2018年8月16日 (Thu)



産経新聞『朝の詩』より抜粋


 千葉県南房総市
   保田洋子さん 73

私が子供の頃は
麦畑が広がっていた
麦笛をならした
麦の穂はまっすぐで
黄色で鈍く凛として
素朴でおおらかで
屈託のない姿を
見せていた
踏まれて耐えた
麦の性質がある
麦は希少だ
麦の努力に報いたい
麦の良さを見直したい
2018-08-16 20:18 in カテゴリー1 | Comments (2) #

2018年8月6日 (Mon)

ルーズな人



 会社のお昼休みに、「彼女に100円貸したけど、
未だ返してくれないの」と言う。
お互いに顔を合わせれば、気がつきそうな
ものだが、そんな素振りはなくて、
おそらく忘れているのであろう。
 確かにたかが100円だが、
信頼という大きな財産を無くすことにもなるのだ。

そんな人に限って、遅刻はするわ、休みは多いわで!!
言うことは「宝くじを買ったが、当たらない!!」
「そのお金を貯金したら」言えば、
「夢を買っているのだから」とのたまう。

いくら頑張って、残業しても、次の日はくたびれてか、
休みではねぇ~~。

ひと様のことをとやかく言っても仕方ないけれど、
せめて借りたお金は速やかに返すべきでは!!

2018-08-06 21:03 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2018年8月5日 (Sun)

みんなって何人?!



 娘が高校生のとき、
「お母さん、クラスのみんなが電気辞書を
持っているの!ねぇ~買ってももいい」と
言われ、
ちょっといたずら心で、
「へぇ~~みんなって何人なの??」って
聞いたら、
ダメなのかと思ったのか、
クラスの名前を連呼しだした。
心の中で笑いながら、
勉強に必要なものなら買ってもいいよと言うと、
飛び上がって喜んでいた。

現在は、何でも簡単にものが、手に入る時代。
本当に必要なものか、どうか見極める眼を
もちたいですね。
あの人が持っていても、
自分に必要とは限らないですものね。



2018-08-05 09:13 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2018年8月4日 (Sat)

よりよく生きる



 今月もダスキンさんの『喜びのタネまき新聞』が
届きました。

★★★
よりよく生きる

よりよく生きる、ということは、
よりよく愛することです。

人を愛することは、
自分がしあわせになること。
愛情ある人は、
相手のためにつくせる人のことです。
相手を知る努力と、知ってもらう努力を。

今日も何か、人のためにしたか。

鈴木清一氏

2018-08-04 21:24 in カテゴリー1 | Comments (0) #

2018年7月23日 (Mon)

瓢箪から駒



 先日のこと、仕事のお仲間が
来ない。
実はその人の当番の仕事があって、次は私の番。
お昼ちょっと前に連絡が入り、
体調が悪くて、いつ出社できるかわからないとのこと。
結局は私がやるはめになり、
本来なら終わっている時間帯に、
バタバタとやり始める。
それを見て、
「へぇ~今から~~~」って笑られて、
思わず切れた。
「一体全体責任感ってものがあるのか!!
他人の迷惑も考えないで・・・」

久しぶりに私の発作が起こる。

お昼過ぎになって、当の本人現れる。
さすが真っ青な顔に素顔。
明らかに体調が悪いのは明白。
聞くところに寄れば、冷たい飲み物ばかりで
お腹を壊したらしい。
分ればいいって感じで一件落着かと思い気や、

側で聞いていた社員が、
何だろう?急に模範生になったのにはビックリ!!
これぞ、瓢箪から駒ですよね。

2018-07-23 21:32 in カテゴリー1 | Comments (0) #

Page 6/219: « 2 3 4 5 6 7 8 9 10 »