2010 05月 12日

新林公園ーマルバウツギ、ヤマフジ


約1.5kの散策路を抜けると古民家の裏手に出ました。
古民家の山際には真っ白な花のマルバウツギが咲いていて、とてもきれいでした。
鎌倉でもいたるところで見ることができますが、まだほとんどが蕾の状態でしたので、思わず古民家をパスして花のほうへ一直線。

「マルバウツギ(丸葉空木)」  ユキノシタ科ウツギ属の落葉低木
花の中心にあるオレンジ色の輪のように見えるのは蜜腺でしょうか。
白い花弁と黄色の花粉、オレンジの輪、とってもかわいらしい花です。
花だけでなく、葉っぱの秋の紅葉も楽しみのひとつです。


湿生植物池のアヤメを眺めながら奥にある川名大池へ行き、
カワセミなどを観察するための覗き窓から池を見ると、
たくさんのヤマフジが下がっていて見事でした。
ヤマフジと藤の見分け方は、蔓の巻き方だそうですが、右巻き・左巻きをどう定義するかで違ってしまうそうですので…
川名大池のは蔓を見ることはできませんでしたので、どちら巻きだったかはお預け、、、です。
                   (撮影日:2010.05.08)
              

エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除