2013年6月23日 (Sun)

覚悟



このお話は 
スポーツセンターの休憩所で観たNHKの番組です。
とても感銘を受けたので、ブログに書きたいぁ~~と思いつつ、
2週間余りが過ぎてしまいました。
 そんな言い訳は、どうでもいいですよね!!

 奈良薬師寺の僧侶さんが東北の震災地である石巻市の現地に
行きました。
車が重なっているその光景を目の前にしたときに、
まず思ったことは
『自分はここで生まれてなくて、良かった!』と。
自身の想いに愕然としてしまい、
坊さんなどやめちゃおうかという気分におちいります。

心で自問自答しながら苦悩しながらも何度も現地に足を運びます。
人は目も耳も外の情報を受け入れるように出来ている。
般若心経を通して自分と向き合う為に、教えを伝え、それを写して、最後に必ず亡き人に伝えたい
ことを書いてもらいます。
少しづつではありますが、苦しい想いを話してくださるようにもなりました。

場所によって、助かった方の人数も違って参ります。
そんな妬みや恨みの気持も心のどこかで・・・・です。
しかしながら、そのような気持からは何も生まれないということを
受け入れことが出来るようにもなりました。

僧侶さんは、悟りってなんだろうなぁ~~と想ったとき、
『自分の置かれた場所で自分のできる使命を覚悟を持って
行うこととわかりました』と。



2013-06-23 10:35 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2013年6月9日 (Sun)

そっと伝える



 これは高倉健氏のお言葉です。
本当に嬉しい、もしくは悲しいと感じたとき、
人は「嬉しい」とか「悲しい」なんて言葉を
口にするでしょうか。
僕はしないと思う。
声もでないじゃないかな・・・・。
すぐれた脚本家は言葉で悲しさを表現するのではなく、
設定で表現するんですよ。極端な話、ハーモニカを
吹くだけでも悲しさは表現できるし、息遣いを
感じさせるだけでもいい。
それでも俳優の演技がうまければ、観客に悲しさは
伝わります。
セルフだけが表現じゃありません。
僕は大上段に振りかぶってやたらと大声を出す映画
には本当の力はないと思う。
思っていることを低い調子で、そっと伝える映画に出たい。

願わくば
人生もこうありたいものです。
それには、それなりの覚悟が必須なのかも知れませんが。
2013-06-09 19:39 in カテゴリー1 | Comments (1) #

2013年6月2日 (Sun)

もったいない



 遅まきながら、スマホに変えました。
携帯はメールが主なので、古い機種でも不自由は
感じなかったのですが、
最近はメールを入力するや、バーテリィー不足とは。
「トホホ」状態の毎日。
トホホの日々からスマホの日々となったものの、
メール一つ開けるにも一苦労。
パソコンと同じようなものという甘い考えは
休むに等しかったようです。

私が最初に持った携帯の画素数が、確か100画素だったと
思います。
それでも携帯で花の写真を撮るのが楽しかったものです。
その後買ったコンパクトカメラが初のカメラとなりました。

書店に行って、スマホの操作の本を購入。
表紙の中にこんな言葉があります。

「バリバリ使わないともったいない!!」

もったいないと言えば、食べ物を残したりしたときに
使われましたが、今は発展的なんですね。

説明を受けていたら、隣りの女性がこんなことを。
「ゴミ箱も新しい方に移し変えてほしいのですが。」と。

係りの方、アドレス帳のみなんですけど。

ゴミ箱に捨てたものをバックアップしたいとは、
私は思わないのですが、貴方はどう思われるのでしょうか?!





2013-06-02 19:49 in カテゴリー1 | Comments (0) #