付けられます。アキノキリンソウはキク科の花で、キリンソウとアキノキリンソウの共通点は色だけです。長い間、動物園に行ってませんが、キリンてこんなに黄色かったっけ??
2005-07-07 22:52 in 庭の草花 | Comments (0) #

2005年7月6日 (Wed)

神戸・相楽園


 6月27日に行った、神戸・相楽園の、左が蘇鉄(ソテツ科)、右がカナリーヤシ(ヤシ科)です。和風庭園なのですがこの南国の樹木で、異国情緒たっぷりでした。
2005-07-06 21:43 in 園芸種他 | Comments (0) #

2005年7月5日 (Tue)

ハクサンシャクナゲ(ツツジ科ツツジ属)


 昨日と同じく7月3日、五竜アルプス平自然遊歩道のハクサンシャクナゲです。
 一番左に固いつぼみ、その直ぐ右下に膨らんだつぼみ、が見えています。1枚の写真でその過程が分かるなんてラッキーと思って撮りました。
2005-07-05 23:10 in 樹木 | Comments (0) #

2005年7月4日 (Mon)

サラサドウダン(ツツジ科ドウダンツツジ属)


 昨日、五竜アルプス平自然遊歩道にお客様と行ってきました。八方や栂池に比べて花の種類は少ないですが、樹木の花に関してはピカ一です。特に、サラサドウダンの今年の花付きは素晴らしく、これでもか!!と言うくらい付いていました。
 左が、花でいっぱいのサラサドウダン。右は色の濃いベニサラサドウダンです。
2005-07-04 21:16 in 樹木 | Comments (0) #

2005年7月1日 (Fri)

タマガワホトトギス(ユリ科ホトトギス属)


 これは2003年6月27日の写真ですが、いまちょうどこんな感じで、咲きはじめ、つぼみの方が多いです。あと2週間くらい楽しめるでしょうか?
 この付近の林の中や、大雪渓に行く途中の道で、自然に咲いているものを見ることができます。うちの庭も居心地が良いとみえて毎年どんどん増えています。増えすぎた分を、道筋に植えようかと思っています。
2005-07-01 17:05 in 庭の草花 | Comments (0) #