2014年3月30日 (Sun)

おかあさん



 図書館で新聞を読んでいたら、
お子さんの声がする。
『ママ、ママ、アンパンマンの本一冊しかなかった。』
『そう じゃあママも一緒に探してみるね』
でもママはもう一人のお子さんに手がかかるようで、
『ママ、早く。早く。』
『は~~い!今行くわよ』
『ママ、ママ早く。早く。』
『は~~い』
好いお母さんしていますよね。


☆あるがたい深い話 北国新聞社より

家庭とは、家の庭と書きます。
庭は持ったときから手入れが必要です。
子供たちの育つ庭は一軒一軒の家である。
 子どもは、母親がしかっても平気な顔を
していますが、どんなやんちゃな子どもでも、
母親の涙に触れるとシュンとなってしまいます。
お母さんに元気がなくなると、子どもは途端に
暗くなってしまいます。
明るいと、途端に元気になります。
子どもたちにとって帰る家庭が「やすらぎ」の場
になるか、ならないかはお母さん次第である。
『安らぐ』という字は、ウ冠(ウ冠は、いえ冠ともいう)
の中に『女』と書いてあります。
いえ冠の中にどんな立派な『男』という字を
書いても『安』らかにはなりません。
お母さんでなければ、『安』らかにはなりません。
お母さんは、是非お日さまのように明るく
温かく元気であってほしいものである。☆

2014-03-30 19:25 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2014年3月26日 (Wed)

あのねのね



有給休暇を取って歯医者さんへ。
3か月毎の定期検診です。

行く途中のラジオから聞こえてきたのは、
おれおれ詐欺のお話。
あるお宅にかかってきた電話。
家族に相談してかけなおしますと言うや
一人住まいではないと判断したのか
その後は電話はかかってこなかったそうです。
それを警察に知らせようと電話すると、
話をすぐさま断ち切って、
『それは詐偽ですから!!』って。
何度か話を繋ごうとしたのですが、
『だから詐偽ですから!!』と言うのみ。

その方曰く、
よほど頻繁に同じような内容の電話が
かかってくるのでしょうが、あまりの
冷たい応対に憤慨されたようです。

アナウンサーの方、
それが糸口となって沢山のことが分かるでしょうに、
残念ですねとおっしゃって。

現在の風潮でしょうか
他人様の話をよく聴かない場合が多いですよね。
もちろん私も含めてですが・・・・。

とても忙しいからでしょうか?
いいえ そんな時に限って、自分を見失っていたり
している場合が多いような気がします。

心穏やかなときは、
優しい気持ちになって
子供のように、
『あのねのね』って聴かれたら
『あのねのね』って応えてあげられそう。




2014-03-26 18:48 in カテゴリー1 | Comments (2) #

2014年3月23日 (Sun)

現状維持は退歩



 いくつになっても新しい一歩を踏みだすことは
勇気が入りますね。
その一歩を踏むことによって、以外と後がスムーズに
いったりするものですが。

ついつい寒いから暑いからとか言って、撮影を見送りに
しています。
まぁ~~この程度なら誰にも御迷惑はかかりませんけれどね。

なんだっていいではありませんか?
勢いで、若さに託けて、考えもなく・・・・
たとえそれが失敗に終わったとしても、
やらないよりはやった方がいいと思いませんか?

☆ダスキンのタネまき新聞より

  現状維持は退歩

今のままでも、いいんだ。
と、私たちは、どうしても
現状維持になりやすい。
未知の世界は不安です。
しかし、人生のロマンを求めるならば、
勇気をだして新しいチャンスを
つかむ事です。

 鈴木清一氏



2014-03-23 19:14 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2014年3月15日 (Sat)

四季の里 星野



 一輪の可憐な花が咲きだしました。名前は節分草。
この花が咲くと春が来たと感じる。
写真をやらなければこの花に出会うこともなかったかもね。
レンズを通して観る何とも言えない色合の素晴らしさ。
それにしても小さい花ゆえに腹這いにならねば
背景は土と枯葉となってしまう。



2014-03-15 19:50 in カテゴリー1 | Comments (2) #

2014年3月9日 (Sun)

神様が見ている



 好い事ばかり続くことがないのが人生と解ってはいるが、
ちょっとしたことで凹んでしまう現実がある。
震災で未だ故郷に帰りたくても帰れない人のことを思えば
凹んだ理由なんて、ちっぽけなことだけど・・・・

そんな時
読売新聞にこのような投稿が載っていました。
テーマは『お返し』

会社員 竹内祐司さん

☆数年前に96歳で亡くなった祖母はよく
『おまえが人にしたことはいいことも悪いことも
倍になって返ってくるよ』と言っていた。
昨年の流行語になった
『倍返し』をずっと前から聴かせられて育った。
小さい頃誕生日にプレゼントを贈った友達が
私の誕生日には何もくれずにふくれていたら、
祖母は
『いいんだよ、お返しはあげた人だけから
返ってくるものでもないから』と言った☆


私の祖母もよく誰もみていなくても
『神様がみているから悪いことはしては行けない』と
言っていたのを思い出す。

そうですね!!
自分がしたのでは困りますが、他人と過去は
変えられないと謂います。
明日も笑顔で頑張りましょう。


2014-03-09 18:44 in カテゴリー1 | Comments (2) #

2014年3月2日 (Sun)

武蔵丘陵森林公園



 2月28日数年ぶりに
武蔵丘陵森林公園へ。
この日は気温もぐんぐんと上がって
絶好の撮影日和となりました。
友人が南口で待っていてくれました。
彼女とも御無沙汰でしたが、
会えばすぐに会話が弾むから、あらっ!
不思議。
話に花が咲いてしまい地図など見ているのが
惜しいのですからなかなか目的地につきません。

早咲きの梅はそろそろ終わってしまい、
遅咲きにはちょっと早い感じではありましたが、
彼女お手製のおにぎりに沢庵の
美味しさで十二分に満足・満足。

野草園で節分草をと思ったのですが、あっという間に3時です。
4時までなら好いわよ!と私。
いやいややはり3時で帰りましょう!と彼女。

早め早めの行動が一番ですものね。
行きは良い良い帰りは怖いで、
国道ではなくて県道にでてしまい
ちょっとひやりしたのですが、
お陰様で焦ることもなくて
いつもの道に出ることができました。







2014-03-02 19:00 in カテゴリー1 | Comments (2) #