2011 07月 30日

大船フラワーセンター(ハマカンゾウ、パイナップル・リリー、インドハマユウ)


 「ハマカンゾウ(浜萱草)」 ユリ科ワスレグサ属
先日ご紹介した「ユウスゲ」と同じ仲間です。
他にはヤブカンゾウ、ノカンゾウなど聞き覚えのあるものがありますが、道端などで咲いていると私には区別がなかなかつきません。
これは名札が立っていましたので、ハマカンゾウで大丈夫です(笑)
暖地の海岸近くの岩上や草地に生える多年草です。
葉は長さ60~70㌢で、冬も枯れずに残ります。
花茎は高さ70~90㌢になり、橙赤色の花を3~6個つけます。



「ユーコミス・コモサ」 ユリ科 
南アフリカ原産で、フラワーセンターでは種子から育成をしたそうです。
小さな花が花茎に沿って穂状にたくさん付き、その頂点に小さな葉がたくさん付く姿がパイナップルに似ていることろから、パイナップルリリーの別名で呼ばれることも多いそうです。
もみじ山から売店へ戻る途中の花壇に植えられていたのですが、雨のためか風のためか、花穂は通路に倒れた状態でした。
全体を撮影してこなかったので、パイナップル・リリーの名の由来の姿を見ていただけなくて残念! 


 「インドハマユウ(印度浜木綿)」 ヒガンバナ科
花だけを見るとテッポウユリに似ていますが、ヒガンバナ科です。
大巧寺や東慶寺では、花の色がピンク色の種類を見ることができます。




(撮影日:2011年7月17日)
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除