2011年7月31日 (Sun)

命までとられるわけじゃなし



 毎日バタバタと過ぎ去っていく。
昨日は月に一度の講評会。
7月の上旬に行われた作品展を観て、数人の方が入会されました。

そして来年の作品展に向けての創作にと休んでいる暇はないのですが、
仕事の合間の撮影もままならず、もろもろの雑用が迫ってくる。
迫られるのが雑用とは、なんとも情けない話である。
今朝は町内の公園掃除に始まって、その足で美容院へ。
たまった雑誌を公民館に持って行き、図書館へと急ぐ。

やっと一息つけると思い気や夕食の支度が待っている。
他人様には、忙しい内が華ですよ!!なんて元気つけのつもりで発していますがね。

そんな想いが通じたのでしょうか手にした一冊の本。
それは 鎌田實氏の『へこたれない』

生きにくい時代だ
明るい未来が見えてこない
霧の中に 行く道が隠れてしまっても
道は霧の中にあることは間違いない
道はみえないだけ
オタオタしないで
目をこらしていると
霧の中に行く道が見えてくる
世界の経済が行きづまっても
リーダーが頼りなくても
生きぬく方法はあるはず
おそれなくてもいい
どんなに厳しい時代が来ようとも
大丈夫

なんとかなる
悩みすぎないで 生きていこう
命までとられるわけじゃない
へこたれないで
欲ばらないで
とにかく生きてりゃいい

幸せに生きる方法はあるはず
今という困難な時代を生きぬく方法を見つけよう。
ピンチはチャンス
考え方をちょっと変えればいいのだ

2011-07-31 18:34 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2011年7月30日 (Sat)

今度とお化けは・・・・



 あっと言う間に7月も末ですね。
暑さ本番の8月が目の前です。
すでにへばり気味の身ですが、昨夜の金スマ(TBS)のマダムシンコ(川村信子)さんの番組に元気をもらいました。

貧乏な幼少期から、ひとつのアイディアで年商20億を稼ぐ。
どん底に落とされても、明るさ(笑顔)を忘れずに、絶対諦めない!!七転び八起きの強靭な意志の持ち主。

人生でも自然界でもいえることでしょうが、永遠に現状が続くってことは
有り得ないのですものね。

最近想うのですが、その人の人生ってすでに完成されているようにおもえるのです。
その道を進むのか足を止めるのか、それとも踏み外すのかは自分次第。

人生の中で、「今回はダメだったけど、今度ね・・・」なんて曖昧な今度より
ともかく前へ前へ・・・・と。

そうそう 「今度とお化けは出たことがないって謂いますからね」

2011-07-30 07:52 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2011年7月24日 (Sun)

言わぬが花



 レストランに入る。
今日はいやに空いているなぁ~~と思ったら、ピザと飲み物しかできないとのこと。

そして男性が入店してきた。
「スパゲティが食べたかったけど、まぁ~~いいかぁ~~」と席に着く。

そこで事件が始まった。
食器をかたづけに来た定員に向かって大声で怒鳴る。
「まだ口をもごもごしているのに、皿を持っていくなんて失礼じゃないか!!」
定員が謝るのも聴かずに、
「あぁ~~ここの方針がそうなんだから、それでもいいけどさ!」

これで収まったものかと思ったのだが、そそくさとレジへ向かうや、
又もや始まったのである。

「あのねぇ~~~人が未だ口をもぐもぐしているのに・・・・・・」
定年退職したかしないかの殿方が、まるで○○の腐ったかのように絶え間なく続く愚痴。

この人の手の平にも「忍」の字を書いてあげましょうかね。

ここにも「言わぬが花」が又一輪。

2011-07-24 08:20 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2011年7月23日 (Sat)

浄土の花



 下は泥沼だというのに、地上ではそれは見事な花を咲かせる古代蓮。
そういえば今年は何故か一回も撮影に出かけていない。

ある日のこと、沢山の観光客の方が集まって添乗員さんの説明を聞いていた。一人の男性が「この蓮の花が咲くときには、ポット音がするそうですね。是非冥土のみやげに聴きたいのですがね。」
さてどのような答えが返ってくるのでしょう?と楽しみにしていたら、
「それは嘘です。蓮が開くときには音などしません!」

心の中で大きな声で叫んでいた。

「そんなことはありませんよ。耳を澄ませば、きっと聴こえますよ」と。



2011-07-23 07:27 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2011年7月21日 (Thu)

すべり止め靴下



 昨夕は食後にホットコーヒーを飲むことに。
台風の影響で気温が急激に下がって、久しぶりに熟睡できた。
窓を開けていると肌寒いくらい。

こんな日がないと身体がもちませんよね。

先日何気なく買ったすべり止め付きの靴下。
花柄のその模様が数箇所ついて、よく子供の靴下にありましたっけ。

この前捻挫をした足にとって、以外や以外これが強い見方になってくれる。

これからは、これに限ると実感。

帰省の際、親にも届けよう!と思う。

これを考えたのも、やはり日本人かしら?!

好いなぁ~~~ほんの小さな思いやりですが、大きな人助けになっています。

写真も、そのような心を込めて撮らねばと思う。
2011-07-21 07:16 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2011年7月20日 (Wed)

非常識人



 世の中が乱れてくると、人の行動も乱れてくるのであろうか、
非常識人が多いなぁ~~~と思う。

昨日は早朝出勤したにも関わらず、遅く来た人が、私の車の後ろに駐車したという。他に止めるところがないわけでもないのに何故?と思ったが、この場はと思って怒りを抑えた。

昼食時、隣のお仲間が、この間借りたバンドエンドを返すという。
すっかり忘れたいたが、この気持がありがたい。
もちろん、断ったけれど。

さて、帰りの時間5時で終えて駐車場に向かうと未だ彼女は来ていない。
これじゃ~切り替えしも出来ない有様で、仕方なく車内で待つ。

どうやら 最後までやってきたらしく、到着したのが30分後。
「ごめん、ごめん」
心の中で、どうでもいいけど、早く出て!!と叫んでいた。

たまにはゆっくりと買い物が出来ると思っての早朝出勤も他人様の為につぶされてしまった。

あぁ~~なんとも非常識な。

2011-07-20 07:14 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2011年7月16日 (Sat)

はんぶんこ



 未だ7月も半ばだというのに、毎日残業続きでヘタバリそうな。
今日も出勤要請があったが、お休みの日ぐらいはと断った。

いざピンチというときになって、始めて日常の大切さを知る。
人間この人の為なら、身体を張ってまで守り抜くというその気迫が何よりも重視されるであろう。

しかし、国民のトップにたつ方が、自分が一番可愛らしい?? 

それでは、誰もついては来まい。

今月もダスキンさんのタネまき新聞が届きました。


☆一本のジュース
      山形県酒田市 斉藤亜矢子さん

 5歳の息子が、一本のジュースを握りしめて、
帰りの幼稚園バスから降りてきました。
「それどうしたの?」と聞くと、園庭で行わ
れた宝さがしのゲームの賞品だとのこと。
150mlの小さなオレンジジュースです。
「ほらほら、今のうちに飲んじゃいな!」
弟が、昼寝から起きないうちに・・・。そうしたら
「半分こして飲む。今日幼稚園で宝さがしゲ
ームして、僕が砂場で見つけたんだよ、って教
えるの」と嬉しそうに息子は言いました。
 ビックリしました。と同時に、とても嬉し
くなりました。それにしても、私は、
なんてことを言っちゃったんでしょう。お恥ずか
しいかぎりです。
2011-07-16 07:40 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2011年7月10日 (Sun)

藍より青し



 最近『青』に凝っている。
個性の強いこの色に何故にこんなに夢中になってしまったのであろうか。

小さな小物から始まって、写真にまで青の世界に魅せられてしまった。
もちろん今は写真集の中をさ迷っている最中ではありますが。

子供のころ、祖母の隣りで何気なく昼ドラマを観た。
それは『藍より青し』というタイトルの響きが気に入っていたので今でも覚えている。
主人公の未婚の女性が朝顔の種を蒔いているシーンから始まった。
そこに性格の悪い男性が近づいてくるのであるが、
彼女はその男性に対して、いつも精神誠意接する。

女性をだましては、何度も刑務所に入っているのにも関わらず、ある日その朝顔の種を彼にあげる。

子供のころ、その朝顔の青さを言っているものだと思ったのだが、
大人になってから荀子のいう思想家の言葉と知った。

青色の染料は草の藍からとるが、それはもとの藍草よりももっと青い。
弟子が師よりも優れていることのたとえとあります。

人間は教育して人間の悪い性質を変えなければならないという例えでもあるそうです。

やっとここであの言葉が朝顔をさしているのではないということに気がついたのであります。

そうですね!
この世には、心底悪い人なんていないのですから。

そんな優しい眼差しが今一番欲しい時代であるように思えます。
今後そんな青を課題にしてみようかな?!

2011-07-10 08:14 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2011年7月5日 (Tue)

親切とおせっかい



公共CMでお馴染みの『親切とおせっかい』の違い。
日常でもよく出会いますね。

先日紫陽花の撮影に出かけた折、
駐車場に設置された会場に立ち寄って数点の写真を眺めて、その土地のチラシやパンフレットを頂くことに。

ふと手にしたパンフレットから撮影地の素敵なところを見つけることなどもこれまた楽しいものである。

今回の催しの係りの方であろうか?
写真を観て、パンフを頂こうとすると、その横から(女性の方が)、
『撮影したら、是非応募してください。ここで撮ったものなら何でもいいんですよ。帰りに応募用紙を上げますから・・・・』と謂われて、

強制的な言いまわしにその場を去った。

もちろん帰りも立ち寄る気にはならずじまい。

何もかもが無人販売機などではわびしいが、時には言葉のない会話も大切なのではないでしょうか?!

2011-07-05 07:23 in カテゴリー1 | Comments (2) #

2011年7月4日 (Mon)

カルガモ一家?!



 主婦としては撮影三昧ともいかず、昨日は雑用におわれた。
まずはスーパーに買い出し。
入り口に入ろうとするや、首にカラフルなクールグッズを巻いた家族が登場。何処に行っても、このコーナーは人の山。

いくつも手に持っては眺めている奥さんに旦那さんが呆れて、
『早くしろよっ!迷っていないで全部買えば?!』なんて声も・・・・・。
実際私も買おうかと迷っていたのですが、
天邪鬼ですので、早々と『止めた!!』と。

だって車の中はクーラーでしょ!そしてスーパーの中も涼しいのです。
きっとこれ着けたら、着けないではいられなくなるでしょうし?!

暑いときは、多いに汗をかくのが一番。



2011-07-04 07:05 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2011年7月1日 (Fri)

朝顔の花



 今日から7月ですね!
あっという間に半年が過ぎてしまいました。
そろそろ田舎の庭では、こぼれ種の朝顔の花が咲きだすであろう。

朝のうちだけ咲いて、日が昇るころには萎んでしまうのだが、毎年帰省の際には元気をもらうのである。

朝顔は朝の光を受けて花を咲かせます。
もっと大きく美しい花を咲かせようと、蕾みに24時間光を当てても朝顔は開かなかったそうです。
朝顔が咲くには、朝の光と夜の闇が必要とのこと。

2011年後半は、時間に追われて過ごすことになりそうですが、
全てをこなそうと思わずに、下準備期間と割り切って過ごすことにしましょう。



2011-07-01 07:15 in カテゴリー1 | Comments (0) #