2008年7月17日 (Thu)

タイタン、かわいそう~


梅雨も明けたので猫を洗うことにする。
私が猫シャンプーの準備をしていると、いち早く気づいたティファニーがテーブルの下に隠れて見つからないように固まっている。

「ふっふっふ~、ティファちゃ~ん、隠れても無駄だぞ~。」
更に恐怖に固まるティファニー。

猫シャンプーの準備ができたので私は猫を連れにリビングに戻った。
「ふっふっふ~、ティ~ファ~ちゃ~ん!!」
もう石のように固まるティファニー

「さあ、捕まえた!」

私に抱きかかえられ、唖然とした顔で浴室に連れて行かれた猫1頭。

それはタイタン。

ティファニーが洗われるとばかり思い、油断していたのだろう。
タイタンはあっと言う間に洗われてしまい、ゴシゴシと拭かれてしまった。

タイタンが洗われている間、ティファニーが洗面所のドアの前まで来て待っているらしく、首輪の鈴が鳴っている。
タイタンの毛がだいたい乾いたので、洗面所から出してあげることにした。

「タイちゃん、ティファちゃんが迎えに来てるよ。もう出ていいからね。」

ドアを開けると、まん前にティファニーが座っていた。
タイタンが出て行こうとした瞬間、ティファニーの形相が般若のように変わり
「みぎゃああっ!」と威嚇したのだった。

動揺して固まるタイタン

おそらくシャンプーして、臭いが変わってしまったタイタン。
ティファニーは兄ちゃんだと即座に分からなかったのだろう。

タイタンはティファニーが仔猫の頃から、おっぱいを飲ませ(出なかったけど)、毛づくろいをし、可愛がってきた。
もう何年も一緒に暮らしてるのに~。
タイタン、かわいそう~。


それでも30分後には兄妹仲良く、ササミのおやつを食べていた。
嫌なことはすぐに忘れるタイタンだった。



2008-07-17 22:51 in #

2008年7月10日 (Thu)

オペラ座の怪人





最近のマイブームは劇団四季の「オペラ座の怪人」。
4月の末に、ちょうど20周年記念の公演を観た。
想像していたよりも迫力があり、出演者の方の歌唱力も素晴らしく
すっかり魅了されてしまった。
20周年の特別の公演ということで、カーテンコールもいつもと違い歌と踊りがあり
観客の皆さんも大喜びで、会場中がスタンディングオベイションで大盛り上がりだった。
・・・私の「オペラ座の怪人」鑑賞はこれで終わるはずだった。

2ヵ月後、友人よりメールがきた。
「とっても歌のうまいクリスティーヌ(ヒロイン)が現れました。7/4チケット取れそうだけど行く?」

・・・とっても歌のうまいクリスティーヌ・・・?

とっても歌のうまいクリスティーヌでもう一回、あの公演が観たいっ!という衝動が湧き上がり、行くことにした。

実際、その公演を観ると、ほんとにクリスティーヌ、歌うま~いっ!!
まっすぐ伸びた素直なソプラノ。高音域も無理がない。すごいっ!すごすぎっ!

その主演女優さんはソウルオーディションで合格して、1年半ほどで主役に抜擢されてた韓国の舞台女優さんで伊藤志保さんという。
ミュージカルは見た目と歌唱力重視の私のツボにはまった。ちょっこっとだけ残念(?)なのが背が高すぎる。他の役者さんとのバランスが・・。

そんなこんなで「オペラ座の怪人」にはまりつつある私が、会場で売られていたオペラ座の怪人10周年記念の際のCDを買おうかなと迷っていると友達が
「りこやんの好きな“オペラ座の怪人”はこのCDじゃないよ。きっとこのひとつ前の山口祐一郎がファントム(怪人)やってる分が好きだと思うよ。」
とアドバイスを受けたので、ネットでそれを購入した。

家でそのCDを聴いていると、必ずティファニーがやってきて一緒にCDを聴く(?)
私がその場を離れても、音楽が流れている方向を見て、おっぴろげてくつろいでいる。
ちなみにタイタンは無反応。


以上、マニアな話題でした。意味がわからなかった方、すみません・・。


写真左:「オペラ座の怪人」20周年記念のオブジェ
写真右:ティファニーの肉球

2008-07-10 20:37 in 趣味 #