2017年11月14日 (Tue)

 ベイウインドウの補修・・ 後日談 


 
一応、9月に補修作業が終わったベイウインドウですが
昨日、一条メンテナンスの方がタイルのサンプルを持って来られました。
新たに工場で焼いたモノと当時使用されていた(どこかのお宅の)モノなどを。
 
修復に使用したT-11があまりにチョコレート一色だったので
今回、きちんと色あわせをしてみたのですが、、、、 やっぱり、よくわからん。
ま、よくわからんケド
一番オレンジっぽいタイルと黒っぽいタイルで橙系コンビネーションして頂くよう
お願いしました。(それでこれからタイルを焼くのでしょうね)
 
タイルを焼くという事は・・・
はい、来年3月頃に足場組んでやり直しするそうです。
ありがたい事ですが、やるからにはキッチリやってくださいまし。
 
で、そもそもT-11ってどういう意味なのか疑問があるのですが
 

(資料がないのでネットから画像借りました)
 
T-  わが家で使っている廉価なレンガタイル
TB- ブラストといわれる、お金持ちが好きそうな高価なタイル
 
わが家は貧乏なので、ブラストをオプションで採用できまへんデシタ。
つか、
雪国では水分が凍結してブラストタイルは割れちゃうよ、、、と自己暗示。
 
ちなみにTB-は社外生産品を一条が仕入れていたので価格は高かった。(と記憶してます)
現在のブラストタイルTC-は、自社生産しているので安く供給できるようになったようですわ。
 
 
あ、そうそう
何が疑問かというと、-11とか-15という枝番号の方でね。
オイラの認識では、-11なら橙系とか色のコンビネーションだと思っていたのですが
タイル1枚1枚の色番なのかな、、、 だとしたらこの色見本は変だけどね。
 
でも、前回T-11を指定したのになんでチョコレートなん?って思いますし
わざわざ色あわせするのも疑問なんですけど。
厳密には工場からサンプルよこせとも言われた(笑)
 
 
 
あと、
サッシの腐食の件ですが・・・
一条のサッシって白・黒・木調など内側と外側で色が違う(場合がある)ので
わが家の場合ですと、内側が白なので白いサッシの外側を黒で塗装している状態です。
 
で、
この塗装が経年劣化で割れて横筋ラインが発生するようで
最悪、筋状にパラパラと剥がれてくるらしいのですが、よくある話だそうです。(よくあるのかよ!!、、)
腐食じゃない..とは言ってましたがどーなんでしょうねェ。
 
塗装すれば直ります、、とも言いましたが、修復しますとは言わなかった。
真面目にやると足場が必要なのですが、もしかして修復はサッシ屋さんに直接頼めという意味なのか?
 
2017-11-14 17:58 in 家の事 | Comments (1) #
コメント

うちの浴室のサッシも塗装がはがれています。
佐藤さん宅ほどではありませんがコーナー部分が白くガサガサになっています。
以前一条の営業さんに確認した時には、外壁のリフォームの時に塗装しますと言われました。
まだまだ壁を塗りかえる予定はありませんのでこのまま放置です。
そもそも建築時に浴室のサッシ枠は内側にヒビが入って補修をした経緯があります。
それに比べれば外側の塗装は生活に何の影響もありません。

by MISAKO 2017/11/17 (Fri) 19:42:43














数字を入力してください→  


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/21980/blog/blog.cgi/c2/a201711141758.trackback