2010年4月28日 (Wed)

うそぅ~~???



雇用保険・社会保険・介護保険が又値上がりしますとの
こと。
思わず「うそぅ~~!!」と心の声。
最近値上がりしたばかりなのに、
再度値上がりって、どうなっているの?????
こんな話って話題になっていましたっけ?!

そういえば、介護保険実施の時も、
凄く頑張って反対意見を出してくださった議員の方も
いらしたけど、あっという間に決まってしまった。

老後のわずかな年金の中から、又引かれて・・・・
何だか「いじめ」みたいな政治。
実地するなら、するで納得のできる決め細やかな
説明会などを行って、
誰でもが納得出来るような決行でなければ
いけないと思うのは私だけでしょうか?

今朝も冷たい雨の朝です。

2010-04-28 07:11 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年4月25日 (Sun)

一工夫



 昨日の講評会は、
梅や桜の花と共に、
「節分草」「雪割草」に「片栗」の花が多かった。
いつも午後だけの講評会しか行かれないのですが、
午前中も行われていて、こちらは沢山の作品を講評して
頂ける。

先輩に「午前中も未だ空きがあるので、いかがですか?」
とのお誘いがあったが、
今は仕事があるので、リタイアしたら参加したいと
考えていると返事をする。

先生の講評は
「この花は激戦区だから、もう一工夫しないと・・・・」
確かに誰でもシャッターを押しさえすれば、
撮れるものの、
好い写真となると厳しいですよね。

一工夫・・・・なら未だいいが、
私などは二工夫も十工夫も、
いやいや、もっと、もっとですね!!!!!
(写真と文章とは関係がございません)
2010-04-25 09:32 in カテゴリー1 | Comments (2) #

2010年4月21日 (Wed)



もうすぐ「母の日」ですね。
いくつも年を重ねて、それでも母は母なんですよね。

今月もダスキンさんから
「喜びのタネまき新聞」を頂きました。
その中に



     長野県木祖村 川上美枝子さん

 季節はずれのブドウをいただき、実家の母
を思いました。母は50年ブドウ作り一筋。我
慢強い人で、腰が曲がり、手の指が不自由にな
っても、80歳までただ黙々と働き続けました。
私も長男の家に嫁ぎ、畑仕事や子育てと母と
同じ道。たまにはゆっくりさせてあげたいと思
っても、なかなか出来ず、私はいつも悩みばかり
をお土産に、実家へ里帰りします。すると母は
「我慢しろよ。いつかいいことあるでなぁ」
「母ちゃんは我慢ばかりだったけど、いいこと
あったかい?」と聞くと「そうさなぁ、人様の
世話にならずにこれたで、それが良かったこと
かなぁ」と欲のない答え。「そうだね」とうなず
き、2人で笑いました。年を重ねて、母の言葉
の意味がわかる気がします。母は米寿をこえ、
私は3人の子供を育てて、今年は末の子も成
人しました。まぁまぁでしょうかね。

2010-04-21 23:09 in カテゴリー1 | Comments (2) #

2010年4月18日 (Sun)

あけびの花咲く頃に



 「山笑う」この時期になると、
何故かアケビの花が気になってくる。
まるでイヤリングにしたいような
可愛らしい造形美。

棚の下で蔓が上手い具合に丸く垂れて・・・・
しかしながら、今回は、
垂直なものばかり。

他にも数箇所この蔓を見かけたが、
金網やらで邪魔されて思うように撮れない・・・・。
アケビの花と一言で言っても、
花色は数種類ある。

でも子供の頃から馴染みなのは、
このワインカラーの花。
山を歩いて、食べるアケビの美味しかったこと。
しかしながら、大人になって
出されたアケビに
「種が口に残ってとても飲み込めなくて、
うそぅ~~!!!これがあのアケビって感じ???」

祖母がよく
「すきっ腹にまずいものなし!!」って謂っていたけど、
ひたすらに野山を駆け回っては、
自然のご馳走を頂いて、大満足の日々。
親は、子供のおもやげにと沢山の山の幸を持って帰る。

貧しいけれど、楽しい我が家というところでしょうか。

2010-04-18 08:23 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年4月17日 (Sat)

終雪



今朝窓を開けてビックリ!!
近くの畑が真っ白になっている。
眼覚めたばかりなので、
事態を把握出来ずに瞬きをしてみるが、
やはり雪。

寒暖の差が激しいが、それにしても4月17日なのに。
気象庁では関東地方で4月の雪は41年ぶりで、
終雪の記録の1位とか。

先日スタンドに寄った際に、
受付のお兄さんが、
「さっきもテレビで、寒暖の差が激しいと病気の原因に
なるらしいですよ!」
私「そうですよね。風邪を引きやすいでしょうね」
「風邪だけではなくて、様々な病気の原因にもなると」
私「そういえば季節の変わり目に注意なんて
謂うよね」
「お互いに気をつけましょう」
私「○○さんは未だお若いから大丈夫でしょう」
「いやっ!年齢には関係ないみたいですよ」
私「そうなんだぁ~~」

今朝燃えないゴミを出しにステーションへ。
いきなり救急車と消防自動車のサイレンの音。
しかもその場に停車。
道を挟んだお宅らしい。
話によると、
心臓が原因の場合は、
レスキュー隊でないと処置できない決まりが
あるらしい。

世の中知らないことばかり。
ひとつ解ったことは、
待っているときのあの時間の永いこと。
ましてや当事者ともなればなお更であろう。

待つでもなく降った雪を
激しく雨が消してゆく。



2010-04-17 07:53 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年4月15日 (Thu)

思川桜



 いつもなら桜の花の咲く時期には、
桜の撮影にあちらこちらと出かけていたのですが、
今年は休日には、野暮用に追われて、
そういえば桜の花撮ってないわぁ~~~と、思い立って、
仕事帰りに近場の公園へ。

今回始めて知ったことですが、
庶民の公園と言えども、夕方5時くらいで、
閉鎖してしまう場所が多い。
短い時間の中で偶然にも巡り会えた花があった。

その花は「思川桜」

以下説明文を抜粋させて頂きます。

1954年(昭和29年)に栃木県小山市東島田の思川のほとりにある小山修道院の庭で、
春秋二季咲く「十月桜」の種子を東大理学部付属植物園元主任の故久保田秀夫先生が採取し、
種を蒔いて育てたところ花の様子が違っており、色が濃く花は小ぶりの突然変異でした。
 この新種の桜に、修道院のそばを流れるきれいな川のイメージにぴったりとの事から「思川桜」
と命名し、学会に発表された小山市原産の名桜です。
花弁は10片ほどの半八重咲きで、春にだけ花を咲かせます。
(親木の十月桜は春秋咲きますが思川桜は春だけしか咲きません)
開花は染井吉野と八重桜の中間の時期に淡い紅色の可憐な花が咲きその枝ぶりもやわやわと
優しい所が魅力です。
 昭和29年は、小山市が誕生した年でもあり、思川桜は小山市の発展とともに成長してきた桜と言えます。
 昭和53年に市の花として指定され、市民の皆さんにも大変可愛がられています。

小山市はここから以外と近くて、
何気なく眺めた思川の名前と結城紬に引かれるものがあって。
その名前のつく桜が偶然にも一本満開。

しかし午後5時
蛍の光のメロディが流れて・・・・
後一枚、もう一枚・・・・
うぅ~~~思うように撮れない。
又いつか、ゆっくり撮ってみたいなぁ~~~~!!!!!
2010-04-15 22:55 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2010年4月12日 (Mon)

花は咲かねど



 この週末、友人に誘われて、一泊で三春の滝桜と
馬場の湯へ行ってきました。
旅たちの朝、地元の桜は満開状態。
ガイドさんのお話では、
目的の滝桜は、いくらか色ついたものの、蕾み状態らしい。
弟の話では
「ねえちゃん!桜は未だ!今は梅が満開だよと!!」
三春の名の通り、梅も桃も桜も一緒に咲くので、
3つの春と謂うとか。

何処も山の幸、海の幸と美味しい。
朝6時の滝桜は、案の定咲くこともなくて・・・・
それでも駐車場にはカメラマンの姿がチラホラと。
始めて観る滝桜は、
確かに風格があって、
「花神」そのものである。
風雪に耐えて、幾百、千年・・・・・

数年前は、建造物もなかったと言う。
今では、屋根や電線がいくつもあって、
オマケに満開ともなれば、
人、ひとであろう。

花は咲かねど、三春の滝桜に出会えたことに
感謝して、数枚カメラに収めただけで現地を後に。

2010-04-12 07:14 in カテゴリー1 | Comments (2) #

2010年4月7日 (Wed)

やっと春がっ!



 今朝は朝から、ちょっと汗ばむような陽気で、
やっと春が来たぁ~~~~という想い。

この分だと桜も一気に満開になることでしょう!!

土手の菜の花もピークを迎えています。

いよいよ今週末、旅行が待っています。

始めて会う三春の滝桜ですが、
さて花の開花が心配になりますが。
2010-04-07 07:15 in カテゴリー1 | Comments (2) #

2010年4月5日 (Mon)

ルノアール展



 前回のときは、次女が風邪の為に中止となった
ルノアール展だった。
最終日最後の週末とあって、凄い人出である。
何処も人、ひと、ヒト。
混み合ったところの苦手な私は、
人のいないところを探して、そこだけじっくり鑑賞。
早々と退場して、テラスで娘たちを待つことにする。

窓ガラスからは、満開の桜の花が咲いて、
道行く人の心にも花を咲かす。
やはり言い出しっぺの次女が最後に出てきて、
「良かった!やはり本物を観るのって最高!!!」
と興奮している。

その後食事をして、
花畑牧場カフェで軽食。

道端には、もうシャガの花も咲いて。
未だ未だ寒い日が続きそうですが、
春は確実に来ているのですね。

2010-04-05 07:17 in カテゴリー1 | Comments (0) #