2015年11月26日 (Thu)

微笑み返し



 あれもこれも他人のする行動が気にさわる。
『おしゃべりばかりして・・・』とか
『その指示の仕方じゃ~人は動かないでしょう?!』とか。

家に帰ると玄関に誕生日祝いの花束が。
開けるとカサブランカの香りに心が癒される。
百合の花が好きな私に、元気が出るようにとの想いを込めて
バラやガーベラの花もアレンジされている。
娘夫婦からのメッセージカードが。

あぁ~~『他人に厳しく 自分に優しく』やっていたと
気がつかされた。
あの時って、鬼の形相だよね。
醜い皺が増えまくりそうな・・・・・


今月もダスキンさんの
『喜びのタネまき新聞』が届きました。

★★
   茶の花
       群馬県安中市 吉田いく子さん
 
 娘がまだ小学生の頃のことです。いろいろな物
に興味を示し、アリの後を追っていたら学校へ着
いたのが3時間目だったとか、本当にハラハラす
る子どもでした。
 例のごとく遅刻。『どうしたの?』と聞くと、お
茶の花を見ていたとのことでした。後日、近所の
一人暮らしのおばあさんに『お宅の子はやさしい
ね』と声をかけられました。理由を尋ねると、お茶
の花をひとつ手に持って来て、『あばあちゃん、き
れいだよ!』と手渡してくれたとのこと。
 そのことを娘に言うと、『毎日学校へ行く時、お
ばあちゃんがいってらっしゃいと声をかけてくれ
るのが嬉しかった』とか。
 いつも遅刻ばかりしている子ですが、人のやさ
しさがわかる子どもに育ってくれて、少しホッと
したのでした。★★★
2015-11-26 09:18 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2015年11月12日 (Thu)

男のロマン



柳生博氏がイヌワシと出会ったのは
2004年1月7日氏の67回目のお誕生日だそうです。

そしてその年の4月には
日本野鳥の会会長に就任された。

実は私にとって忘れられない場面があります。

偶然にも『柳生博 鳥を語る』の本の中に
ありました。
★★★

 イヌワシに出会った数日後、僕は
『踊るさんま御殿』というテレビ番組に
出演しました。
まだ興奮さめやらない状態で
『いやぁ、イヌワシが飛んだんだよ~』
と話したら、
それがどうしたの?みたいな感じで、
全員シラケムード。
当然ですよね。皆さん、イヌワシを見たことが
ないのですから。
それで僕は司会のさんまさんと肩を組み、
『こんなにデカイんだよ~~』と。
二人で手を広げてイヌワシ踊りをしたものです。
その後に出演したときも、
さんまさんは”しょうがないなぁ~この人が来ると”
と言う感じで『また やりまっか』と
何度も二人でイヌワシ踊りをやったものです。★★

あの紳士の柳生氏が前に飛び出て興奮して話す姿は
信じられないものがありました。
ましてやワシの真似をして踊りだしたのですから。
まさに『踊るさんま御殿』そのものですよね。
そしてさんまさんの載せぷりは素晴らしいと
いまさらながら感じさせられます。
本人が感動すれば、それは自然と他にも伝わると謂うこと
でしょうか。


2015-11-12 20:20 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2015年11月8日 (Sun)

信用という財産



 パソコン倶楽部に新しい仲間が加わった。
写真に文字を入れる作品を参考までにメールに添付したら、
その写真は文字を入れない方が好いのでは
と謂う内容の返信を頂きました。

その方それを気にしていらしたそうで、
私がお休みのパソコン倶楽部で
「あんなこと書いて私のことイヤな女だと思わなかったかしら」
と謂うと、お仲間の園さん(仮名)が
「〇〇さんは、そんな人じゃないから・・・」と
謂ってくださったとのこと。

もしもそんな人だったとしても、
そう謂って下さる人が一人でもおられることに感謝です。

★信用は当たり前のことを
 当たり前のようにやり続けることで、
 徐々に」信用の残高が増えます。
  そして一定額になると、まるで利子のように、
 周りからの目が変わり、
 出来る仕事の範囲や任されることが増えてくるのです。
 「こちらからやらせてください」と
 言わなくても「やってくれないか」と依頼されることが
 増えてきます。
  信用を積み重ねていくことは、すぐにはできません。
 ゆっくり、ゆっくりと築き上げるのです。
 これは、あなたにとって、お金以上の財産ではないでしょうか。

   『一生使える「仕事の基本」鳥島隆志著』より抜粋★★


2015-11-08 10:41 in カテゴリー1 | Comments (0) #