2018年2月25日 (Sun)

当たり前のことを・・・



 確か松下幸之助氏のお言葉の中に、
「雨が降ったら、傘をさせばいい・・・」
という名言がありましたよね。

困った困ったと言うばかりでは何も解決
されませんが、何もそんな大それたことを
しろ!というわけでもないのですよね。

『ベテラン弁護士の「争わない生き方」
が道を拓く』西中務著より抜粋

★★★
『不満やグチの多い人は、
    トラブルに見舞われやすい』

「詐欺にあった」
と弁護士である私のもとに相談に来る方がいます。
何があったかを聞くと、
「楽をして儲かる」「楽をして痩せられる」
「楽をして頭がよくなる」など、
楽をして大きな結果を得ようという欲望に
つけこまれて騙されているのです。

また、不満やグチの多い人、相手のせいに
する人は、あたりまえのことができていない
人が多いようです。
「人と出会ったら、相手より先に挨拶をする」
「相手からの呼びかけには、ハイと返事をする」
これらのあたりまえのことをしっかり
やっている人は、人に騙されにくいのです。
★★★



2018-02-25 08:17 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2018年2月19日 (Mon)

人と比較しない



『ベテラン弁護士の「争わない生き方」が道を拓く』
 西中務著より抜粋

★★★
【一切の悩みは、人の比較をすることから生じる】

 ウサギとカメが競争をしてカメが勝つ昔話が
あります。勝ったのは、足が遅いカメの方でした。
カメが勝った理由はウサギが油断して居眠りした
からでしょう、とほとんどの人が答えます。
確かにそうなのですが、本当の理由はこうです。
ウサギはカメと自分を比較して、自分のほうが
早いから少しくらい休憩しても大丈夫と思った
から。
 カメは一度もウサギと自分を比べたりしなかった。
ただひたすらゴールだけを目指して走り続けたのです。
 自分の中のオンリーワンをみつけて、その部分を
磨くことが、幸わせで、賢い生き方だと思います。
★★★


2018-02-19 21:07 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2018年2月14日 (Wed)

心遣い



 知らない人に声かけられても、
黙っているのよ。
名札は登校途中は外していくのよ。
 よくこんな言葉が飛び交いましたね。
そういえば最近は余り聞かなくなりましたが、
現状はどうなのでしょうか。

子ども好きの私などは、つい誰にでも声を
かけてしまうタイプですが、
さて大人同士はどうなのでしょう。

ダスキンの『喜びのタネまき新聞』に
心温まる投稿を見つけました。

★★★『手伝いましょうか』
  佐賀県佐賀市 前田君代さん

 スーパーへ買い物に行こうと、車で裏道を通っ
ていたら対向車が来ました。道幅が狭くすれ違う
ことができなさそうなので、待ってから行こうと
したのですが、油断してしまい、左側のタイヤを
側溝に脱輪させてしまいました。
 すぐに助けを呼び待っていると、通りがかりの
年配のご夫婦やゴミ収集車の方が「手伝いましょ
うか」と声をかけてくださいました。助けが来て
車を持ち上げる時には、通りがかった人も手伝っ
てくださいました。その日は皆さまの親切があり
がたく、うれしくて心にしみました。★★★★★★

2018-02-14 20:49 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2018年2月11日 (Sun)

少しのものに忠実であれ



 主人が旅に出るとき、しもべを呼んで
それぞれの能力に応じ、ある者には5タラント、
ある者には2タラント、ある者には1タラントの
財産を預けました。
 5タラントを渡されたものはそれで商売をして、
ほかの5タラントを儲け、2タラントの者も同様に
して、ほかの2タラントを儲けました。
しかし1タラントを渡された者は地面を掘り、
主人のお金を隠しておきました。
儲けを出したしもべに対して主人は、
「少しのものに忠実であったから、多くの者を
管理させよう」と言いました。
1タラントのしもべには、
「悪い惰性なしもべよ。それなら私の金を銀行に
預けてべきだった。さあ、このタラントをこの者から
取り上げ、10タラント持っている者にやりなさい。
おおよそ持っている人は与えられて、いよいよ
豊かになるが、持っていない人は、持っているもの
までも取り上げられるであろう」
(聖書のはなし)

2018-02-11 09:34 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2018年2月10日 (Sat)

心浮かれてばかりでは・・・



 昨日はオリンピックの開会式に皆さん
釘付けだったことでしょう!!
国の特徴を生かした素晴らしいセレモニーは
とても素晴らしいものでしたが、
最後の北朝鮮と韓国の合同行進には、
違和感を感じました。
確かにオリンピックですから、
お互いがお互いを認め合い、
世界が一つになることは誰もが願っています。
でも、それはみんなの心が一つにならなければ
成就されないのではないのでしょうか?!

お互いがお互いの顔色を伺うような
言動はどこか裏寂しい外交だと思えてなりません。
わが子にはダメならダメと毅然とした
態度をとるのが親ですよね。

本当に世界が手をつなげるように
なれば幸いなのですが・・・・


2018-02-10 20:12 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2018年2月7日 (Wed)

徳を積む



 てるみくらぶの社長の数回に及ぶ逮捕事件に
思う。
ニュースに寄りますと、
多くの皆さんにご迷惑をかけて尚に、
自己の為に1千万円という多額なお金を
隠し持っていたとか。
関係者の方は怒り心頭のことでしょう。

せめて潔く全てを明らかにして、
今後は少しでも返金する姿勢を示すのが
当然であろうと思うが。
何処までも自分だけが可愛いのであろう。

身近でもこんなことがありました。
以前に家の敷地内でのこと。バックで駐車場に
入れようとしたら、急に奥の家の車が
通過するや、ガチャンという音が。
いくらか傷がついたらしく、
それでもその日は立ち去って行きました。
翌朝インターホンを鳴らされて玄関を開けるや、
3万と5万の請求書を見せつけるではないですか。
思わず「バックしているのに、どうして通り
過ぎたのですか!」と聞くと、
私の車が普段と違う色だったから!と訳の分からない
ことを。
(車検の為代車だったのですが)
一方的な請求にカッとなり、
3万円を渡してしまいました。
怒りはず~と続いていました。

先日の事です。
町内の会長さんにその方がどうかという話が
あったそうです。
私は心の中で徳のない人なんてと思っていたら、
現会長さんが、
「あの人はダメだよ!!」と一言おっしゃたそうです。

やはり見る人は見ているのですねぇ~~
徳のない人はある意味可哀そうですね。
だって学校の先生ですから、
尊敬される立場ですのにね。




2018-02-07 21:06 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2018年2月4日 (Sun)

褒めて育てる



 いつでも世の中は変化していきます。
これからの時代は良い大学を出れば、
良い会社へとつながっているとは
限らないとのこと。
確かに銀行員になれたら
『良い処に決まりましたね』なんて会話を
耳にしましたね。
近所に立ち寄って、さりげなく
誰々さんのお人柄は?!なんて聞かれて・・・
英会話ができます!と謂っても、
要は大学卒ばかり、英会話も皆さんできる。
じゃ~~これからはどうすればいいのでしょう。
それは、
だれもやらないことがずば抜けてできること
なんだそうです。

それには幼い時から、
一つでも頑張れば、大きな声で褒めてあげたいですね。
挨拶ができる!
落ちていたゴミを拾った、
低学年の子どもと一緒に遊んでいた。

子どもも大人も褒められて
怒る人はいませんものねぇ~~。




2018-02-04 09:21 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2018年2月2日 (Fri)

春遠うからず



 通勤途中のカーラジオから
流れてきた4歳児のお子さんと
お母さんとの会話。
「2月は要らないから飛ばして欲しいな!」
どうして?とお母さんが尋ねるたら、
「幼稚園で赤鬼さんと青鬼さんが2月になると
来んだ。怖いから・・・」と。
ありますよね!
現実と仮想が一緒になっている事って。
私も子供頃一人で留守番をしていたら、
御神楽がやってきたのです。
手招きをされて、襲る襲る近づくと、
頭にかじりつかれそうになりました。
思わず叫んだら、御神楽さん困ってしまって
逃げて行きました。
そのことは、黙ったまま言うことはなかった
のですが・・・・・
でも、でも春はそこまで・・・・
2018-02-02 00:46 in カテゴリー1 | Comments (0) #