2005年4月21日 (Thu)

ショウジョウバカマ(ユリ科ショウジョウバカマ属)2



 今日の午前11時現在の気温は5℃でとても寒いです。この時期に気温が低いと桜の開花が遅くなり、連休まで桜が楽しめるので、お客様には良いな、とちょっと嬉しいです。
 さて今日は昨日お見せしたショウジョウバカマの4日後の姿です。2003年に同じ個体を撮った写真です。昨日の写真は4月14日。今日の写真は4月18日ですが、今年は1週間遅れといったところ。
 赤い顔をした猿が、袴を履いて座っているように見えるでしょうか??
2005-04-21 11:35 in 野草 | Comments (0) #

2005年4月20日 (Wed)

ショウジョウバカマ(ユリ科ショウジョウバカマ属)



 猩猩袴と書きますが、猩猩は猿のことで、赤い花を猿に見立てての名前です。葉は常緑で、今頃葉の真中を見ると赤いつぼみが顔をのぞかせています。
2005-04-20 18:25 in 野草 | Comments (0) #

2005年4月19日 (Tue)

コブシ(モクレン科モクレン属)



 コブシの花が今日一気に咲きました。次はいよいよ桜の番ですが、まだつぼみはかたそうです。明日明後日はお天気が悪そうだし、やっぱり25日以降かな?そうすると連休はかなり楽しめそう。
 写真は季節に合わせたものを去年までの写真の中から探して載せています。
2005-04-19 19:51 in 樹木 | Comments (2) #

2005年4月18日 (Mon)

フクジュソウ(キンポウゲ科フクジュソウ属)


 今日、フクジュソウの群生で有名な白馬村・姫川源流にいってきましたた。まだだいぶ雪も残っていますが、フクジュソウも群生していました。今月いっぱいは充分楽しめそう。
 いよいよ花の季節で、アルピニストのカメラアイの投稿にもあるように、白馬村・落倉のミズバショウも見ごろを迎えています。
2005-04-18 16:10 in 野草 | Comments (0) #

2005年4月17日 (Sun)

blogでつづるアルプの花日記


思いたって花の覚書を作ることにしました。植物に興味のある方は時々のぞいて見てください。
 
 さて、アルプのまわりもだいぶ雪が少なくなってきて、アルプミニミニ植物園の花の芽もずい分顔をだしてきました。キクザキイチリンソウ(つぼみ)カタクリ(芽)エゾエンゴサク(芽)アマドコロ(芽)イカリソウ(芽)ダイモンジソウ(芽)ヤマオダマキ(芽)エンレイソウ(芽)フタバアオイ(芽)などなどなど。毎日、他人から見れば何もない地面をのぞき込んで、怪しまれています。
 写真はキクザキイチリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)です。

2005-04-17 17:28 in 野草 | Comments (0) #

Page 153/153: « 145 146 147 148 149 150 151 152 153