2012年7月29日 (Sun)

おんなの修業



 この暑さについ、クーラーのある場所で過ごし、何かと口を可愛がって
いたら、気温と体重が背くらべ。
久しぶりにカメラを持たずに手ぶらでブラブラとハイキング。

自然はよくしたもので、思ったよりも過ごし易いことを知った。
さすが午前11時ともなると歩く人も少ない。

カワセミに出会えるという池も今日はカメラマンは一人もいない。

最近は雷が鳴っても、夕立がきても気温が下がらない。
子供のころは、よく夕立にあって、木陰で休んでいると5分もすると
晴れ上がって気持の好い風が頬をなでたものだ。

いつだって恐さを感じつつ、その後の自然の優しさを感じて生きてきたのかもしれない。

世の中のことって、全てが好い!!なんてことはなくて。

自然界では、一本だけのびのびと育った木よりも、様々な樹種が、
それぞれ競争しながら、共生し、そして少しづつ我慢しているのが、
生態学的に最も強い姿であり、本物の森だそうだ。


今日図書館で借りてきた『山本五十六のことば』の本の中に
も・・・・

男の修業
苦しいこともあるだろう。
いいたいこともあるだろう。
不満なこともあるだろう。
腹の立つこともあるだろう。
泣きたいこともあるだろう。
これらをじっとこらえてゆくのが
男の修業である。

2012-07-29 18:17 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2012年7月28日 (Sat)

本気



最低時間給が雀の涙ほど見直されたようだ。
講評会の会場が取れなかった為、7月度は27日(金)に開催。
喫茶店で昼食を食べていたら、隣の席で面接を受けている。

飲食業の店長を募集している様子。

「サービス業は笑顔が一番です。あぁ~この人なら何でも話したいぁ~~と思われるようでないとね。」
「資格を取る気はないの?」
「無いと有るとでは大きな違いがありますから」
「車の免許は取ったほうが好いよ!
身分証明にもなるしね!」
「うちのHPは観た?」

相手の男性は小さな声で何を言っているのやら・・・・

大体がイヤツ的にしゃっべって、はい!さようなら!なんだよね。
なんて思っていたら、
「30万ですが見習い期間中は27万でどう。
じゃ~来週の月曜日何時何分に待っています。」

こんな格好で「すいません」と言ったから、きっと突っかけ履きかなんかで
着たんだわと想像する。

レジに立った経営者の姿に驚いた。
40代とか言っていたけれど、いやはや20代しか見えない。
私もヤンキーだったから・・・・・
その後心を入れ替えて・・・・かぁ~~~~。

どんどん!いいアイデアを出してください!
本気でやることが大切です。
やる気のある方には、出来高制がプラスされます。

だれかが 本気でやれば できないことはない!って言っていたっけ。
撮影も暑いから、涼しい場所でなんて思うけど、
そこまで行くまでが暑くてとか言い訳ばかり。

同じ一生なら 一つぐらいは本気でやってみよう!!
2012-07-28 08:30 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2012年7月22日 (Sun)

当たり前ですが・・・・



新しく入った会員のSさんと作品展会場に到着。
会場で作品を鑑賞しているとMさんに名前を呼ばれた。
「作品の地名の指摘があったのですが、私の書き間違いですか・・・・」
自分では「宝台樹」と書いたつもりが「宝樹台」となっている。
申し訳なくて、ひたすら謝る。

あの時 何度も確認をしておけば!!
失敗は成功の元。
次回は気をつければいいのよ。
と自分に言い聞かせ家路へ。

ぼんやりと手持ちの本を読んでいる自分。

内容もアヤフヤのまま。

その1ページに自分を取り戻したのである。
以下、落合恵子さんの文面です。


噛みつき癖

 少々複雑な仕事を終えて、終わったっ!開放感を握りしめて
建物の外に出ると、向こうからワンコが。
 こんな気分のときに出会うにやつは、み~んな友だち。
飼い主さんと話をしながら、頭を撫でていたら、ガバッ。噛まれた。
「わっ、血が!」
飼い主さんの声に、ひりつく唇のあたりに手をあてると、かなり
盛大に出血している。
「出血しやすい場所なんだ。唇は。だいじょうぶ。だいじょうぶ。」
こんなときどうしてなのだろう、噛まれた本人は落ち着いて説明
したりしている。右の上部も痛い。Oh,立派な歯形が!
 飼い主さんはおろおろ。そのおろおろに私が耐えられなくなって、
再び、
「だいじょうぶ。だいじょうぶ。」
 予防注射をしていることだけ確かめて、マスクをしてタクシーに。
傷口から雑菌が入ることは避けたい。
 どこかに病院はないか?
あった!最初に目ついた駅前の病院に飛び込んだ。
動物病院である。
 動物病院は動物に噛まれた動物の手当てはできるが、人の手当は
できない。白衣をはおった男性にクールな説明を受けた。

ほら!落合恵子さんだって ミスることあるのよね。
いいじゃない!人間なんだもんなんて。

人生なんて所詮間違いだらけ。
そもそも私が生まれてきたことが間違っていたりしてね。

そうそう 落合さんはその後ちゃんとした病院で手当を受けて
完治したそうです。(おしまい)

2012-07-22 09:22 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2012年7月15日 (Sun)

美の山公園



 ネットの方に教えて頂いて始めて行った秩父の美の山公園。
あの時が最高の花付きだったようで、昨年も今年もあの時を10とすれば、
2~3と言うところでしょうか。
今回は下見のつもりで来たのですが、今年は諦めましょう。

我が家から車で2時間。
駐車場に着くと、周りは霧に覆われている。
AM8時に霧と紫陽花の写真が撮れるとは!と心が浮き立つ。
がしかし、そうは甘くない!のが現実。

今日はアップで撮ることにする。

家族連れの方が記念写真を撮っている。
「紫陽花がメインだからね!」
おじいちゃん御夫婦・息子御夫婦・そして娘さんであろうか?
並ぶと花は隠れてしまうと言いつつ、
シャッターが切れる。

おじいちゃんとおばあちゃんは、椅子に座って待っているから
若い人で見てきての声。

5分もすると雨音がして、
「傘持ってくるだったねぇ~~」とおばあちゃん。

私は傘は持っていても、面倒くさいと使うこともない。
大きな木の下で撮影していれば、何時しか雨もやんで・・・・・

来年は綺麗な紫陽花の花に期待しましょう。





2012-07-15 18:31 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2012年7月14日 (Sat)

話にならない話



 いやはや この暑さと異常な湿度で身体が思うように動いてくれません。
夕食後のニュースで、
ここの処、駅構内における暴力が増えていて、
例の一つに、
男性「俺は、どの電車に乗ればいいんだ?」
駅員 「お客さんは、どちらに行かれますか?」
男性 「そんなことも解らないのか!」と言っていきなり暴力をふるってきたとのこと。

お酒に酔った40代から50代の男性が最も多くて、
世代背景には、人生の中で甘い蜜を吸ったことがあることなどがあげられていた。

偉くなろうなどと大それた想いはない。
この先も持たないであろうが、
せめて人並みでいたいものですね。

ふとお寺さんの境内で眼にしたこんな言葉が頭に浮かんだ。
『切れてはいけない
丸くな~れ、丸くな~れ』

2012-07-14 08:32 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2012年7月13日 (Fri)

お先にどうぞ



 言えそうで言えない言葉の一つに
「お先にどうぞ」と言う言葉がある。

バタバタと慌しく過ぎ去っていく日々。
一休さんにように、
「一休み・一休み」ですよね。

早朝出勤が月曜日だけになったので、
久しぶりにブログを書き込んでいます。

ダスキンのタネまき新聞を読んで
自分もこのような人間でいたいなぁ~~と思います。


お先にどうぞ
    広島県福山市 寺島ユウ

ATMに並んでいた時のことです。
入り口から壁をつたって、足をひきずりながら入ってこられた
お年寄りがいました。
私は介護の仕事をしているので、
その男性が気になり、思い切って列を離れ、両手をにぎって
誘導してあげました。
 その後、またATMの列の最後尾に並ぼうとすると、
私を見ていたのか、並んでいる方々が、
「お先にどうぞ」と私に順番をゆずって下さり、優しいなぁと
びっくりしました。

2012-07-13 07:16 in カテゴリー1 | Comments (0) #