2009年11月26日 (Thu)

生ける限り



 日々慌しく過ぎて行って、
このブログもご無沙汰をしてしまいまして
眼をとめてくださる方、申し訳ございませんです。
 
安岡正篤氏の『一日一言』の中に
海老という題のこんな言葉がございます。

海老は永遠の若さを象徴しているというので、
めでたいものとされる。
というのは、あれは生ける限り何時までも殻を脱ぎ、
固まらない。
ことに万物がぼつぼつ固くなる秋に、彼は殻を脱する。
生ける限りよく殻を脱いで固まらぬ、いつまでも若さを
失わない、よく変化しているという意味で、海老はめでたい。
 自己の殻、学問の殻、仕事の殻、会社に入れば、会社の殻、
役所に入れば役人の殻から、なかなか脱げられぬものであります。
これが脱けきらぬと、人間が固まってしまう。

お役人といえば、
社会保険庁の年金の管理の杜撰さにおののいてしまう。
旧姓で納めてあるお金などは殆ど何処かへ飛んでしまっています。

払い戻しのお金が入金されるのは何と2ヶ月余りかかりました。
スピードの時代と言われている中で、
なんともおかしな話ではございますが、
それでも今ここに来て、
こうして動きがあるのは有りがたいことと受け止めましょうか。

嘆いてばかりでは始まりませんので、
お互いに歩みよって、自分で出来ることから始めて行こうと
思う今日この頃でございます。


2009-11-26 07:32 in カテゴリー1 | Comments (2) #

2009年11月15日 (Sun)

うまい話



 昨夕新聞の中にこんな記事を見つけた。
HPの余白に広告を載せるだけで収入にと
言われて、HPを依頼する、
その費用と合わせて数十万円を支払ったにも関わらず、
一銭の収入もなくて・・・・

最近このような苦情が多発しているとのこと。
よく考えれば、そんな甘い話はないのですが、
ついつい誘惑に負けて・・・なんでしょうか。

そういえば昨日のネットニュースでも、
高額のみかんの押し売りが多いそうです。
これだけスーパーが多い現状でも
一人住まいの方や年配の方をターゲットに
そのような悪質な商売が蔓延ってしまう
世の中ってやるせないですね。

私も含めて、甘い話にはご用心せねば!!
ですね。

母がボソッとつぶやく。
子供の頃、
夢がないなぁ~~~なんて思ったけれど、

『人の一生は重荷を負いて遠き道を行くが如し』ですね。

2009-11-15 07:54 in カテゴリー1 | Comments (2) #

2009年11月7日 (Sat)

電動歯ブラシ



 ただ今定期的に通っているのが歯医者さん。
通常は仕事なので土・日通院可能な歯科と思っていたら、
ナント!土・日・祭日OKの看板を発見。

最初は詰め物が取れてしまったので、それを治して
数回で終了の予定だったが、
この際徹底的にと変更。歯周治療も兼ねて、しばらくは
通院が続きそうな・・・・。

カップル二人の会話
『注射したけど蚊に刺されたくらいの痛さだった。』
『ふ~~ん、と言うことは上手なんだぁ~~。』
『これからいろいろと相談しながら進めて行きましょう。だって』
『○○ちゃん。あの時の交通事故で歯が無くなったこと言ったぁ~。』
『未だ言ってないけど・・・』
『きっとインプラントとかにするんじゃ~~ない?!』
『それっていくら位するのかなぁ~~』
『多分○十万とかじゃ~~ないの。どうする?』
『歯は大事だから仕方ないよねぇ。』

そんなこんなで、
生まれて初めて子癇ブラシとやら使用している。
最初は一番細い3Sサイズ使用。

治療中、電動歯ブラシの貸し出し!の案内が眼にとまる。
そういえば休日出勤の折、お礼に頂いた品物の中に
電動歯ブラシが入っていたことに気がついて
恐る恐る使ってみた。
最初はあの音が歯の治療中の様でちょっと違和感があったが、
なんと言っても隅々まで綺麗に磨けて、歯の周りがツルツルに!!

なるほど!せっかちな私でも
以外や時間をかけて丁寧に磨けるようになっているではないか!

カメラで言えば、レンズを換えることによって的確な効果が
得られたような、そんな感じかな。

一生お世話になる自分の歯ですものね。
もっとも大切にしなければ。
その為にも電動歯ブラシ!今後もお世話になります。
ヨロシク!!

2009-11-07 22:48 in カテゴリー1 | Comments (2) #

2009年11月4日 (Wed)

親身になって



 早ければ来年度から扶養控除が廃止されるようで、
103万円の限度が消え去ることによって、
「奥様どうぞいくらでも働いてください」となりますと
謂うが、
さてこの不況の現実です。
 その代わりに未来あるお子様たちには、どんどん支援致します。

しかしよ~~~く考えましょう。
確かに授業料無料化多いに助かりますが、
家に帰ってもお母さんは未だ仕事なんです。
はたして
お国に大変お世話になりましたので、
これからはお国の為に懸命に働らかせて頂きましょう!
とうまい具合に行くのでしょうか?!

簡単に103万とおっしゃいますが、
中々どうして主婦がこの金額を頂くのは厳しいものです。

増してや、職に就くことさえままならないご時勢ですから、
何事も最後は親身になって行っているか否か。

人として
一番有りがたく永遠に感謝されるような
そんな政策を願う一人です。

2009-11-04 22:51 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2009年11月1日 (Sun)

木枯らし舞う季節



 カレンダーの残すところ後2枚ですね。
そろそろ来年のことを言っても鬼に笑われることもないでしょう。

政権交代で、日々過ごし易くなるかと思い気や
やはり現実は厳しいなぁ~~と痛感させられます。

給料明細には10月度から保険料が値上がっています。
こうやって木綿で締め付けられるかのごとく
じわりじわりと過ごし難い日々になっていくのでしょうか。

木枯らし舞う季節ですが、
夢をなくしてはお終いです。

先日いつもお世話になっている会の先輩が
『2009美しい風景写真展100人展』に入選との便り。
今年の12月に開催される写真展には是非行って感動を
頂いてこよう。

いつの日にかその登竜門に一歩でも近づきたい。
それが夢。



2009-11-01 07:26 in カテゴリー1 | Comments (2) #