2010年11月28日 (Sun)

心使い



 公園で紅葉撮影をしていたら、
流暢な日本語で
「写真を一枚撮りたいので、少しの間バイクを置いて宜しいですか?」
と声をかけられた。
そうなんです!ここは駐輪場なのです。

「どうぞ!どうぞ!ここは駐輪場ですから、私の方こそ邪魔をしていて
申し訳ございません。」

「これで年賀状の出来上がりです!」と笑っていらした。

わずか数分でも、このように気を使うことが出来るって
素敵なことですよね。

どうやら こちらの言うことも全て理解しているようで、
思わず「日本語お上手ですね!!」と声をかけると、

「はい!20年前に日本に来て、息子は20歳になります。」とのこと。

日本人といえば、細かな心使いの出来る民族というイメージが
あったのですが、それを思いだした今日のひとこまでした。
2010-11-28 18:30 in カテゴリー1 | Comments (6) #

2010年11月27日 (Sat)

うぬぼれて



 以前に美輪明宏さんがおもしろいことをおっしゃった。
人間は誰にでも多かれ少なかれ悩みがあります。
美人な人だって、もしかしたら切れ痔で悩んでいるかも
しれないと。

やはり神様は平等なのでしょうか?
いや!そんなことはない!!と大声を張り上げる方もいれば、
その声もでないほどに悩んでいる方も。

テレビで「キセキ」という番組が始まりました。
最初は何気なく観ていたのですが、
明るい人生をおくる為の知恵がつまっています。

先日は芸能界で働く父親の娘さんが、学校でいじめにあって、
両親に心配をかけないように一人で悩みを抱えていたようです。

「貴女はもっと自分を信じなさい!自分を信じるって書いて自信って書くでしょう!!もっと自信を持って生きなさい」ってアドバイスがありました。

確かにいろんな重圧が重なると、自分がすごく惨めになって益々落ち込んで
しまうような気がします。
反面活き活きしている時って、
他人からみたら、かなりうぬぼれているように見えるかも?!

でも うぬぼれるぐらいで調度好いのかなぁ~~~なんて思うのだけど。
そしてもっと甘えなさいって言葉もあったっけ。

そうだよね。うぬぼれて、甘えて・・・・・
でも度を越すと嫌われ者にもなりかねないけどね。


2010-11-27 18:24 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年11月23日 (Tue)

勤労感謝の日ですが・・・



 祭日ですので、外は雨の音だけが聴こえてきます。
皆さん勤労感謝の日ですのでお休みなんですよね。
でも私は祭日は仕事です。
そして、新聞配達のバイクの音もいつもと変わり
ありません。

友人が言いました。
「ハローワークに行っても、若い人から採用されるので、
なかなか仕事が見つからないのよね!!」
そういえば、やすらぎセンターも定年退職者の方でいっぱいです。

話によれば、朝、開館時から夜まで一日そこで過ごしている方も
いらしゃるそうです。
食べ物の持ち込みは禁止ですが、お風呂に入って、少し身体を動かして、
マッサージ器も無料で使用できますので。

寿命が延びてありがたい世の中ですが、
元気なうちは何かしらの仕事を持っていないと悲しいですよね。
何かと大変な時代ではありますが、
仕事があるだけありがたいことですよね。

勤労感謝の日。
仕事が出来ることに感謝する日に変わってしまいそうですね?!
2010-11-23 07:12 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年11月14日 (Sun)

好いじゃない・・・・



 「愚痴を謂うと、その内容が我身に振り返ってくるから、
愚痴は謂わないことにしましょう。」
そんな文章で始まっていた。
中には紫のブレスレットが2本入っていて、
愚痴ってしまったときには、反対の腕にする。
数日すると習慣化されて素晴らしい人生が待っているとの
ことですが・・・・

でも、愚痴を謂わないのはともかくも、
相手の愚痴を聴かないなんて私には出来そうにないなぁ~~。

本を置いて、
「好いじゃない!このままで。
ドジで、わがままで、ムキになって怒るのも有りだよねぇ~~~」

いくつになっても子供のように、
無邪気で、夢中になって、夢を追いかけていたい。
愚痴だっていっぱい聴くよ!!!
だから 私の愚痴も聴いてほしい。

みんな誰だって、帝王ダリアで好いじゃない!!!



2010-11-14 18:02 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年11月11日 (Thu)

明日は明日の風が吹く



 供与所得者の扶養控除の用紙の記入の季節ですね。
つい明日に延ばしてしまう癖は毎年同じで、
そして毎回これではいけない!!と痛感しながら実行が
伴なわないの繰り返し。

配偶者の有無の欄があって、
私は勝手に
「私が配偶するのではないから無しに○をつけて、
指摘されたことがある。」

そして今日は
お仲間から、娘が書類を持ってきて、配偶者は無しに○を
つけたとのこと。

「えっ!だって配偶してもらっているのだから○じゃないの?」
とすったもんだの挙句。
配偶者を携帯の辞典で調べると、

「夫婦の間で、一方からみた他方」とあります。

あっはっ!!!
こんなことも知らなかったとは
お恥ずかしい(トホホ)

それにしても何故に配偶が、夫婦間だけなんでしょうね???

失態すれば一つ利口になるというのに、
失態の連続なのですから、
笑って誤魔化す以外には考えられませんね。

まぁ~~~悩んでいても仕方がないかぁ~~~なんてね。
そして 今日も暮れるのであります。

明日は明日の風が吹くのであります。(チョンチョン)
2010-11-11 23:35 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年11月9日 (Tue)

口は悪いが・・・



 昨夜の「家族に乾杯」(NHK)は大魔神こと佐々木氏が
ゲストで、小さな島の住民との心のふれ合いに
そういえば、ちょっと前までは、このようなふれ合いが
何処にでもあったのに。

「テレビなんか受け入れないよ!!!」と口では言っているが、
島のお年寄りがすぐに寄ってきて、
「家まで送ってくれ!」と返事を待たずに乗り込んでいるでは
ないか。

口は男言葉だが、色は白いし、なかなかの美人さん。
お化粧して、着物でも着れば、
「だんなさんでも、どちら様ですか?」なんてね。

大魔神様、やはり押しが強い!!!
押しかけてみれば、待ってました!といわんばかり、
家は綺麗に片付いて、アツアツの牡蠣、動く海栗と貝づくしの御もてなし。

そんなところで遊んでいないで、早く監督をやりなよ!!
若いときは佐々木さんの大ファンでさぁ~~~!

ご主人さま!パチンコで買った日には、
ピザを食べるのが楽しみなのだ!そうだ。

さすが大魔神出合った海苔の作業場へ
ピザの差し入れされて・・・・・・

今度は家族で、この島の思い出を創られるそうな。

口は悪いが、心はペッピンさん!!!

2010-11-09 07:28 in カテゴリー1 | Comments (2) #

2010年11月8日 (Mon)

ゆとり



ラジオから流れる今日の話題。
テーマは聞き取れないが、マカロニの中にパスタを
詰めて、パスタ一本に要するマカロニは何個です・・・・・

苦笑しながら、そういえば子供のころは、
時間ってたっびりあった。あきもしないで氷の造形を
何時間でも眺めていたり・・・・。
くだらない時間といえば、そうだけどあの時代が懐かしい。

今週の土曜日は、講評会だというのに、
カメラを持って出かける時間がとれなくて、
持っていく写真がない。

かき集めて持っていけば・・・と思うだろうが、
悲しいかなそれさえも底をついている。

まぁ~~~一回も休みことなく出かけたが、
今回はお休みしょう。

そして、来年はパーフェクトを目指して、新たに
努力せねばと誓う。
少しでもゆとりある生活が出来るようにするには???

あのゆとり教育も去って、今では又元に戻った。
小学生の教科書の大きさも変わって、ランドセル業界も
競争ですね。

それでも言いたい!!!
やはり「ゆとり」って大切ですよね。




2010-11-08 07:26 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年11月7日 (Sun)

流れるままに



 不況の今、早帰りの日々に加えて、
生産性、生産性と謂われて。

「毎日早帰りでは困りますので、何とかしてほしい」の
要望も、あえ無く却下されてしまうのが現状です。

確かに愚痴ばかり言っていても始まりません。
精神的にも良くはありませんよね。

本来ならば、意見を出し合って、
皆で助け合って成果をだすのが正しいのでしょうが、
現実はそんな甘いものではないようです。

川の流れのように、流るるままに身を任せて生きて
いきましょうか・・・・・

今日は公民まつりが開催されます。
私も名ばかりのパソコン会員ですので、
作品展示の為、昨日公民館へ行きました。

パネルには、ちぎりえや編み物や短歌などの
作品が並んでいます。

その中に「会員募集」の文字があります。

意見として、会員募集と入れるのはどうかしら?
と提案したら、
お仲間から
「こういう場所では、作品展を安っぽくみせるから」と
謂われてしまいました。
その方は、とても素晴らしい方ですので、
「そうねぇ!!パソコン倶楽部の作品はみんな素晴らしいもの
ばかりですものね!」と笑顔で認めました。

益々生き難い時代の到来です。

少しでも生きやすくする為にと無い知恵を絞って考えるのであります。

2010-11-07 08:31 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年11月6日 (Sat)

無償の愛



 「金曜日のキセキ」フジテレビ
夜8時から始まるテレビ番組である。
タイトルの響きにつられて、チャンネルを
そのままに・・・・・。

司会は船越英二さんで、
悩んでいる方に対して、「鑑定」と通して、
悩める人が笑顔を取り戻していく・・・・という
内容です。

孤立した現代社会で、悩みを聞いてくれる人も
少なくて、一人で抱えてしまう例も多いのでしょうね。
誰だって毎日笑顔で過ごしたいですものね!!!!!

そんな番組の中で、
両親がいつも喧嘩をしている中で、育った幼児は、
本当の家族のあり方を知らないまま大人になって、
そのあやまちを繰り返してしまう運命と言うくだりは
心が痛みました。

どんなときでも親だけは自分の見方であると
確信して大人になれたことに、
感謝ですよね。

4~5歳だったでしょうか、
一歳年下の男の子とふたりで、釜を手に持って遊んでいました。
田んぼには、たわわに稲が実っています。
一歩前を歩く男の子がその稲を刈りだしました。
それにつられて私も真似をして・・・・・・

その日の夜眼が覚めました。
囲炉裏の向こうで、両親の声がします。

父が母に
「今謝ってきたけれど、娘は悪くない。
きっと○○ちゃんが先に始めたのだろうから」と。

その後、両親はそのことについては触れませんでした。

それだけに、
「あれはお米の元だったのか!!
ならば怒るのは当たり前だ!だから幼子にはいいことと悪いことの
けじめは必ず諭させば!」と痛感したものです。




2010-11-06 07:41 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年11月5日 (Fri)

留守番とかぐら



 それはある日突然訪れた。
今では幼児を一人残してなんて有り得ないことかも
しれないけど、
私が子供のころって、それは当たり前のことだった。

今日は何をして遊ぼうかな?なんて思っていたら、
外から賑やかな音が・・・・。
戸を開けるなり、デッカイ物体が暴れだし、
「お嬢さん!いらっしゃい!」と手招きをするではないか。
恐いながら、それでも行かないわけには行かないと
進みでたら行き成り噛み付かれた。

それはそれは恐ろしくて泣き出した。

いつの間にかその物体は消えた。

そのことは両親には内緒で通した。

後で解ったことは、

それは「かぐら」であったのだ。

無病息災を祈って
噛み付いてくれたのだ。

そうか!
お陰様で健康だけが取柄の私。
体にメスの後がないのも、このときの御利益であろうか。

今後も見守ってくださいね。

2010-11-05 07:24 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年11月4日 (Thu)

娘と座薬



 仕事で座薬や浣腸を手にします。
何故か浣腸が沢山でます。
仲間が、お年寄の中には自分の力で排出できない方が
多いからじゃないかしらって?!

なるほど、確かにそうかもしれませんね。

 以前、幼児の娘が突然熱をだした。
かかり付けのお医者さんは、もうやっていないし、
どうしょう?と思っていたら、
近所の方が、
「家に座薬があるからあげるよ!」と言ってくださる。

いやいや座薬など使ったことがなくて、
長女は我慢強く、注射でも泣かないのに、
座薬は嫌がるではないか?!

何故に???

そして、数日後気がつきました。

説明書を観れば、私は逆に差し込んでいたのであります。

あぁ~~!娘よ!許せ。

2010-11-04 07:33 in カテゴリー1 | Comments (124) #

2010年11月3日 (Wed)

いつだって一生懸命に



 以前にふれた木村拓哉さんも使用のリストバンド。
半分は頑張らねば!と半分はこの値段だから
ダメ元でもと買ったですが、
以外や以外でした。

確かに仕事の能率がかなり上がったのです。
気分的なものも多いに有るとは思うのですが、
上々の結果にニンマリ。
昨夜はちょっとお酒で自分に乾杯でした。
(つい休刊日なく飲んでいたので、体のことを考えて
春から飲んでいませんでしたので。)

子供ではないのだから、自分の体調管理は自分でと
決心したのですが、
飲まければ飲まないでいられるものですね。

ちょっと浮き立った気分を自嘲するかのように、
昨日頂いたダスキンさんの新聞にこんな詩がありました。


    
    
  相手をきらうな
 
相手がきらっても、
こちらが相手をきらってはならない。
イヤな事を言うヤツだ、と思った時は、
自分の負けである。
ほめられて、いい気になってはならないし、
けなされても、しょげてはならない。
人生にはいろんなことがあるのだ。
その時、その時、なやむのも喜ぶのも、
この自分なのだ。ひとさまではないのだ。
自分としては、やるだけのことをやって、
気にしないことだ。
  
 鈴木清一氏より
2010-11-03 07:20 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年11月2日 (Tue)

火曜日の楽しみ



 今朝は素晴らしい秋晴れです。
こんな日は好いことが起こりそう・・・・!!!

そして午後9時になれば、
「フリーター、家を買う。」(フジテレビ(8))が
あります。

主人公扮する二宮和也さんは以前からファンでは
ありましたが、特に観る気もなかった。
職場の仲間が、
「まったく家の子にそっくり!!、部屋の中も
あの調子で汚くて・・・・でもお母さんは鬱にはならない
だろうなぁ~~~なんて、まったく頭にくるぅ~~~」

男の子を持ったことがない私が謂うのもなんですが、
なんだかんだ謂っても、やはり可愛いのでは!と
思って聴いています。

それではとドラマを観てみると、なんだぁ~~~
母親想いの優しい息子じゃ~~ありませんか?!

確かに難しい世の中なんですよね。
さて今日の展開は????
ワクワク!!!!!!!!

2010-11-02 07:27 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年11月1日 (Mon)

一足早くに



 本屋さんも店頭には、来年の日記帳や手帳が並んでいます。
来年の手帳ではありますが、
確か今年の11月くらいから書き込みが出来たと思ったので
即購入。11月の今日から書き込んでいます。

何だか神聖な気分で、丁寧に書き込むって好いものですね。

ついでに買ってしまった「2011年版風水の幸せカレンダー」
によると、「三碧木星」のラッキーカラーはピンクとあります。

今年も残すところ2ヶ月となりましたね。
出来ることからかたずけて行かねば!!!!!!!

2010-11-01 07:16 in カテゴリー1 | Comments (0) #